夢見雑記

f0100480_18495413.jpg


23:41

 調子は相変わらず芳しくない。


 今、読んでいる天野忠さんの随筆選に、シェイクスピア「テンペスト」の中のプロスペロの言葉、


 「われわれは夢と同じ材料で作られていて、そのささやかな生は眠りに囲まれている」


 が、引用されていた。そう言われればそんな気がする、というか肯首納得してしまうこの頃の日常である。が、悪い言葉じゃない。柔らかい心地よい空気を深呼吸しているような言葉だ。


 昨夜は眠りが浅く、何度も目覚め、その度にどちらかというと心地よくない夢を見ていた。何度も目が覚めたから、何種もの夢を見ていた。が、内容は覚えていなくて、おぼろげな風景や湿気、モノクロの濃淡を覚えているばかりである。


 私の両親は何年も前に死んだが、私は母や父の夢を見た記憶がない。周囲や本やテレビなどでは、夢に母(父)が現れて、などとよく聞くが、よくあることなのだろうか? 何だか自分が薄情者のような気にもなる。たはっ。






只今のながらCD

ANTONIN DVORAK COMPOSITION FOR VIOLIN AND PIANO / JOSEF SUK & ALFRED HO-LECEK
[PR]
Commented by NEU!(ノイ!) at 2008-02-06 00:43 x
私の父は、亡くなってから約3年半ほど、これでもかこれでもか
といった具合に、夢の中に現れました。最初の年なんか、殆ど、
無遅刻無欠席の優等生の様に出てきましたよ。
これは多分、父に対しての後ろめたさの表れであって、
現に、母も姉も、まるで父の夢は見なかったということです。
Commented by マリア at 2008-02-06 07:23 x
私も眠りが浅い上に四時五時に必ず目が覚めちゃいます (^^ゞ でも、気にしないようにしていマース
私の父が亡くなったのは18年位前ですが 今までに夢には数えるほどしか出てきていません そう言えば… 笑 でも、いつも傍にいて守ってくれている気がします きっと パンタタさんのご両親も守っておられますよ !(^^)!
Commented by at 2008-02-06 08:51 x
子供の頃をのぞいてほとんど夢を見なくなりました。父母の夢も見ないなぁ。
ただ、亡くなった数年は街角で、すれ違う車の中に、よく見かけたものでした。遠いな。
Commented by ノエル at 2008-02-06 20:10 x
私の母は、父が死ぬ直前まで自分の身をすり減らして看護していました。が、父が死んだ後は一つも夢に出てこないと言ってます。

薄情者だった私の所にも出てきません。不思議なことです。
気にしないことが第一です。パンダタさんが健康で過ごされることをご両親も願っているのだと思っていいんじゃないでしょうか?
Commented by パンタタ at 2008-02-06 23:08 x
NEU!さんへ
お父さん律儀で心配性な性格の人だったんですね。
私んとこの両親は、私がアル中になったことを知らずに死にました。
が、兄がアル中になった時は一緒に暮らしてたんで、
そっちの方が心配で、兄の夢の中に行ってるんでしょうかね。
Commented by パンタタ at 2008-02-06 23:11 x
マリアさんへ
そうやね守ってくれてるね、お酒とまってるから。
ま、ちょっと嘆いてるやろけど。
やっぱりアホやった、あの子って.....とほほ
Commented by パンタタ at 2008-02-06 23:14 x
文さんへ
>亡くなった数年は街角で、すれ違う車の中に、よく見かけたものでした。

へっ、幻.....よく似た人、そら似、遠いですか......
Commented by パンタタ at 2008-02-06 23:18 x
ノエルさんへ
ありがと。あんまり夢にでてこないものみたいやね。
こんなこと書いてたら、今夜あたりかな。はは。
by alglider | 2008-02-05 18:49 | 日々是口実 | Comments(8)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧