雑記 + 短歌

f0100480_19544820.jpg


23:22

 金曜日になりました。


 明日はお休みです。6月からお昼の仕事に変わって、やっと慣れて、土、日曜の休みが待ち遠しいというか、うれしいというか、普通のサラリーマンのようになってきました。アルバイトやけど。


 4回続いた秋の行楽計画も、冬になってしまって、寒いし風邪をひいたらあかんということで、お咲きさんが外に出掛けようとしません。私としては、奈良県立美術館でシャガール展をやっているので、古寺巡礼をかねて行きたいところなのですが。


 と、まぁ、そういうことで、明日はマイ断酒会の昼例会、明後日は私は喫茶店で投稿用の短歌詠みと読書に取り組み、お咲きさんは太極拳。「数学を作った人びと」と「リボルバー」を併読中。





短歌再掲

来 し 方 に 黎 明 あ り て 行 く 末 に 問 うこ と の 意 味 さ ら に 問 わ れて



こしかたにれいめいありていくすえにとうことのいみさらにとわれて






只今のながらCD

KEW. RHONE.
[PR]
Commented by くも at 2007-12-08 00:47 x
こういう詠いかたは、むつかしいですね。
抽象の世界だから。

来し方に黎明があって、行く末がとわれる、
という意味は「明るさ」のはずなのに、
なんにも「明るさ」が感じられないのは、
そういう作り方だからなのでしょうか・・・・・
Commented by パンタタ at 2007-12-08 18:41 x
くもさんへ
確かに難しいですね。
でも、これはこうとしか言いようがないんで、
って、ミフタもない.....ですね。
by alglider | 2007-12-07 19:54 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧