ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

部屋でぼーっ + 短歌

f0100480_2044068.jpg


21:40

 今日はこれまでで一番早く帰宅した。


 電車の乗り継ぎがうまくいったのもあるけれど、CDショップ、書店など寄り道をしなかったことが大きい。買いたい本のリストアップはできたんだけど、ちょっと買い物、寄り道が億劫である。


 まだ、部屋でぼーっとしているには暑いけれど、けだるいピアノでも聴いて、書き物したり本を読んでる方が、寄り道より好ましい気がするこのごろです。


 帰ってから、中華おこげを作って食べる。じゅっ、という音がおいしい。







久々に短歌/題詠「椅子」

奥深く釘の頭の打ち込まれ木の悲椅子の悲われは動けず


おくふかくくぎのあたまのうちこまれきのひいすのひわれはうごけず







只今のながらCD

best/PENGUIN CAFE ORCHESTRA
[PR]
Commented by くも at 2007-09-05 13:26 x
「木の悲椅子の悲」
いい表現ですね。二度つなげたとこが、よかったかも。
Commented by パンタタ at 2007-09-05 20:46 x
くもさんへ
そうですね。私もそう思います。つなげないと、単なる感傷になっていたと思います。
by alglider | 2007-09-04 20:04 | 短歌 | Comments(2)