ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

プチ散財雑記 + 短歌

f0100480_2110079.jpg


23:35

 片付けは中断。


 片付けは今年の仕事を終えて、28日から再開予定。この三連休で多くのものを捨て去った。すっきりしたんで、今日は買い物をした。何のこっちゃ、と我ながら思うけれど、お給金も入ったことだし、月に一度のプチ散財である。


 まず、カレンダーを買いに行く。少々遅いと思っていたら、案の定、この二年間使っている、故・白川静さんの「漢字カレンダー」は売り切れていた。この前見た時に買っておけばよかったと思いながら、他のを選ぶ。でも、出遅れているので種類が少ない。水木しげるさんの「妖怪カレンダー」が頗るよかった、毎月の妖怪絵画を外して額に入れられるようになっている、が、お咲きさんが気味悪がると思い断念。自分の部屋ならいいけど、一家に二つ買う贅沢はできない。自分の部屋は貰いものですます。で、絵本「はらぺこあおむし」で有名なエリック・カールさんの絵をあしらったカレンダーを購入。来年の日々はかわいいぞ。


 それから、恒例のタワレコのダブルポイントセール(私のお給金日に合わせてセールがある)へ。年末年始に読む本は職場の1割チャリティーで、どんっ、と買ったから、今月のお給金は年末年始を優雅に過ごすためのCDにつぎ込む。今日のプチ散財。


 ROBERT WYATT [COCKOOLAND]
 TERRY RILEY [In C]
 JUAN HIDALGO [RROSE SELAVY] /邦題「マルセル・デュシャンの肖像」
 THE RED CRAYOLA [SOLDIER-TALK]
 KLAUS SCHULZE [MOONDAWN]
 KING CRIMSON [ON BROADWAY](LIVE 2DISC) /中古CD
 projeKct four [west coast live] /中古CD






題詠「聖」に投稿

聖 ば か り 歌 わ れ て を り 賛 美 歌 を 閉 じ て 表 紙 に 檸 檬 を 置 き ぬ




せいばかりうたわれておりさんびかをとじてひょうしにれもんをおきぬ








只今のながらCD

MOONDAWN/KLAUS SCHULZE
[PR]
Commented by at 2007-12-25 23:06 x
ブラック・ホールだ!
Commented by パンタタ at 2007-12-25 23:47 x
文さんへ
露光を絞り過ぎました。
造花ですが花なんです。
ブラックホールというより、
何か動脈瘤というか、肺にこびりついた埃みたいですね。
とほほ。
Commented by BEATNIKS at 2007-12-26 03:18 x
MOONDAWN私も少し前にCD化しましてよく聴いています。
In CやSOLDIER-TALKも懐かしいね。
また昔のレコードのようにCDが一杯貯まりそうですね。
私は次回はアルディを予定してます。
掃除の時は腰に気をつけて下さいね。用心、用心。
Commented by パンタタ at 2007-12-26 23:20 x
BEATNIKSさんへ
そうですね。懐かしいCDばかりで、進歩がない。
CDはまだまだ500枚くらいかな、レコードにはとっても及びません。
アルディいいですね。レコードで「もう森には行かない」があります。
腰のこと忘れてました。
喉元過ぎれば何とやら.....ですね。たはっ。
Commented by 高人 at 2007-12-27 09:29 x
大掛かりな片付けをされてますね。大きく心身が好転されてきた様子が窺えます。
私も、例年早くカレンダーを買って置こうと思いながら、いつも年末ぎりぎりに、、、目当ての月齢表示のものは影も形もありませんでした^^;
Commented by パンタタ at 2007-12-27 20:56 x
高人さんへ
そうなんですよ。月齢表示のカレンダーは結構人気なんです。
マニアがいるんですね。って、何のマニアだっ!
Commented by 高人 at 2007-12-27 22:49 x
先祖が狼男の血筋で、変身の夜を前もって確認するとか、、、@@;

ま、普通は釣りマニアの人が潮の具合を確認したりすることはあるかも。
ただ、それ以外でも月の満ち欠けすなわち潮の干満と心身の調子がシンクロする人もいるようですから、体調管理にも役立つのではありますまいか^^;
Commented by パンタタ at 2007-12-27 22:55 x
高人さんへ
今日は満月だから、生肉買っておこうとか.....恐っ!
by alglider | 2007-12-25 21:09 | 短歌 | Comments(8)