ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

秋の光 + 短歌

f0100480_1731612.jpg


23:48

 午前、


 アル中病院へ向かう。田舎路線の田舎駅のホームの一番後ろへ行き、柵にもたれかかり煙草をふかす。目の前の線路は、ゆるやかに右にカーブを描いていて、その上を高架バイパスが通っている。猛暑で飴のように曲がった鉄路が、秋の陽射しを受けてじんじんと錆びている、というのは私の幻想である。駅は谷の底にあって、右肩の上には、梅の木があり、左肩からはノウゼンカズラ(まかやき)が紅紅と降り注ぐように垂れ下っている。鉄路の曲がり際に信号があって、青く灯っている。


 秋の光のなんと穏やかでセンチメンタルなことよ。まかやきの紅も梅の葉も信号の青も、すべてが穏やかな色合いで、現のこととは思えない。この穏やかさと、現と思えない儚さの理由はすべて光の中にある。あるが、それはつかめない。つかめないけれど、それが命というもので、私は、天高くけむりをふかしている。


 ふらつくので血圧を測るが正常、やや低いぐらい。点滴を受けて、ダーウィン展へ。展示はささやかなもので、文字ばかりの展覧会という印象。夏休み、子どもたちもやって来ただろうが疲れただろう。小学生だったら漢字自体が難しかっただろう。それにしてもアメリカでは進化論を信じる人が50%、というのには驚いた。テロとの戦いは原理主義者同士の戦い、ということになる。ま、ずっとそうなのだけれど。






鉄 路 に は ま か や き 紅 く 降 り 注 ぎ ど こ へ 行 け と 言 ふ 青 信 号




てつろにはまかやきあかくふりそそぎどこへいけというあおしんごう







只今のながらCD

REAL LIFE / MAGAZINE
[PR]
Commented by NEU!(ノイ!) at 2008-09-14 06:15 x
アメリカでの進化論の話と云えば、
クラレンス・ダロウが弁護をした「進化論裁判」が有名ですが、
その話を中学生の頃に知り、ううむと唸った覚えがあります。
Commented by パンタタ at 2008-09-14 14:16 x
NEU!さんへ
スコープス事件のことですね。
有名だけど、過去のものと思っていたら、
最近でも、インテリジェント・デザインという考え方のもとに
生物の教科書の裁判があったようです。
by alglider | 2008-09-13 17:03 | 短歌 | Comments(2)