自選中短歌

f0100480_14504840.jpg


16:12

 雨である。


 爽やかな初夏の空を思い描いていたので、そのギャップで気が重い一日。昼近くに起きだして、点けっぱなしのテレビに目を遣ると、長野・新潟で地震のニュースが流れていた。お咲きさんはテレビをラジオのように聞きながら、隣の部屋のベッドで横になっている。

 「地震大きいらしいよ」と言う。

 切断された道路、倒壊した民家などが映し出される。小諸に住んでいる、ブログ仲間のたまちゃんが気にかかる。大丈夫ですかぁ?


 京極夏彦さんの「巷説百物語」と「続巷説百物語」の再読を終え、「後巷説百物語」にかかっている。何度読み直しても面白いし、新しい伏線の発見がある。うちの娘さんは、これを読んでいるのだろうか? 気掛かりである。未読なら、文庫版の方を買って送り付けようと思う。結構、思い込みの強い迷惑な親である。


 mixi のメッセージ機能を使って、大塚寅彦さんから「中部短歌会へようこそ」の返事があった。略歴などをメールで送ってくださいとあるが、困った。略歴なんておこがましい。アルコールで萎縮した脳のリハビリに始めて、続けようと思いだしたところである。略歴もへったくれも茄子のヘタもあったものではない。あることないことではなく、ささやかな短歌を始めるに至った思いだけを伝えよう。


 昨夜、お咲きさんに、送ろうと思っている短歌二十数首を見てもらった。流石に大学院で古典をやっていただけあって、朱が入る。「こんな言い回しはおかしい」「これこのままでいいの?」「この言葉こんな風に使う例があるの?」「まぁ、あんさんはこんなもんではないの」てな感想だった。とほほ。私の頭が単純であるから、もっと推敲するようにと暗に注意を受けた形である。でも、続けていることには感心していたようである。


自選中短歌・弐

胸に澱薬剤のごとつもりゆき暗きへ傾ぐ分銅天秤


ざわざわと同じ夢みるこの胸はなに飼ふ鳥籠開襟シャツ着る


がらくたの遺棄せし無念あらはにし遠くに聞こゆ太陽がいつぱい


ゆきやなぎ雪崩れてゆきて午後悲し露光オーバーの春を生きたり


主なき柱時計のぜんまいを逆さに巻けばぽつねんと部屋


立ち止まりオリオン仰げば三つ星の冬の切っ先喉元にあり


頑是なき我の上にも朝は降り寄る辺なき夜さよならをする


待ち合ひに命を拾ふぼろぼろの診察券の貼られていたり






只今のながらCD

THROUGH A BIG COUNTRY GREATEST HITS/BIG COUNTRY
[PR]
Commented by office-nekonote at 2007-07-16 22:09
パンタタさん、おきづかいありがとうございます。
こちらは震度3で小諸にしては大揺れでしたが、ライフラインが切れたとかいろいろな問題はなくほっとしています。
台風の後でこの地震では被災地はさぞ大変だと思います。
断酒会やAAの人たちは大丈夫でしょうか。
Commented by パンタタ at 2007-07-16 23:05 x
たまちゃんへ
震度3でしたか。すぐに地図をみて、少し離れているな、とは思っておりました。台風の後ですから、地盤が緩くなっているでしょうから、二次災害も心配です。断酒会、AAというか、依存症者の再飲酒は心配ですね。
Commented by くも at 2007-07-17 07:56 x
ゆきやなぎ雪崩れてゆきて午後悲し露光オーバーの春を生きたり

この歌、いいだきました。「・・ば」の歌が2首ありました。
「・・ば」が多いと目障りに感じます。使うなって先生もいるくらいですので。失礼!
Commented by パンタタ at 2007-07-17 22:07 x
くもさんへ
いただきました、ってどこへ持って行ってしまうんですかぁ? ふふ。
「〜ば」はそうなんですか。気を付けようと思いますが、あんまり、私自身が引っ掛からないから、無理かもですね。
Commented by くも at 2007-07-19 00:09 x
歌会では、いい歌を選ぶときには、「いただきました」とよく言います。ま、常套句ということで。
Commented by パンタタ at 2007-07-19 01:17 x
くもさんへ
そうなんですか。φ(・・)メモメモ......
by alglider | 2007-07-16 14:50 | 短歌 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧