不調なりに嘆息する

f0100480_1753371.jpg


23:41

 今日は


 文化の日だからということもないのだけれど、曇天の中、お咲きさんと世界遺産、法隆寺まで出かけた。ひがし大阪線というのが開通して、奈良がすごく近くなり、一時間ほどで行けるようになった。出かけたのはいいのだが、朝食をとらずブラックの珈琲一杯だけだったもので、たぶん低血糖状態になり、なんだか身も心も宙に浮いている感じで、頭もぼーっとして、脂汗がでる。


 寺の休憩室の自販機にあったポタージュスープを飲んで、少しましになった。小学校低学年の遠足で法隆寺には行っているが、夢殿の印象しか残ってなく、狭い寺だなあと思い込んでいたのだが、なんと広いこと。そこで百済観音像に出会う。まさしく出会うという言葉がぴったりのじんわりすばやく心に入り込む感動。美しい。見とれること30分。はあ、嘆息。このように美しい姿があったのか、と思う。


 像の上から下に流れるラインの抑揚が柳眉で、どこかアールデコも思わせる。像全体が優雅に脱力しきっている。背中から腰、脚へのゆるやかな逆Sの字の立ち方が素晴らしい。脱力して優雅なのにどこか毅然とし神々しい、おっと仏様だった。仏仏しい? 写真を買おうと思ったのだが、これがまた、どうしたらこうも、あの美が破壊できるのかという散々なもので、クレームを付けようと思ったぐらいで、結局購入せず。おとなしいお咲きさんも「これはあんまりや」と。もう一度、あの百済観音には会いにいく。ダダイスト詩人高橋新吉さんや歌人宮柊二さん、俳人細見綾子さんなどが作品を残している。百済観音と呼称したのは和辻哲郎さんとも言う。


 ま、それでひさしぶりにまったきの美というものに出会ったのだが、相変わらず体は不調で、宙に浮いている。帰ってきて仮眠をとって、今の時間。はあ、明日の仕事を思えばこの体調ではやるせない。






只今のながらCD

ANGEL / ANGEL
[PR]
Commented by at 2008-11-04 07:41 x
あぁ、そういうため息が出るような美しいものを、もうしばらく見ていないような気がします。
今日は何時ものクリニックと、咳の病院とめぐらなきゃ。
Commented by パンタタ at 2008-11-04 07:55 x
文さんへ
知らずに行ったものでちょっと衝撃でした。
いつか奈良で全国大会があればねえ。
Commented by マリア at 2008-11-04 08:56 x
15年くらい前に宝竜寺に行ったことがありますが
正倉院と玉虫厨子しか覚えていません とほほ
そんなに美しいのですか?観音様
見てみたいですねぇ~ 
関西に居た頃はよく御寺や神社を訪れたのですが
長崎に来てからはほとんど行っていません
(-(T_T)
おかげん如何ですか? チョコレートとかキャンディー持ってるといいですよ !(^^)!
Commented by パンタタ at 2008-11-04 20:47 x
マリアさんへ
玉虫厨子もどこが玉虫の羽やら、もう古すぎて分からない。
以前はこんなんであったろうという見本が一つ置いてありました。
長崎も行ってみたい街です。お咲きさんは行ったことあるらしいのですが、
私は一度もなくてね。
ブドウ糖を持って歩くようにしますわ。
by alglider | 2008-11-03 17:53 | 日々是口実 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧