ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

雨上がり雑記

f0100480_20104958.jpg


22:04

 一日中同じ歌を口ずさんでいることがある。


 今日は、はっぴいえんどの1st、通称「ゆでめん」に入っている歌「十二月の雨の日」ばかりが頭の中を回っていた。


 水のにおいがまぶしい通りに

 雨に疲れた人が行き交う

 雨上がりの街に風がふいに起こる

 流れる人波をぼくは見てる



 中学生の時に「ゆでめん」を買ってから、ずっと好きだった歌だ。通っていた高校は駅前にあって、駅のロータリーには大きなカーブを描いた陸橋があって、夕暮れにはそこへ行き、手すりにもたれかかり、この歌をよく口ずさんだ。雨上がりの日には、その風景、そのにおいそのままだった。老人のようなところがあった高校生で下駄をはいて、夕暮れには、今、帰ってきたばかりの高校の近く、その陸橋まで行って、流れる人波を見ていた。その陸橋からは、西にまっすぐ延びる広い道路が見通せ、その向こうに陽が沈んでいく。





流れる人波をぼくは見てる夕暮れにうそぶくようにくちぶえを吹く



ちょいと推敲
流れる人波をぼくは見てる夕暮れにうそぶくようにくちぶえ吹いて





只今のながらCD

cribas / MONO FONTANA
[PR]
Commented by ケイ(品川)@禁煙中 at 2007-09-25 22:40 x
ひと月ほど前になにを思ったのか、我が断酒会の有志でカラオケボックスに行った。
私は遅れて行った。
こう見えても、私は歌えるほうだと思っている。
ただ、歌える曲を選ぼうとするとカラオケに入っていないことが多い。
さて、そのときどんな曲があるのかとみていると、信じられないことに「はっぴいえんど」の曲のカラオケがやたらとある。
歌える自信はあったが、カラオケで歌ったことがないのでそのときは歌わなかった。
「はっぴい」いいえ「えんど」そのままでした。
来月、同じようにカラオケに行くので、準備するつもりです。
私には思い出すことが多くて寝れない話題が続きます。
Commented by パンタタ at 2007-09-25 23:13 x
ケイ(品川)@禁煙中さんへ
ぜひ「ゆでめん」に入っている「かくれんぼ」をお願いいたします。母は、私がずっと聞いているものだから、途中の「お茶、お茶を飲んでる」というところを覚えてしまっていました。ああ、懐かしいです。
Commented by くも at 2007-09-25 23:51 x
流れる人波とじぶんとのあいだに
隔たりがあるんですね。

ひとつの孤独感。むつかしく言うと、大衆離群索居、ですね。

上の句の字数がちょっと数えにくいけど、よくわかる歌です。
Commented by alglider at 2007-09-25 23:56
くもさんへ
はい。強引にやりました。

パンタタ
Commented by BEATNIKS at 2007-09-26 02:08 x
通称ゆでめんですか....、確かに「ゆでめん」の看板上がってますね。タナトスが好きでした。高校時代が蘇ります。今でも時々聴いてるよ。
Commented by パンタタ at 2007-09-26 08:16 x
BEATNIKSさんへ
おお、お元気でしたか! そう通称「ゆでめん」。「ゆでめん」でググっても一発で出ますよ。私ゃ、レコードです。言葉がしっかりしてるんで、つい一緒に歌ってしまいます。もう、お年寄りが「青い山脈」を歌うようなノリ.........
by alglider | 2007-09-25 20:10 | 日々是口実 | Comments(6)