ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

中古 CD 屋戦利品 + 短歌

f0100480_2232451.jpg


23:42

 今日は無事帰宅


 しましたが、ニュースでは東京が激しい雷雨で電車などが止まっているとか。横浜のわが娘さんは大丈夫かしらん。ま、そんなことは置いておいて、金曜日がお給金の日だったので、寄り道して中古 CD 屋へ。


 表のワゴンセールをじっくり探して、MORRISSEY の[ BONA DRAG ] 、DAVID BOWIE の「 EART HL I NG 」 各500 円、そして解散した HIPGNOSIS のリーダー格だったSTORM・THORGERSON がジャケットデザインしたTHE CRANBERRIES の[ BURY THE HATCHET] 300円、いやー、ええ買い物です。そして店内に入るとKANSAS の[ POINT OF KNOW RETURN] が1300円であったので購入。計、2600円也。満足。


 やねうらねこさんが主宰している「そののち歌会」に提出した歌が下記。参加した人からの感想の中に「万国旗」としたかったのではないのか? わざわざ「万国の旗」なら「世界中の国」と強調したい意味合いがあって作者の思いはどちらなのか? という感想があった。確かに私が路地裏で見たものは安っぽい「万国旗」だったのだが、それは歌になるきっかけのようなもので、以前から「なぜ国には旗があるのか? また必要なのか? 世界には国旗のない国はないのか? 人はなぜ旗という象徴を必要とするのか? そもそも旗とは何ぞや?」という思いが重なってきて、どーっと「旗あることのさびしさ」みたいなものに感情がなだれ込んでいったのだった。


 「旗」というものはなかなか私になじんでくれない物で、さびしさの象徴のように思えるものだ。国ばかりではなく、プロ野球でもJリーグでも、大きな旗が振られているのを見ると、なんだか気持ちは沈む。だから「万国旗」にしたかったのではないのです。物と意味とイメージは重ね合わせましたが。と、ここに書いておきます。





色 褪 せ た 風 吹 く ば か り 万 国 の 旗 さ び し く て 路 地 裏 真 昼




いろあせたかぜふくばかりばんこくのはたさびしくてろじうらまひる







只今のながらCD

POINT OF KNOW RETURN / KANSAS
[PR]
Commented by Joe at 2008-07-30 02:57 x
なんといふことでせう!
同じ横浜市内でも、中心部は大雨でしたが、
やはりボクのところは降りませんでした。
庭木が悲鳴をあげてます。
明日は降ってくれぇ~~


さて、パンタタさんのお歌に返歌を…

・身を捨つる祖国は確かここにあり重き国旗はわれ振り得ずも

寺山修司の本歌どりですが…
ボクは結構古い人間なので、日の丸も君が代も違和感なく受け入れてます。
でも、右翼ではありません。『九條』は守る派なんです(笑)
Commented by パンタタ at 2008-07-30 21:08 x
Joeさんへ
降りませんでしたか......残念でしたね。
私は、日の丸とか君が代とか関係なしに、
国旗とか国歌とかが性に合わないというか、
何か遣る瀬無くなります。
Commented by すずぼん at 2008-07-30 22:08 x
おお、そのようなことでしたか。
自解ありがとうございました。
Commented by パンタタ at 2008-07-30 22:33 x
すずぼんさんへ
すみません、ちょっと恥ずかしいことを書きました。
オリンピックとクライマックスシリーズ
うっとおしいですね。
by alglider | 2008-07-29 22:03 | 短歌 | Comments(4)