ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

プチ散財雑記

f0100480_21193472.jpg


23:29

 明日は休み、ちょっとゆっくりできる。


 文章を更新する前にコメントの書き込みがいっぱいあって、今日の写真は「月の砂漠」になってしまった。本当は、昨日書いていたサンタナの「キャラバン・サライ」のジャケットの一部拡大です。歪んだ太陽もいいですね。音楽もテキーラさんが書いていたように名盤です。秋の虫の音で始まるんですよ♪ でもこれで一応第一期サンタナは解散。ニール・ショーンとグレッグ・ローリーは後にジャーニーを結成することになります。まっいいかそんなこと。


 今日はお給金が入った。それを狙っていたかのように、タワレコでダブルポイントセールが始まった。で、撃沈、陥落。サンタナの「キャラバン・サライ」とおおたか静流さんの「ツイン・パーフェクト・コレクション」を購入。サンタナは実家のレコード棚に眠っている、と思う。おおたか静流さんは一枚お気に入りがあったのですが、娘さんが東京の大学へ行くときに持って行ってしまった。まぁ、ええよ、と言ったのでしたが……で、2枚組なつメロベストを買い戻し。おおたか静流さんには「ブガワンソロ」「林檎の木の下で」「夜来香」「蘇州夜曲」「みんな夢の中」「夏の日の思い出」「ゴンドラの唄」「アカシアの雨がやむとき」などなど好きな昭和歌謡、ラジオ歌謡がいっぱいなのです。


 日曜は短歌作りの日にしましょ。締切がせまってくる。





只今のながらCD

ツイン・パーフェクト・コレクション/おおたか静流
[PR]
Commented by ヨーコ at 2007-08-24 22:06 x
当たり前ですが、懐かしの『月の砂漠』を想い出しました・・・
幼いときから、何故か意味も解らずに好きな曲でした。
哀愁のある哀しいメロディーが流れて。。なんだか泣きたくなってくる旋律ですね・・・

>1 月の砂漠を はるばると
  旅のらくだが 行きました
  金と銀との くら置いて
  二つならんで 行きました


2 金のくらには 銀のかめ
  銀のくらには 金のかめ
  二つのかめは それぞれに
  ひもで結んで ありました


3 先のくらには 王子さま
  あとのくらには お姫さま
  乗った二人は おそろいの 
  白い上着を 着てました


4 ひろい砂漠を ひとすじに
  二人はどこへ いくのでしょう
  おぼろにけぶる 月の夜を
  対のらくだで とぼとぼと
  砂丘を越えて 行きました
  だまって越えて 行きました


Commented by at 2007-08-24 22:50 x
私も「月の沙漠」を・・・

4番の歌詞、知りませんでした。ヨーコさま、ありがとう。
Commented by alglider at 2007-08-24 22:50
ヨーコさんへ
お元気? 唱歌には良いのがいっぱいありますね。年をとったせいかも知れませんが、最近、よく口ずさみます、昔の学校唱歌。はは。さびしい歌が多いけれどね。
パンタタ
Commented by alglider at 2007-08-24 22:54
文さんへ
4番、歌詞が2行多いですよね。メロディどうなっているんやろ?
唱歌のCD買おうかな......ただ今、ゴンドラの唄が部屋に流れておりまするるる.........が。
パンタタ
Commented by machi at 2007-08-24 22:57 x
これを歌うと何故か涙が出てきます。
Commented by alglider at 2007-08-24 23:03
machiさんへ
泣く泣く、泣きますね。ただ今「みんな夢の中」高田恭子さんのカバーが流れています。
パンタタ
Commented by ヨーコ at 2007-08-25 00:00 x
ああ、確か・・・・・・???
  
   >おぼろにけぶる 月の夜を(夜を~が、上がって。。)
    対のらくだで とぼとぼと(とぼとぼと~が、下がって。。)
と、同じメロディーで
  >砂丘を越えて 行きました(上がって)
   だまって越えて 行きました (下がって)
だったような。。気がいたしますが、ががが、、、間違っていたら、ゴメンナサイですm(__)m

Commented by machi at 2007-08-25 00:13 x
おおたか静流さんの名前は知っているけど 古い歌を歌っているんですね。
おおたか静香→おおたか静流かな??
Commented by alglider at 2007-08-25 00:42
ヨーコさんへ
ありがとう。歌ってみます。
パンタタ
Commented by alglider at 2007-08-25 00:45
machiさんへ
そうです。誤字でしたね。静流さんです。CD-R焼いておきましょうか? 9月に月曜の祭日があるので、そちらにうかがえると思いますので。
パンタタ
Commented by d_snow at 2007-08-25 01:24 x
「ゴンドラの唄」って、
「命短し恋せよ乙女赤き唇褪せぬ間に」
でしたよね?
ここまでしか知らないけど時々口ずさんでしまいます。
まだまだ乙女気分が抜けきらないもので…
Commented by alglider at 2007-08-25 01:34
d_snowさんへ
あわわ、奈良からコメントですか。ありがとう。
そうです。
「命短し恋せよ乙女赤き唇褪せぬ間に」です。

ま、歌詞カードにはこうあります。
作詞・吉井勇 作曲・中山晋平

いのち短し 恋せよ少女
朱き唇 褪せぬ間に
熱き血潮の 冷えぬ間に
明日の月日の ないものを

いのち短し 恋せよ少女
波にただよう 舟の様に
君が柔手を わが肩に
ここには人目 ないものを

いのち短し 恋せよ少女
黒髪の色 褪せぬ間に
心のほのお 消えぬ間に
今日はふたたび 来ぬものを

なぜゴンドラ?

パンタタ
Commented by machi at 2007-08-25 09:39 x
懐かしい歌 聴いてみたくなりました。
機会があればヨロシクです。
Commented by alglider at 2007-08-25 11:07
machiさんへ
はい。チャンスをうかがいます♪
パンタタ
Commented by machi at 2007-08-25 15:25 x
レスが長くなって・・
今日K子ちゃんから電話がありました。
声は少し元気になっていました。
2日に1回ご主人が顔を見せてくれるようです。
1病棟に変わって前のベットだと笑って言っていました。
Commented by パンタタ at 2007-08-25 17:13 x
machiさんへ
K子さんから電話あったんですか。一回行かなあかんねんけどなぁ。1病棟に変わったのですね。退院は秋ですね。
Commented by machi at 2007-08-25 18:47 x
これまでは3病棟だったしICUだと聞いていたので私も行っていません。
今日はご主人がK子さんの携帯を持って行ってくれ車の中からかけていたそうです。
水が増えて今日は泣いてしまったと言っていました。
退院は前と一緒の時期でしょうか?
Commented by パンタタ at 2007-08-25 19:47 x
machiさんへ
前回は9月下旬か10月初め、その当たりでしたね。
Commented by machi at 2007-08-25 23:34 x
去年の手帳を繰ってみると10/30に二人で来られています。
退院はその前でしたね。
よく覚えています。。
Commented by ヨーコ at 2007-08-26 18:46 x
おおたか静流さんの『REPEAT PERFORMNCE』が有りましたので、購入しました。
「みんな夢の中」「夏の日の思い出」は、入っておりませんが、「悲しくてやりきれない」「花」「流れのままに」は入っていますよ。。。

嘉名 昌吉さんの「花」は、彼女の声と歌い方に とても合っているように感じます。「流れのままに」は、静流さんの作詞・作曲です。
聴いていると懐かしい昔の世界に連れ戻されるような気がします・・・
Commented by パンタタ at 2007-08-26 19:37 x
machiさんへ
10/30に行っていますか。あれから一年近くになるのでね。手帳に付けてるんですか.......
Commented by パンタタ at 2007-08-26 19:43 x
ヨーコさんへ
「みんな夢の中」「夏の日の思い出」は『REPEAT PERFOMANCE Ⅱ』に入っています。娘さんが、ヨーコさんの買った「Ⅰ」のほうを持って行ったんですよ。それでベスト盤2枚組を買ったんです。「流れのままに」も入ってますよ。ちょっとはまりますよね。
by alglider | 2007-08-24 21:19 | 日々是口実 | Comments(22)