図書室雑記

f0100480_1813041.jpg


23:29

 お風呂上りに


 冷えたパイナップルを切って食べている。パイナップルって酸が強いのかな、食べ過ぎると胃が痛む、というか胃酸の濃度が上がったような気持ちになる。


 今夜は自治会役員になってしまったものだから、地域の福祉委員会の会合に出なければならず、仕事を一時間早引きした。アルコールをやめたから就けた時給のバイトなのに、困るなぁ。で、会合は娘さんが卒業した中学校の図書室であって、訪ねるのは二回目。中学校のサイズって結構小さいものですね。


 んで、会合はだらだらと何の緊張感もなく続いて、私の興味は議事内容より、最近の中学校の図書室にはどんな本があるか?ばかり。うーん、その私好みの推理小説が多いのに驚き。売れっ子の宮部みゆきさんはもとより、北村薫さん、島田荘司さん、東野圭吾さん、高橋克彦さん、創元社の推理シリーズもずらり。ひえ、と見入ったのは笠井潔さんの「哲学者の密室」があったこと。三重密室トリックだけれども、殺人の動機として書かれているのはハイデガーの「存在と時間」だ。えらいもん読んでるんやね、二段組みで748ページもあるんですよ。


 それと漫画も結構そろっていて、さすがにドラゴンボールはなかったけど、白土三平さんの「カムイ伝」、手塚治さんの「ブッダ」、藤子不二雄選集、それと私も娘さんも好きで集めた、ますむらひろし作品集……私らの中学校時代の定番の夏目漱石さんなんかは下の棚にあってガラス戸が閉まってました。飾りです。あ、思潮社の現代詩文庫もそろってました。


 借りたい本があった。娘さんが現役のときに知っておくべきだった、とほっ。




只今のながらCD

TAKING TIGER MOUNTAIN / ENO
[PR]
by alglider | 2008-04-08 18:13 | 日々是口実 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧