ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

二日目雑記

f0100480_160616.jpg


22:36

 一日家の中、


 一歩も外に出ず。CDを聴きながら、ネットの歌会の感想を書き込んだり、洗濯をしたり。感想を書いていると、自分の中に安全装置のような、回避装置のようなものがあって、それが働いているのが分かる。断定的であったり、論を構成するような言葉や展開になると、ブレーキがかかるというか躊躇してしまう。書いているうちに、その安全装置を少~し外して、ちょっこと書いたりしたのだが、書き込んだことで不安症が出てくる。今のところ私にとって、断定や理論で話を進めるのは、お酒側にある行為だ。心の中に出来上がった安全装置や不安症は、お酒断ちの副産物である。


 もともと、そういう言葉を使わずに、自分の思いを表わすために短歌を始めた気がするのだ。しかし、そうもいかないこともあって、歌は逆説的に安全装置を外すトレーニングも要求する。両方できるのだ、と思い直してのんびり行かなくては。どっちみち、これから自分の間尺にあった論の語り口、書き方を身につけなければならないのだ。


 明日は天気が良くなりそうなので、お咲きさんと行楽の予定だが、冬らしい冬、寒いらしい。私はええんやけど、お咲きさんは、寒さに弱い。連続引き籠りになるか………








只今のながらCD

A LA BELLE ETOILE / ISABELLE ANTENA
[PR]
Commented by at 2008-01-14 13:07 x
私も苦手ですねぇ、意見を言うの。言い切るの。
日常的には。
ただ、短歌をはじめて歌会に出るようになって、結社に入って、歌に関しては言うようになりました。
短歌しかない、っていう気持ちがどこかにあるし、それに言わなければ、私の歌に対して言っていただけないってこともあるし、はじめに参加した歌会「みずたまり」の人々は歌会で言っても、あとはさっぱりって感じだったので、言いやすい、ってこともあって。
ただ、書き言葉は難しい。ニュアンスが伝わらないから。
話し言葉なら、ニコニコしながら「だめねぇ」、ニヤニヤしながら「だめねぇ」、まじめな顔で「だめねぇ」・・・。
ふぅ、
Commented by パンタタ at 2008-01-14 19:01 x
文さんへ
>短歌しかない、っていう気持ちがどこかにあるし、
って、強いなぁ。
話し言葉なら、言いやすいですよね。
短歌が私をどこへ連れていってくれるものか、
まだまだ先が見えませんわ。
俵万智さんの「短歌をよむ」を読んでいても、
簡単で軽いタッチの文章なのに、
こんなことまで考えているのかと気が重くなります。
どうも私は正面からは門をくぐれないようです。
Commented by 高人 at 2008-01-18 16:38 x
やっと仕事が手を離れましたので、早速書き込み、、、できるかな???

批評というのは、私も苦手です。
構えないで「感想」を書けばよいのでは?

短歌は、好きか嫌いか、そのどちらでもないか、その3つしかない、と私のマイミクさんが言われたことがありました。

私の場合、作品の良いと思ったことだけを書くようにしています。
文法的な誤りは、非公開で指摘、とか、、、
Commented by パンタタ at 2008-01-18 21:35 x
高人さんへ
高人さんも苦手ですか、安心しました。
お人好しの人は苦手なんですよね、ということにしましょう。
良いと思ったことだけですね、分りました。
ちょっと。遅かったけど、分りました。
そうします。
by alglider | 2008-01-13 16:00 | 日々是口実 | Comments(4)