ちょっと現代思想雑記 + 短歌

f0100480_19395374.jpg


23:45

 胃薬が手放せなくなってきた。


 胃がむかむかするとか、ぼーっとするとか、そこにあることを意識してしまってるとかがあったのだけれども、最近痛むようになってきた。胃って大切だなぁ、調子が悪いと本当に頭が働かない。頭が働かないと、うーん、やっぱり困るのであって、胃薬を飲む。


 このところ、ゆっくりゆっくりとですが近代哲学・現代思想の通史を読み返しています。カント、デカルト、ニーチェ、ヘーゲル、マルクス、ハイデガー、フロイト、サルトル、レヴィストロース、フッサール、ソシュール、ドゥルース、ガタリ、デリダ、ボードリヤール、バルト、アルチュセール、フーコーときたけど、難しい。難しいけど面白くてやめられない。やめられないから、もう一度読み直す。つまり難しいのです。とっても、ちんぷんかんぷん。真理の探究というものは、実は自由のためであったという近代哲学以降の現代思想の流れが発見でした。べつに自分で発見したわけではありません、そんな読解力はありませんがな、もちろん。そう書いてあって妙に納得したんですな。


 自由のために真理というものを現代思想考え続けてきたのである。面白いけど、ぐちゃぐちゃで、好き勝手なことを言ってる場合もあります。が、徹底していますね。フーコー面白い。デリダは堪忍してほしい感じ。






短歌再掲

カリエスの父の背中の超えられぬ海溝深く失せし肋骨




かりえすのちちのせなかのこえられぬかいこうふかくうせしろっこつ






只今のながらCD

ADVENTURE / TELEVISION
[PR]
Commented by くも at 2007-11-04 00:18 x
わたしのも商売上、そんな偉い方々にたまに触れます。
デカルト二元論と演繹法。
ソシュールのシニフィエシニフィアン。
死生観におけるハイデガー。
構造主義のレビィン・ストロース。
ポストモダンのデリダ。

で、ここにあげられている以外に
レヴィナスやフランシスコ・ベーコンが
いるんじゃないですか?
Commented by パンタタ at 2007-11-04 14:14 x
くもさんへ
そうそうレヴィナスね、読んでません....(-"-;)
フランシス・ベーコンは傍系の画家をよう知っております。狂人のような絵です。

へへ、そんなたくさん読めませんわ。にわか現代思想ですから....
by alglider | 2007-11-02 19:39 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧