「ほっ」と。キャンペーン

2017年 02月 05日 ( 1 )

胃が優れない    一首

f0100480_14273164.jpg


16:41


も う す で に 褪 せ て ゆ き た る 赤 信 号 、 死 に 化 粧 の ご と 雪 は 降 り た り


もうすでにあせてゆきたるあかしんごう、しにげしょうのごとゆきはふりたり



 歌集の

 原稿をメールで送付して月光での編集作業を待ってる間、こちらは誤字脱字、変な表現はないか?と何回も見直しているのだけれど、ぽろぽろと瘡蓋がはげるように傷が見つかったり、表現に悩んだり(ほとんどループ)、文法の本を開いたりしてる。気をもむ案件が幾つかあり胃の調子が優れない。胃の調子が悪いと活力が出ないので、一日がだらだらとしたものになってしまう。ブログ更新もホントは邪魔くさい、笑。

 昨日は朝早くから2か月に一度の血液検査の日だったので、歌友の佐藤氏が受賞した近藤芳美賞(←クリック)の放送「NHK全国短歌大会」を録画予約して出かける。いつも嫁さんの目を盗んで短歌を詠んでいると嘆く氏であるが、会場には奥さんが来られていたようだ。これからもこっそり詠むの佐藤さん? 笑。


 そうそう血液検査で少~しだけ血小板の数が減っていた。ほんのリトルですが。平常値に比べるととんでもない数値ではあるのですが、レモン酢のおかげ?なんて勝手に思ったり。ま、診察が終わってから、思いついて、兵庫県美のアドルフ・ヴェルフリ展へ向かうことにした。


f0100480_16041423.jpg



        


 「アウトサイダー・アート/アール・ブリュットを代表する伝説的芸術家アドルフ・ヴェルフリ(Adolf Wölfli 1864-1930) の日本初となる大規模な個展を開催します。スイスの首都ベルン近郊の貧しい家庭に生まれたヴェルフリは、1895 年にヴァルダウ精神病院に収容され、そのまま66 年の生涯を終えました。しかし、彼はそこで、『揺りかごから墓場まで』、『地理と代数の書』、『葬送行進曲』といった物語の数々をつむぎだしました。そうしたヴェルフリの作品は全45 冊、25,000ページという目もくらむようなボリュームで、ほかに例のない驚異的な表現で描き出される奇想天外な物語はひとびとを圧倒しました」。兵庫県立美術館のホームページより。3月7日~4月16日@名古屋市美術館  4月29日~6月18日@東京ステーションギャラリー それぞれ近くのみなさん、超お勧めします。


f0100480_16313478.jpg

 兵庫県美に行くとたいがいこの螺旋写真を撮影する。館内の階段も古代ジグラドのようでカッコいいのだけれど、それはまたいずれかの機会にアップ。




 そんなこんな。






f0100480_1647278.jpg

只今のながらMUSIC
BRIGHT CITY / MILLER ANDERSON
[PR]
by alglider | 2017-02-05 14:27 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧