「ほっ」と。キャンペーン

緑雑記 + 短歌

f0100480_20262475.jpg


23:45

 ほんまに暑おます。


 と書いてなんですが、朝の小道には、クマゼミの声の中にニイニイゼミやツクツクホウシの声も交じってくるようになってきています。季節は動いていますね。残暑ももう少し。


 去年の夏、紫のTシャツをよく見かけました。まぁ、流行っていたんでしょうね。紫は奥の深い難しい色だから、安っぽい色褪せたTシャツには似合わずに、見るたびに何だかなぁ、って思っていました。で、今年は緑のTシャツがどうも流行っているみたいで、これまた、去年の紫のようによく見かけます。


 私は、自然の木々の緑の色は好きなのですが、印刷されたものや絵の具、化学染料の緑が、嫌いなんです。どうも、ぬめっとした感じや妙な厚みを感じて好きになれません。文庫の帯によく緑が使われていますが、すぐに取り外してしまいます。喫茶店なんかに入って、緑のタイルなどが飾られていると、どうも落ち着かなくて出てしまいます。自然の中で緑という色が存在するのは地球だけかも知れません。これほど自然と人工の色の質感の差が出てしまう色は他にはないと思います。


 猛暑が続く、炎天の街中で緑のTシャツを見かけると、ホントに疲れがどっと出てしまって、何だか遣る瀬なくって。紫は難しく、緑は遣る瀬ない。落ち着かない色の流行が続きます。





王様は裸だと言ひへず諦念の白木の箱の石の軽さは




おうさまははだかだといいえずていねんのしらきのはこのいしのかるさは








只今のながらCD

BEAUTY & CRIME/SUZANNE VEGA
[PR]
Commented by 高人 at 2007-08-18 11:21 x
確かに、のっぺりした安っぽい緑色の服を見ると、何だかアマガエルのようで生理的違和感を持ってしまいます。

ただ、車などで深い緑色の塗装、ブリティッシュグリーンというのでしょうか、あの深みのある緑色は好きなのです。
赤といい緑といい、英国人の色彩感覚は他国人には真似が出来ない独特の感性が働いている模様です。
Commented by alglider at 2007-08-18 19:34
高人さんへ
新しいパソコンでレスしています。緑のパソコンは気味悪いので、黒の艶消しにしました。まだ使い慣れないので変です。イギリスの色って深みのある色が多いですね。ユニオンジャックも何だか深い色ですもんね。
パンタタ
Commented by テキーラ at 2007-08-20 21:39 x
王様は裸だと言ひへず諦念の白木の箱の石の軽さは

これいいですね。直感ですけど。
下の句はどんな意味なんだろう。白木の箱の石って?
Commented by alglider at 2007-08-20 22:05
テキーラさんへ
「白木の箱」は、それテキーラさんの日記にも書き込みした、遺骨を入れる箱ですよ。遺骨と石の話です。「諦念」は、テキーラさんが即反応した、とても思い遣りのある言葉だったんです。印象にものすごく残り、いただきました。
パンタタ
Commented by テキーラ at 2007-08-23 15:08 x
このくだりですね。

そんな話があったんですか?遺骨は無かったんですね。
そいつは箱詰めの諦観ですね。
おばあさんは開けた事を後悔したのでしょうね。

書いた自分のほうが忘れてました。すいません。
Commented by パンタタ at 2007-08-23 22:10 x
テキーラさんへ
そうそう、そのくだり。
>開けた事を後悔したのでしょうね。

この言葉も忘れられないなぁ。あんたエライよ。
Commented by テキーラ at 2007-08-24 10:20 x
なんか、むず痒いですよ。へへ。
Commented by alglider at 2007-08-24 22:30
テキーラさんへ
痒くないですよ。
パンタタ
by alglider | 2007-08-16 20:26 | 短歌 | Comments(8)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧