感傷雑記 + 短歌

f0100480_13554867.jpg


22:48

 明日は曇りながらも、雨は降らないみたいだから、大洗濯を敢行した。


 グレーが好きだから、濃淡さまざまのグレーのT シャツ、ポロシャツがベランダに並ぶ。他の色がいっさいない干された布切れたちが初夏の曇天に馴染んでいる。グレーの風にわずかに揺れる。


 さっきまでファンでもなんでもないサッカーを見ていた。アジアカップ。日本は去年、一昨年と優勝しているらしい。延長でも決着がつかずPK 戦でオーストラリアを制したのだけれども、オシム監督という人はPK 戦を見ない人らしい。ロッカールームに引っ込んでしまった。知らないけれど、多分、そういうのって賛否両論があるんだろうなぁ。私は、そういう感じ方の監督もいるのだ、と妙に感心してしまった。


 サッカーを見ていたら、靴が気になった。そして、私は、一度も娘さんが小学生や中学生の時に靴を洗ってやったことがないなぁ、と悲しくなった。かっかっと涙が流れるのだった。多分に感傷にしか過ぎないのだけれども、自分にはそういうところがあって、娘さんの幼いころの笑顔をなんかを思い出すと、かっかっと泣きたくなることがある。楽しかった過去を思い出すと、それが死んでいったもののように悲しくなる。かっかっと私は泣くのだった。




短歌推敲中

生ごみは明日のあした青くさき明日はけふをふくろにつめて


なまごみはあしたのあしたあおくさきあしたはきょうをふくろにつめて







只今のながらCD

GUNG HO/PATTI SMITH
[PR]
Commented by d_snow at 2007-07-22 01:11 x
父であるパンタタさんが娘さんを想うように、
娘である私も父との関係性を想って感傷的になる時があります。
泣くことはないけれど、それはやっぱりちょっと苦しいです。
Commented by noelu-2008 at 2007-07-22 15:06
かっかと泣く。悲しさが堰を切るようなせつなさを感じます。
私も自分の死んでしまった父を思うと、何かがこみあげてきます。
子ども達は今まさに子育て真っ最中で、かっかと腹が立つことの方が多いという情緒の無い生活をしています。
Commented by パンタタ at 2007-07-22 17:20 x
d_snowさんへ
娘と父って関係が難しいんでしょうね。でも、私は娘でよかったと思っているんです。息子だったら、多分、よう親やってなかったような気がします。子供の発揮する男性(おとこせい)というものが許容できないという気がします。
Commented by パンタタ at 2007-07-22 17:22 x
ノエルさんへ
感傷的になるのは、病気じゃないでしょうかね、と思うときがあります。楽しい旅行の思い出なども悲しく感じてしまいます。届きませんからね。お咲きさんは「変な人」って言っています。
by alglider | 2007-07-21 13:55 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧