「ほっ」と。キャンペーン

文さんと会う + 短歌

f0100480_19313125.jpg


23:58

 ネット


 で知り合った短歌友達の文さんと、岡井隆さんの講演へ。文さんとお会いするのは4回目だ。関西で歌会や講演会があれば、機をみてお会いする。ブログにも書かれていたように、大分と治まったようだが、時々咳をされる。体調が悪いのに付き合ってくださり恐縮。


 さて、講演のことを書いたほうがいいのだろうが、特筆することはない。膨大な知識、体験の中から選んだ一つまみの一般的なことと現在の短歌状況論。過激なものではなく、たんたんと事実報告の風であった。やっぱり戦後の短歌史そのもののような人だから、もっと際立った個的な創作にかかわる話が聞きたかった。だって演題は「岡井隆 自らを語る」だったのだから。ただ、毎日数首を創作されているようだ。とても傘寿とは思えない。せめて私、一日一首で頑張っていこうかと……..







花 の 名 は 知 ら ね ど 手 折 り 霜 月 の 供 物 と な さ ん 宿 痾 の 窓 辺




はなのなはしらねどたおりしもつきのくもつとなさんしゅくあのまどべ








只今のながらCD

天架ける橋 / 古謝美佐子
[PR]
Commented by くも at 2008-11-02 09:33 x
文さんとはいちどもお会いしたことありません。
パンタタさんともテキーラさんとも、そうですけど。

わたしは、いちど岡井隆の講演を聞きました。
高円寺のカフェです。
平成4年ころです。

そこには穂村弘や水原紫苑もいました。
Commented by パンタタ at 2008-11-02 11:16 x
くもさんへ
テキーラさんとも会ってないんですか?
東京同士なのにねえ.......ネット上のあの軽妙なやりとりだけですか、ふーん。
平成4年といえば、岡井さんが64歳、60代でも若いなあという感じですね。
Commented by paw at 2008-11-02 20:21 x
お帰りなさい、パンタタさん
私も講演に行きたかったですショボン。

岡井さん、余り自分のことは語られなかったのですか。
もう過去のことを語られても、よいお齢にも思えますが。
Commented by パンタタ at 2008-11-02 20:46 x
pawさんへ
岡井さんね、短歌に戻ってこられた
「鵞卵亭」あたりの話をしてくれたらなあ....
「そして暗澹」の時代。
Commented by すずぼん at 2008-11-04 15:39 x
あ。金本兄貴。。
Commented by パンタタ at 2008-11-04 20:48 x
すずぼんさんへ
今日(11/4)は、今岡にしてみました..........^^;
by alglider | 2008-11-01 19:31 | 短歌 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧