「ほっ」と。キャンペーン

かんにんしてほしい + 短歌

f0100480_17101029.jpg


23:17

 会議、会合が


 続くのである。今日も今日とて、自治会の役員会で夜8時からのくつろぎゴールデンタイムが吹っ飛んでしまった。見たかったテレビ番組はビデオで録画した。DVDでないところが奥ゆかしい。住んでいるマンションの夏まつりの準備も始まり、会合打ち合わせが続く。ヤだなあ、かんにんしてほしいものである。


 明日はしなければならないことがある。原稿書きである。先週、持病の片頭痛でできなかった仕事である。できるかなあ、と不安だが、やる気を出すためにここにこうして書いておく。ただ、それだけ。気やすめである。が、それもアル中、不安症持ちには大切なのである。何でも自分に言い聞かせないとね、モチベーションが上がらない。不安で気は塞ぎ、戦う前にTKO負けになること度度なのである。困ったもんである。


 昨夜は、福島泰樹さんのCD「哀悼」を聴きながら寝た。我ながら、あの声によくうなされないものだと感心するが、意外と眠りにつきやすい。さすがに読経で鍛えた声である。安らかにあっちへ逝ってしまう。うう。







「そののち歌会」詠草 / 題「数字(具体的に数字を入れる)」

腹 立 ち に ポ ス ト を 蹴 れ ば 夕 暮 れ て さ か な 一 匹 さ ば け ぬ み じ め




はらだちにぽすとをければゆうぐれてさかないっぴきさばけぬみじめ







只今のながらCD

EAST WEST / THE PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND
[PR]
by alglider | 2008-06-14 17:10 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧