白夜 + 短歌

f0100480_206184.jpg


23:52

 贅沢


 だとは思うが、秋の気候になってきて、もう少し日がながければな、と思う。最寄駅に帰り着いて、今しばらく明るければ、さわやかな秋風の中を散歩して、写真などを撮るのになあ、と思う。経験したことないから分からないが、白夜の秋ならどうなんだろう........


 明日の仕事を終えると五連休である。迷惑のかからぬように、区切りをつけておかねば。残業ですな。真夏に休みを取らなくてよかった、としみじみ思っている。夏バテだったが、頑張った甲斐あり。あてどのない休みの楽しみを満喫しよう。買い込んでいる本の読破になるかもしれないけれど、その方向に気分が向かったら、公園のベンチで読む。






白 夜 に 彼 岸 花 咲 き い つ ま で も い つ ま で な の か 思 ひ め ぐ ら し

しらよるにひがんばなさきいつまでもいつまでなのかおもいめぐらし




白 夜 に は 彼 岸 花 咲 き い つ ま で も い つ ま で な の か 思 ひ め ぐ ら し

びゃくにはひがんばなさきいつまでもいつまでなのかおもいめぐらし






白 き 夜 に 彼 岸 花 咲 き い つ ま で も い つ ま で な の か 思 ひ め ぐ ら し



しろきよにひがんばなさきいつまでもいつまでなのかおもいめぐらし







只今のながらCD

THE CONSTRUKCTION OF LIGHT / KING CRIMSON
[PR]
Commented by くも at 2008-09-10 07:31 x
おもしろい歌だとおもいます。

ただ、「しらよる」という日本語が存在するんでしょうか。
「びゃくや」と読んでしまうんでは。
Commented by パンタタ at 2008-09-10 08:07 x
くもさんへ
存在するかどうかは、くもさんが指摘してくれるかなっと思ってたんですが、
これでは、難しいようですね。
あっても何かいい雰囲気なんですが、作ってしまいましょうか?
「白夜には=びゃくやには」ぐらいにしましょうかね。
へへ、半確信犯ということで。
Commented by at 2008-09-10 09:20 x
このところ、歌集・家歌書が読めないので、小説にしようかと、図書館に行って、村上春樹を借りてきました。
読んだ事なかったの。
読めるかなぁ。

「白き夜」は?
Commented by くも at 2008-09-10 11:12 x
確信犯ね。文さんの言うように「白き夜」でも。

文さん。「ダンス・ダンス・ダンス」おもしろいですよ。
Commented by パンタタ at 2008-09-10 22:50 x
文さんへ
村上春樹ですか、私も熱烈なファンではないから、
すべては読んでません。
「パン屋襲撃」とか「スプートニクスの恋人」とか、
あと何だったかなあ、短・中編が好きです、私は。

「白き夜」ですね、そうしましょう。
Commented by パンタタ at 2008-09-10 22:51 x
くもさんへ
「白き夜」、そうそう、言葉を開いたほうがいいですね。
失せもの出てきましたか?
by alglider | 2008-09-09 20:06 | 短歌 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧