「ほっ」と。キャンペーン

父母雑記 + 短歌

f0100480_1956229.jpg


23:46

 明日は、


 午前中にアルコール専門病院に行って、午後からは地域の自治会が集まる総会なるものがあって、マイ断酒会は先週に続いて欠礼である。自治会の役員は面倒で性にあったものではないのだが、初めぐらいはちゃんとやっとかな、といたって真面目に卑怯である。


 短歌コミュの題詠に「母」というのが出ている。以前「父」というのがあって、それを機会に何首か作ったことがあった。それからしばらくして、母を歌っていないと思い立ち「母歌」を何首か作っている。ほとんどが母の入院、死をあつかったもので、当時お酒を飲んでいたのでまともに向き合っていない欠落感のようなものが歌に入り込んでいる。欠落感の悲しみは歌い切ってしまわないといけないと思っているが、難しい。「父歌」もまたしかり。


 でも、お気楽なんだな、これが.....
 



孤 独 死 の 司 法 解 剖 免 れ て 酢 と な り果 て し 父 の 酒 捨 つ


こどくしのしほうかいぼうまぬがれてすとなりはてしちちのさけすつ





燃 や す た め 一 輪 に ぎ る こ の 右 手 母 は そ の た め 吾 を 生 ま ざる を


もやすためいちりんにぎるこのみぎてはははそのためあをうまざるを






只今のながらCD

SITUATION DANGEROUS / BOZZIO LEVIN STEVENS
[PR]
Commented by at 2008-04-19 10:54 x
父母、結社に入る以前、何首か詠んだことがあります。
単発でも少し。
まとめて、推敲しなおし、追加して、連作にしていかなければ、ばらばらのままになってしまいそう。
古い詠草とか、残してはいるんだけど、ばらばらなまま。何とかしなきゃと思いつつ・・・
うう。
Commented by noelu-2008 at 2008-04-19 16:34
二つの短歌、時間の流れ方が違うような不思議な印象を受けました。

父の方は、短い時間の中でじわじわと進んでいく変化を感じました。
母の方は、一生を凝縮したみたいです。
それなのに、不思議と対になっている歌ですね。

感想を書いてしまうのは、御迷惑かもしれません(><;
ご不快でしたら止めます。
Commented by パンタタ at 2008-04-19 17:46 x
文さんへ
私、歌を作りだして一年半ぐらいで、寡作ですから、
古い詠草はノート一冊ぐらいで納まってて整理は楽です。
父母歌は作り続けていくと、心情の変化などが現われて
面白いでしょうね。かなり正直に向かう部分がしんどいけど。
Commented by パンタタ at 2008-04-19 17:52 x
ノエルさんへ
一回返事を書いたけど、手違いで消してしまいました。
さて、同じ内容が書けるかなあ........
父の歌のほうが古いんです。
そして、思いついたときにぽつぽつと、散発的です。
母の歌は六首ほど一挙に作りました。これは最近です。
ブログの内容に合わせて、二首挙げたんですが、対という意図はありませんでした。
時間の流れ方が違うのは、父母二人の死に方の違いによるものですね。
感想はどんどんお願いしますいよ、無視しないでねぇ......m(_ _)m
by alglider | 2008-04-18 19:56 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧