ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

カメムシ雑記 + 短歌

f0100480_19403028.jpg


23:28

 うへ。


 毎年この季節になるとカメムシが発生する。調べてみると、いろんな種類がいて、周辺でどどーんと見かけるのはマルカメムシである。ベランダに干した洗濯物にとまるので難儀するのである。人の気配で逃げてくれたらありがたいのだが、じっと服にしがみついている。手で払って洗濯物を取り入れるのだが、完全とはいかない。


 先日、朝、急いで服を着ると足もとにマルカメムシが3匹ほど転がっている。まだ服についていたらしい。ううう、服の中にもいたら気持ち悪いなぁ、と思いながら、時間がないので出勤。乗り継ぎ、乗り継ぎ、快速に座ってひとごこち。4人掛けのボックスシートの前には中国人(台湾か中国かは不明)の女性が二人。私から見て左の女性が窓を指さす。すると窓側に座っていた右側の女性が、すました顔で「*****」と言ったのだった。


 私もつられて窓に目をやると、日当たりのよいぽかぽかとした窓をマルカメムシがもぞっと這っていた。うへ。






短歌再掲

アルコオル抜けゆく午後は部屋閉じてシュレーディンガーの猫となり果て




あるこおるぬけゆくごごはへやとじてしゅれーでぃんがーのねことなりはて







只今のながらCD

あ・り・が・と・う / 中島みゆき
[PR]
Commented by くも at 2007-10-31 00:10 x
むつかしいですよ。
「シュレーディンガーの猫」
なんかの理論なんですよね。

 なり果てる、という精神構造が
わたしには、そこまで知識ないんです。

すみません。

シュレーディンガーって幼女趣味だったんでしょ。
パンタタさんこそナボコフ?
Commented by パンタタ at 2007-10-31 00:31 x
くもさんへ
アル中で量子論に興味がある人なら「うんうん」と肯首する歌なんですが、何とマイナーな歌でしょうか。共集合部分が少な過ぎる!
私と文さんは、プラナリアとか自然科学短歌を目指しておるのです。嘘。

へ、シュレーディンガーってナボコフなんですか?
Commented by くも at 2007-11-04 00:23 x
なんか、そうみたいですよ。ナボコフ。

こんだけナボコフが出てくると、
ウラジミールナボコフ先生、おちおち眠っていられないでしょうね、天国で。
by alglider | 2007-10-30 19:40 | 短歌 | Comments(3)