ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

寝たり起きたり雑記 + 短歌

f0100480_17255364.jpg


17:42

 寝たり起きたり……


 昨日、夜中の2時ごろ床について、よく寝たなと思って起きると5時ごろ。また、寝て、よく寝たなと思うと7時ごろ……世界陸上の女子マラソンが6時からだったから見ようかな、とも思ったけど、三度寝る。今度は11時ごろ目覚め、大阪府断酒会の41周年記念大会に行くか行くまいか1時間ほど考えているうちに、なんだか気遅れして止めてしまった。みなさん行ってたんでしょうね………(-“-;)


 それから、ずっと寝たり起きたりしながら、短歌を何首作るが、気にいらない。最近は文章を書くことも億劫で、この更新も何だかおざなりだ。そんな時期、季節の変わり目なのでしょう。そう、外に出てみると、陽は優しく、風はそよぎ、確実に移ろっている。久しぶりに定番の公園に散歩に出掛けよう。買い物も、洗顔石鹸がなくなりつつある。


 つづく………..




19:45

 痒いかゆい........


 mixiの短歌コミュで「椅子」という題詠が出ている。さっきも書いたように、ぜんぜん短歌はできない心の状態なんだけれども、mixi友達のテキーラさんが出しているので、がんばって作ろうと思い、いつもの公園で「椅子」に座って考えてみた。結果、納得するものはできず、生き残りをかけている藪蚊に数か所かまれて、ひたすら、今、痒みに耐えているのみである。


 痒いかゆい.........






瓢箪から駒短歌
太宰にてあはれ蚊といふ言葉知る静脈の青絹雲の白



だざいにてあわれがということばしるじょうみゃくのあおきぬくものしろ






只今のながらCD

not too late/norah jones
[PR]
Commented by at 2007-09-02 21:11 x
外に出て、何でもいいから刺激を受けないとなかなか歌になら内のかなぁ・・・。ずっと籠っていてできるのは、どうしても内側に向いたもので、以前の歌と似たようなものしかできません。
結社の11月号用の歌、新しいものができないので、書き溜めてあるものを推敲しなきゃいけないんだけど、それすらもまだできていませんです。

今日、三月書房から歌集が届きました!
明日は郵便局から送金しなければ。
Commented by 高人 at 2007-09-02 22:12 x
>文さん
三月の対応は非常に素早いですね。
後払いで冊子小包だとすると、市内に住んでいてバス代払って買いに行くのと費用的には変わらないでしょうね。

パンタタさん、すみません。勝手に書き込んでしまって^^;

歌作に限らず、暑さの後遺症か、頭の働き悪いです^^
Commented by パンタタ at 2007-09-02 22:22 x
文さんへ
高人さんが書かれたように、対応が素早いですね、三月書房、恐るべし......まったく商売っ気を見せないのに......
私も結社の11月号用の歌、締切間近、できてません....書き溜めてもいません.......(V)o¥o(V)
なぜか、口語ばかり出てきます。こんなの初めて.......
Commented by パンタタ at 2007-09-02 22:25 x
高人さんへ
>暑さの後遺症.....
こ、怖いですぅ......でも、風が秋めいてきましたね。去年の秋は短歌を始めたばかりで、多作だったんだけどなぁ.....
Commented by at 2007-09-03 06:47 x
椅子、、、デザイナーの友人に昔聞いたところによると、
椅子 とライト-照明-は必ず一度はデザインしたくなるものだそうです。
特に椅子は考えてみればシンプルなものなのに、究極のもの
ってなくて、進化し続けてて、また、古いのもいいものがあって
新旧混然となる、おもしろいものですね。
いい句が浮かびますように。

昔乗ってたスエーデンの車のシート、疲れなくて最高でした。
Commented by くも at 2007-09-03 07:40 x
構造主義から短歌は学ぶものない、って、なんかこのごろ知りました。「うれしい」の対極が「かなしい」ではないってことも知りました。つまり、生きるさけびなんですね、歌って。
 うーん、そうするとますます歌が作りにくくなってくる、など
いまさら悩みはじめています。
 太宰は、さいごの随筆、編集者をよんで口述筆記させたそうですね。でも、じつは、さいきんその原稿が見つかったらしい、それも一言一句おんなじものが。つまり、原稿書いていても、口でいちど音に出して普遍性を持たせたんだ、ということみたい。
 変わったひとでした。
 酒が嫌いで、家に酒があると、こんな不謹慎なものがあってはいけない、って全部飲んでしまったらしい。
 やっぱり太宰は変でした。

Commented by パンタタ at 2007-09-03 21:22 x
満さんへ
ありがとう。
スェーデンいうたらインテリアの国ですものね。椅子も有名なメーカーがいっぱいあります。 
車はサーヴですか?
大阪の某有名バーを取材したときに、マスターが「長居できない椅子を探すのもひと苦労」と言ってました。
Commented by パンタタ at 2007-09-03 21:27 x
くもさんへ
構造主義は人間主義に反対してましたからね。
>酒が嫌いで、家に酒があると、こんな不謹慎なものがあってはいけない、って全部飲んでしまったらしい。

アル中は必ず、そういった飲むための理由を考えるものなんです。結局、たくさん飲むのですが、自販機に買いに行くと、1本か2本しか買いません。止めたいという、意志表示でもあるんですが、何回も買いに行くから一緒なんです。不謹慎なのは分っているのですが、それも飲む理由なんですね。してしまう、というか。やっぱり変ですが、私は好きですよ、太宰治さんは。
by alglider | 2007-09-02 17:25 | 短歌 | Comments(8)