黄砂雑記

f0100480_19224134.jpg


23:10

 えー、みなさんとこの


 黄砂の具合はどうだったでしょうか? 仕事中、窓から外を眺めると、いつも間近に見える山山の稜線も黒黒と覆われてしまっていて、また、港の遥か彼方の対岸に見える高層ビルも完全に霞んでいました。


 休憩室で一服していると、窓の上からゴンドラが降りてきて。何の因果か、こんな日にビルの窓拭きなんて。やっている人も甲斐がないというもの。しばらくすると雨が降り出し、窓は黄砂で汚れていったのでした。


 で、私んとこも被害があって、今日は何の因果かベランダに洗濯ものを干しっ放し。ううう、も一度、洗濯かしらねぇー。


 今夜は、机に向かう日と決めて、書き物に打ち込んでいました。机に向かう日常的な習慣を身につけたいと思っております。ケータイの50あるメモ機能がいっぱいになっていたので、紙に書き出して、整理しました。そんなこんなをしていると短歌も何首かできましたです。





 今朝、電車ん中で水原紫苑さんの下の歌を読んでて、じんときちゃいました。水原さんの歌にしては比較的分りやすいという理由からです。とほほ.......




こ の 春 の 晩 き 水 仙 あ を ぞ ら の 胸 処 に 刺 せ ば な み だ こ ぼ れ 来


このはるのおそきすいせんあおぞらのむなどにさせばなみだこぼれく   水原紫苑





只今のながらCD

SEXTET・PIANO PHAZE・EIGHT LINES / STEVE REICH
[PR]
Commented by くも at 2008-03-05 00:29 x
「この春の晩き水仙あをぞらの」
天下の水原紫苑さんの作ですか。
なら、みなさんご納得なんでしょうが、
わたしには、この「の」の重なりが
耳障りに感じます。

春日井さんなら、なんとおっしゃったでしょうか。
Commented by パンタタ at 2008-03-05 22:00 x
くもさんへ
私も「の」気になったけど、ま、いいかって感じです。
やたら「の」がでてきても基本好きだからなぁ。
春日井さんね、どうだろ.....
by alglider | 2008-03-03 19:22 | 日々是口実 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧