遅い帰宅 + 短歌

f0100480_21331649.jpg


23:53

 帰りが


 遅くなった。先日、お金を貸した芸術家が「今日、どうしよう?」とメールを送ってきて、返済だと知った。この前の居酒屋で、しばし短歌の話をする。居酒屋の女主人の M ちゃんが、うちのお母さんも短歌作ってるというので、おお、マイナーな人がここにも、と驚く。お母さんに読ませるから、雑誌が出たら教えて、ということになった。ありがたい。救済の輪である。


 遅い電車に乗っていたら、お咲きさんとばったり。「何でこんなに遅いの?」と尋ねると「本屋で三時間ほどねばっていた」という。ついで、昼から仕事を休んで、インディ・ジョーンズを見てきたと言う。うう、先を越された。





お題「蜻蛉」

川 蜻 蛉 か つ て 文 月 失 ひ し 夏 の 喪 章 の 羽 根 を 休 め り




かわとんぼかつてふみづきうしないしなつのもしょうのはねをやすめり







只今のながらCD

ONE LIVE BADGER / BADGER
[PR]
Commented by マリア at 2008-07-19 06:49 x
月光ってアマゾンとかで買えるのですか?
マイリードで読めるかもしれないから !(^^)!
Commented by パンタタ at 2008-07-19 09:32 x
マリアさんへ
ああ、マイリードというのはスキャンによる音声変換なんですね。
ネットの販売はまた連絡しますです。
Commented by テキーラ at 2008-07-25 22:02 x
知識不足のせいでしょうか、この歌がよくわかりませぬ。
すいません。
Commented by パンタタ at 2008-07-25 23:00 x
テキーラさんへ

川蜻蛉を知ってますか? 羽根が黒くて、細い繊細なトンボ......
あれを知らないと、まずこの情景はイメージできません。
すんません。
by alglider | 2008-07-18 21:33 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧