「ほっ」と。キャンペーン

金木犀 + 短歌

f0100480_19545084.jpg


23:32

 金木犀


 の香が漂っている。日曜が雨だったので、月曜の朝から急に香るようになった感じがする。四年前のいまごろはアルコール専門病院に入院をしていて、院外へ散歩にでたらよく金木犀が香った。だから、この香を感じると入院時を思い出す。その当時を思い出して、二年前ほど前(?)に作った歌が下記。台風一過の後の散歩だった。これは捨てられない歌になった。




野 分 け  惨  坂 一 面 の 金 木 犀 ル ビ コ ン 川 を だ ら だ ら 下 る




のわけ ざん さかいちめんのきんもくせいるびこんがわをだらだらくだる







 帰宅途中、タワレコに寄る。ポイントが3000円弱貯まっていたので、利用してMAGAZINE の2nd「SECONDHAND DAYLIGHT」を購入。紙ジャケシリーズしか見つからなくて、少々高く、迷っていたCD だった。ポイントを使って手元に置くことにした。






半 分 捨 て て ホ ー ム の 端 に も た れ を り 鉄 路 消 え ゆ く そ の 先 の 月





はんぶんすててほーむのはしにもたれおりてつろきえゆくそのさきのつき


次の日(10/10)読み返す。何故こんな歌を作ったんだろう。駄目。



只今のながらCD

SECONDHAND DAYLIGHT / MAGAZINE
[PR]
by alglider | 2008-10-09 19:54 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧