ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

参日雑記 + 短歌

f0100480_17202148.jpg


23:48

 明日は初出、仕事である。


 職種上、仕方がない。そんで、外で聴く音楽用に4ギガのiPod nanoを使っていたけれど、どうもメモリーが少なくて好きな曲が入りきらない。もっと大容量のが欲しいと思っていたところに、娘さんの帰省である。「あんさん、これ使わへんか?」と尋ねると「え、nanoやんか、マジでっ?」と喜ぶものだから、譲ることにして、私は80ギガのiPod classicを買ってきた。ボディがでかくなって重いけれど、昔のウォークマンを想えばコンパクトだ。


 で、その買い物に出たついでに、どっちがついでか分からないのだけれど、娘さんが裾上げを頼んでいたパンツを2本受け取りに行った。娘さんはすでに競技歌留多闘魂合宿のため姫路に行っている。明日の夜遅く帰ってきて、翌朝早く出かけ、そのまま横浜へ帰ってしまう。で、私が受け取りの代役の大役である。


 久しぶりにブティックなるものに入る。ずいぶんシックな店だった。受取証を渡すと、裾上げ代1本600円×2+消費税で1260円だった。で、2060円渡すと、若い男性店員が「えーっ、2060円お預かりして1260円いただきますから」と電卓をこっちに向けて、私に見えるように計算する。テンキーを押すのだが、店員からは電卓が逆だから、二度三度失敗をする。「早く800円ください」と私は心の中で言う。なぜそんなことをする、私はガキの使いではない。これはサービスではなくて、間違いの責任を客と折半しようと企みである。サービスなら、さっさとスピードアップするべきだよなぁ。で、その〝間違いの責任を客と折半〟なのだが、不思議なことに受取証を「これはお持ちください」と返してくれたのである。


 私は「これ回収しないと、もう一度取りに来られたら困るでしょ?」と、これは声に出して言ったのだけれど「電話番号を控えてありますので大丈夫です」と、訳の分らない返事。ちょっと怖いお兄さんが二度来て「あんっ、金払ったのに、商品がないっっ!」何てすごまれたらアウトだな、この店員さん。なんて思いながら「あっそっ」と持って帰ってきたけれど、いまだに意図するところが分らない。間違いの責任折半どころか、倍増だな。






[短歌1月号]

脳 髄 の 記 憶 は 湿 り 羊 歯 の ご と い ち 日 ひ っ そ り 光 合 成 す る




のうずいのきおくはしめりしだのごといちにちひっそりこうごうせいする








只今のながらCD

KARLHEINZ STOCKHAUSEN PIANO MUSIC / ELISAVETH KLEIN
[PR]
Commented by ヨーコ at 2008-01-04 07:42 x
おはようようございます。
本年もよろしくお願いいたします。

>不思議なことに受取証を「これはお持ちください」と返してくれたのである。

ははは。。。そうなんですよ~
わたしも、最初は何で返すのだろうと ちょっと驚きましたけど・・・
受領証や預り証を返すのは、「個人情報保護法」に基づいてプライバシーの漏洩を塞ぐため・・・らしいですよ~^^
Commented by パンタタ at 2008-01-04 08:14 x
ヨーコさんへ
おはようございます&おめでとうございます。
そうなんですかっ!
「個人情報保護法」の関係なんですか。
でも、電話番号知ってるから大丈夫というのも変だなぁ。
私ね「それでは、困るでしょうから、受け取りのサインしましょう」とまで言ったんですよ。
それでも「いや、必要ありません、大丈夫です」って。これって、やっぱり、悪意を持った怖いお兄ぃさんが来店なさると、店は危ないですね。
最近、仕事でお年寄りの話を聞くことが多いんですが「個人情報保護法」が壁になって知りえないことが多すぎて、困ってる人が多いことを知りました。
老人は人柄や世間、関係のよしみに頼っているところがあって、
急に法律が建前になって、孤立化しています。
あれが結構、老人の「孤独死」の原因になっていることがあるように思われます。
小学生を持つ子供のお母さんたちも、家庭同士の連絡網がなかったり、急な先生への連絡も電話番号を知らされてなかったりします。
昔の慣習で生きている人にとっては、「個人情報保護」は悪意にしか映ってない側面があって、実害もでてますね。
Commented by at 2008-01-04 10:55 x
ここのところの画、誰のかすごく気になっています。
Commented by パンタタ at 2008-01-04 20:50 x
文さんへ
えーっ、一日「群鶴図(一部)」伊藤若冲、二日「雪中鴛鴦(おしどり)図(一部)」伊藤若冲、三日「雪中椿に雀(一部)」歌川広重、と相成っております。
Commented by at 2008-01-04 22:01 x
あぁ、1、2、若冲だった!
すっきり。
円脱、お大事に(V)o¥o(V)
by alglider | 2008-01-03 17:20 | 短歌 | Comments(5)