ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

とりあえず雑記 + 雑記

f0100480_1610658.jpg


17:22

 昼の例会終了…..


 ちょっと曇ってきた。毎土曜そんな天気だなぁ。でも、洗濯をしなければ。昨日、ケーブルで「時計じかけのオレンジ」と「未来世紀ブラジル」をやっていたので録画してある。何だか懐かしい。久しぶりに見るとどのような印象を持つのだろう…….


 とりあえず、一度目の更新。




只今のながらCD

おおたか静流




01:15

 日付が変わってしまった。


 いつものようにラジオで野球を聴いてると寝てしまった。阪神は肝心なところで弱い、3連敗、流石ですぅ...... 起きるとBSでユーライア・ヒープのライブをやっていた。デビッド・バイロンが死んでケン・ヘンズレーも抜けて、ギターのミック・ボックスだけが残っている時代のは、やはり昔のヒット曲をやりますよ、的なショーバンド。司会役の大槻ケンヂがロックバンドの宿命のように言っていたが、ロックバンドだけではなくて、名前を継ぐというのはある意味そういうことだと思う。そのデビッド・バイロンが死ぬ前の映像には、ベースにジョン・ウェットンが参加していた。驚き、知らなかった。やはり“孤高の人”って感じで、流石ヒープの中では浮いてしまいます。


 音楽番組が終わって、今、コンバットを放映しています。戦争ものはヒューマンなものでも、あまり見ません。でも、こういう古いモノクロの映像は当時の技術的な限界なんだろうけど、映像の陰影が好みです。最近のハイビジョンというのは、微に入り細に入り面白くないことがあります。ヒッチコック映画の「サイコ」や「ダイヤルMを回せ」なんかのリメイクもそういう点で失敗なのかもしれない。当時の映像技術そのもがその映画の美を作りだしているところがあるんですね。新しい技術で撮るからといって、ストーリーを現代的に解釈してもダメですし、たとえば「鳥」をCGでリメイクしても私は見ないと思う。それと、思い出の中にある印象はリメイクできませんし、さらに陰影が深くなっているのが常です。さてさて、「時計じかけのオレンジ」や「未来世紀ブラジル」を、この連休中に見なくてはははは......




只今のながらCD

IRISH TOUR '74 / RORY GALLAGHER



02:21

 BSでヒッチコック劇場が始まりました........
[PR]
Commented by おぽんち at 2007-09-22 21:04 x
いい写真ですね。
とてもいいです。
Commented by suzumore at 2007-09-22 23:37
>時計じかけのオレンジ

うわ!懐かしい。
あのシュールな雰囲気に見事に嵌った私でした。
確かに今、観たらどんな印象を持つのでしょうね。

パンタタさんの感想を是非お聞きしたいです♪
Commented by くも at 2007-09-22 23:56 x
わたしのもこの写真好きだなあ。
Commented by パンタタ at 2007-09-23 00:32 x
おぽんちさんへ
何だかお帰りなさい、という感じです......w
いいですか、この写真。マイ断酒会の会場へ抜ける隧道です。何となく、ふと思いついて撮ったものなんですが。
Commented by パンタタ at 2007-09-23 00:33 x
creamさんへ
まだ見ていません、うううう......
仮眠していました。また感想書きますね。
Commented by パンタタ at 2007-09-23 00:34 x
くもさんへ
いいですか、意外と好反響だなぁ.......
Commented by d_snow at 2007-09-23 03:07 x
ユーライア・ヒープ・・・懐かしいです。
って言えるほど知っているわけではないですが(^^;
好きな人がたまたまこういうロックが好きな人だったのでアルバムを借りて(まだこの時代はレコードでした)聴きました。
Commented by alglider at 2007-09-23 03:25
d_snowさんへ
ヒープをご存じですか、それはそれは。’70年代の初めに成功をおさめたロックバンドです。デビュー曲の「LOOK AT YOURSELF」は衝撃的でした。今までのギターバンドではなくてキーボードを多用して新鮮でした。でもルックスがイマイチで女の子に人気が出ませんでした。女の子に人気がでないと日本ではもう一つなんですね。クィーンなんて、本場イギリス、市場のアメリカより、日本での人気が先行しました。そうそう、レコードを持っていますよ。私、まだプレイヤーを持ってるんで、レコードもすべて現役です。
パンタタ
Commented by くも at 2007-09-23 07:07 x
この一連の作品、5枚くらい。すべて、光と影ですね。
人間の営みの暗さにしぜんの光や人口の光が
当たっている。
CDの写真もきれいでした。
でも、その光に、しょうじきポジティブな
明るさが感じられない。
なんか、せつないですよ。おい、もうすこし
わかってくれよ、といいたいような(なにをわかるのかな? じぶんのことかなあ)光に見えたのは、
偏見と素人の目、かもしれません。

でも、人生、幻想だろ、って言っているような・・・
Commented by パンタタ at 2007-09-23 10:52 x
くもさんへ
だいたいが撮るのはモノクロなんですよ。
色つきは、何だか賑賑しくて.....
自分で撮るのは。そういう意味ではマイナス志向なのでポジティブな光ではないかもしれませんね。
今の、御時世、現では明るくなくてはパージされますから、撮るものぐらい切なくていいかもです。わかってくれよ、という意識はないです。撮るとき適当ですから......落ち着くんですよ.....心の奥底のことは知れません。

>偏見と素人の目、
の偏見って何ですか?

>人生、幻想だろ、
堂々めぐりし始めると、そう考えるのも気持の落ち着かせ方として、一つの方法ですよね。邯鄲の夢です。
Commented by くも at 2007-09-24 02:11 x
偏見とは、美的センスのない、素人の
一方的な感じかた、です。
だから、真理には到達しない、というくらいの。
Commented by パンタタ at 2007-09-24 10:21 x
くもさんへ
そんな大袈裟な写真ではありませんです。
by alglider | 2007-09-22 16:10 | 日々是口実 | Comments(12)