ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

くちなし9 + 短歌

f0100480_2018757.jpg


23:52

 予定通り


 小池光さんと穂村弘さんの短歌シンポジウム「コトバの可能性と不可能性」へ行ってきた。ま、シンポジウムの常で、そんな演題通りの難しい話がなされたわけではないが、人の話を聞くというのは「ふんふん」と過ぎていくのだけれど、後で思い返すと結構疲れがでるものだ。穂村弘さんの短歌は好んで読むほうではないのだが「この人は真面目で、現代短歌と近代以降の短歌のかけ橋の役割をする人になるかもしれん」なんて思った。氏の作品の好みは置いておいて、問題の立て方が自分の身の丈に合わせていて誠実なのだ。


 感想は疲れるからこれ以上書かない。会が終わってから、文さんとお茶をする。昨日「短歌人」の高瀬賞ことに触れたけれど、文さん本人のところにはまだ届いていなかったらしく、先走った情報公開になって失礼をしてしまった。シンポジウムは考えるところを得たが、短歌の論ではなく、作歌している文さんとの生の思いの話はやはり心に届く。ありがとうございました。





水 無 月 の 雨 に う た れ て 花 の 堕 つ そ の く ち な し の 意 志 の 錘 よ




みなずきのあめにうたれてはなのおつそのくちなしのいしのおもりよ






只今のながらCD

BERLIN / LOU REED
[PR]
Commented by at 2008-06-29 12:18 x
こちらこそありがとうございました。
チョコレートケーキ、ごちそうさま。
雑用を片付けて、さて、もう一寝入りしようかな(^_^;

意志の錘で落ちるくちなしになり損ねた文ではありまする。
ジャニス・ジョプリンを聴きながら、
Commented by パンタタ at 2008-06-29 14:11 x
文さんへ
午前中、自治会の会合でした。
私も、もう一寝入りします....(v)o¥o(v)
by alglider | 2008-06-28 20:18 | 短歌 | Comments(2)