日帰り強行軍

f0100480_1850854.jpg


23:35

 朝の早うから


 日帰りバスツアーに出かけた。行ってみたかった馬籠宿、妻籠宿である。馬籠は昔の風情を残して改装されたお土産通り。妻籠もお土産通りと言えば、それはそうなのだが、まだまだ江戸の宿場町を残す街道だ。中津川市の馬籠から一時間ほど中山道を歩き、馬籠峠へ至り、生まれて初めて長野県の地を踏む。たまちゃん、こんにちはの一瞬だったが、たまちゃんは知る由もない。


 小諸なる古城のほとり
 雲白く遊子悲しむ
 緑なすはこべは萌えず
 若草も籍くによしなし
 しろがねの衾の岡辺
 日に溶けて淡雪流る
 

 で、馬籠では本陣の出の島崎藤村の資料館を訪ねる。作家には珍しく、原稿用紙に楷書が並ぶ。几帳面な人であったのか。島崎藤村歌留多というのがあって、これが面白い。「へそも身のうち」とか「雪がふれば犬もうれしい」とか「西瓜丸裸」とか……歌留多の図案は岡本一平氏。当時の交流関係がしのばれる。


 何せ、信州南木曽までの日帰り強行軍だし、その上歩く行程もあって、かなりお疲れである。この秋に曽爾高原へ芒も見に行きたいと思っているのだが、どうなるか……とりあえず明日の仕事をこなす。今日一日が終わりそうだから、明日一日ということで。






只今のながらCD

A NIGHT ON THE TOWN / ROD STEWART
[PR]
Commented by office-nekonote at 2008-09-24 23:29
パンタタさん、こんばんにゃ。
木曽までいらっしゃっていたのですね。
そちらから日帰りではお疲れでしょう。
もしかしてソースカツ丼など召し上がりませんでしたか。
南信の名物でございます。
木曽のほうは不思議な食べ物がたくさんあって面白いです。
ちなみに、私、藤村はいささか苦手です。(=^‥^=)∂ ぽりぽり
Commented at 2008-09-24 23:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by パンタタ at 2008-09-24 23:45 x
たまちゃんへ
ええ、初めて長野の地に入りました。
ソースカツ丼は食べずに、関西にはないもっと素朴なもの
「おやき」を初めて食べました。
和製中華まん、てなかんじですね。
お咲きさんは野沢菜、私はシメジのおやきを。
おいしかったです。
私も藤村が好きなわけではありませんが、
結構ユーモア(歌留多ね)もある人なんだなあ、って意外でしたよ。
Commented by パンタタ at 2008-09-24 23:47 x
非コメさんへ
あっ、こっちも送るものがあるのですが、
忙しさにかまけて忘れてた。
送りまっさ。大したもんやないけど、って困ったことは大阪弁で
誤魔化す。
by alglider | 2008-09-23 18:50 | 日々是口実 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧