sutanka

f0100480_0233163.jpg


01:35

 ブログには書いていたけれど、


 そのままにしていた短歌をまとめてsutankaへ載せました。

 sutanka ←クリック


 小阪修平さんの本を読んでいたのですが、8月10日に亡くなっておられました。まだ60歳だったのですね。ご冥福をお祈りいたします。



只今のながらCD

Caravanserai/SANTANA
[PR]
Commented by くも at 2007-08-27 02:07 x
王様は裸だと言ひへず諦念の白木の箱の石の軽さは

「へず」は「えず」ではないかと。「得ず」ですよね。
「諦念」いい言葉です。
Commented by alglider at 2007-08-27 08:18
くもさんへ
先生、分りました。覚えます。
パンタタ
Commented at 2007-08-27 08:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by machi at 2007-08-27 21:52 x
明日、お山の病院にK子さんの顔を拝見しに行ってきます。
彼女はマイ断酒会の仲間の言葉をもらってきて欲しいとF本さんに
頼んだそうです。
明日のお土産はそのメッセージカードです。
Commented by alglider at 2007-08-27 23:30
machiさんへ
白い帽子さんのことありがとうございます。私はしばらく山へ行けそうもないので、K子さんによろしくお伝えください。
パンタタ
by alglider | 2007-08-27 00:23 | 短歌 | Comments(5)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧