ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

物見遊山雑記 + 短歌

f0100480_1848511.jpg


23:02

 すごい人出みたい、


 で、やめた。というのは狩野永徳展のことである。今日、展覧会のホームページを見ていたら、混雑状況みたいなものを流している。12時半ごろで待ち時間80分とある。ふへーっ。9時半開館だから9時に着くとしたら、休みやのに、ごっつう早起きせなあかんやんか。で、やんぴ。見たいけど、早起きして、待たされ、その上、通勤ラッシュのような状態になってまで、「見たい」の欲望が勝っていない。ま、行ってみると案外!てな可能性もあるけど、ま、ええ。


 狩野永徳展には行かないけれど、昼から京都へは行く。江戸からクリーム大兄がアル中物見遊山に来られるのである。合流しますです。狩野永徳で80分(土曜だからもっと長~くなるかもしれんし)も待たされたら、この会に合流できないかもしれない、これも中止の一因。で、八坂さん、清水さんに遊ぶらしい。


 京都をぶらりして、短歌頭にシフトチェンジしないかなぁ……….





短歌再掲

顔をあげ「捨ててしまおう」つぶやけば風渡り樹々は許されている




かおをあげ「すててしまおう」つぶやけばかぜわたりきぎはゆるされている






只今のながらCD

THE FLOWER / FERNANDO KABUSACKI
[PR]
Commented by くも at 2007-11-09 23:33 x
わたしも「許されている」という下の句の歌あります。
わたしの場合は、とても「逃げ道」で、その7文字を
いれました。

いかが?
Commented by マリア at 2007-11-09 23:58 x
いいですねぇ 京都行きたいですねぇ~
東福寺とか南禅寺とか懐かしいです
くずきり食べて おうす飲んで あぁ歌舞伎も見たいな~ 明日、晴れだといいですね 
おやすみなさい !(^^)!
Commented by おぽんち at 2007-11-10 00:34 x
京都なんて何年もいってないです。
ひさしぶりに短歌点にうた書き込みました(^^)。
Commented by パンタタ at 2007-11-10 01:03 x
くもさんへ
「逃げ道」で、というのは安易とかありふれているとか、という意味ですか?

ちょっと分らないなぁ......
Commented by パンタタ at 2007-11-10 01:04 x
マリアさんへ
ああ、関西に住んではったことがありますもんね。
私、南禅寺行ったことがない、ううううう

晴れみたいです。
Commented by パンタタ at 2007-11-10 01:06 x
おぽんちさんへ
お久しぶりです。京都と神戸は大阪から言うたら、両袖みたいな感じです。どちらも手の内で、遠い感じは持ちません。
短歌点、読みますね。
Commented by くも at 2007-11-10 01:53 x
わたしのばあいは、困ったなあ、というとき、
そんなふうな、なんか示唆してるような、
そうでもないようなことばを選択してしまうんです。

だから、わたしのばあいにかぎり完璧に「逃げ」です。
Commented by office-nekonote at 2007-11-10 06:15
クリーム兄貴によろしくです。
m(_^. .^_)m ぺこ
Commented by パンタタ at 2007-11-10 22:20 x
くもさんへ

例を........
Commented by パンタタ at 2007-11-10 22:22 x
たまちゃんへ
伝言しました。以下、更新本文にて。
Commented by くも at 2007-11-11 01:24 x
海からのかぜをうけとめ逆光に透けてるきみだ 許されている
Commented by NEU(ノイ!) at 2007-11-11 23:10 x
『狩野永徳展』、9日の夜に観に行きました。待ち時間20分(ラッキー!)。
(翌、10日土曜日の午前中は、130分と表示されていました)
しかし中は凄かったです。旧社会党の牛歩戦術の様な展開でした。
何か勢いで、目録も買ってしまいました。
旅先ということを考えると、重い…
Commented by パンタタ at 2007-11-11 23:30 x
NEU!(ノイ!)さんへ
お初、いらっしゃいませ。
旧社会党の牛歩戦術は、すごくイメージしやすいですね。
それも、前後左右に牛だらけ.......(-"-;)
さすがに、目録は重たいですね。宅急便で送ればよかったのに。
家に歯ブラシは何本あるんですか?
by alglider | 2007-11-09 18:48 | 短歌 | Comments(13)