奇態雑記 + 短歌

f0100480_19584412.jpg


23:06

不思議なものを見た。


 その人はどうしてもそれをやりたかったのだろう。iPodなんかに付けているイヤホンにはいろんなタイプがあるけれど、頭からどんと被るヘッドホンタイプ以外は、ラインを前から垂らすか、後ろから回すかだ。前からだと、両耳からラインがだらりと垂れさがり、ときに不便を感じる場合がある。後ろから回すタイプは、右と左の耳に分かれるところで長さが違っている。左が短くて(多分)、長い右の方を首の後ろから回して装着する。


 で、その人は、前から垂らすタイプのイヤホンなのに、邪魔だからか、格好良しと思ってか、どうしても後ろから耳に装着したかったみたいである。


 帰り着いた最寄り駅の改札を出ようとすると、前を行く人の頭がどうもひょうたんのようにくびれている。よく見ると、首の真ん中の垂線からイヤホンのラインがはい上がり、ちょうど首と頭の接合部分でラインが左右に分かれている。そして耳にイヤホンが。もともと、後ろから回すように長さがとられていないから、めちゃくちゃ窮屈な感じで、ラインがピンと張りつめ、長めの髪をひょうたん型に締め付けている。奇態である。まさかSPごっこではあるまい。





「短歌」3月号

古 び た る 心 臓 の ご と 干 柿 が ぽ つ ん と 点 る 軒 先 の 夕



ふるびたるしんぞうのごとほしがきがぽつんとともるのきさきのゆう





只今のながらCD

CLUSTER & ENO
[PR]
by alglider | 2008-03-13 19:58 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧