ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

栗饅頭雑記 + 短歌

f0100480_19212695.jpg


23:45

 わぁぉ、遅くなった。


 このまま書いてると、日付が変わってしまうやん。ま、いいか、のんびり。以前、プリンに凝って、いろんなものを試してみた。が、最近、栗饅頭にはまっている。いろんなものにも、高価なものにも手を出していないが、近所のスーパーの安価ものを、ついつい買ってしまう。で、お咲きさんは甘いものが嫌いなわけではないが、栗饅頭は〝もさもさ〟するので好きではないという。あの〝もさ〟の中に〝くりっ〟とする歯応えがいいのである。朝、栗饅頭と牛乳を飲む。子供のように口の中で、ぐちゅぐちゅ、とやって食べると美味い。


 今夜も帰宅途中に、スーパーに寄って、栗饅頭を買って帰って、パソの横に置くと、お咲きさんが「あー、また栗饅頭っ!」と声を荒らげた。最近、胃の調子が悪いと言っているので、これのせいかもしれないと言う。かもしれないなぁ…….


 間に合いそうだ。





短歌再掲

強迫の予定縦横書き込んで眠る女の手帳雪崩る





きょうはくのよていじゅうおうかきこんでねむるおんなのてちょうなだれる







只今のながらCD

THE KOLN CONCERT / KEITH JARRETT
[PR]
Commented by くも at 2007-11-09 07:52 x
これはいささか説明をうけないと。

「強迫の予定縦横書き込んで眠る女」
というつづきかたでよろしいのですか。

その女のひとの「手帳雪崩る」でよろしいのですか。

で、主眼はいずこに?

Commented by パンタタ at 2007-11-09 08:06 x
くもさんへ
はは、これは見たことそのままなんです。
電車の中、隣に座ってた女性、システム手帳にいっぱい予定を書き込んでいたかと思うと、いつの間にか居眠りしてしまって、で、手帳が手もと→膝→床へ、と雪崩れていったんですよ。
Commented by くも at 2007-11-09 23:30 x
あ、そうですか。
じゃあ、わたしの解釈でいいんだ。
どこかに電車とかいれないと、
このままだと、
なんだか、バンタタさんの閨で
なんかの「物語」があったように
取れますよ、いいの?
by alglider | 2007-11-08 19:21 | 短歌 | Comments(3)