「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

如月廿八日滑り込み短歌

f0100480_20421512.jpg

f0100480_20421598.jpg






sutanka 一首更新しました 


カリエスの父の背中の超えられぬ海溝深く失せし肋骨




只今のながらCD

THE COCKNEY REBEL A STEVE HARLEY ANTHOLOGY DISC 1
[PR]
by alglider | 2007-02-28 20:42 | 短歌 | Comments(0)

さよなら如月、また来む小春

f0100480_1141564.jpg


11:29

 雨が上がって、部屋に陽が射し込んできました。

 今日で如月二月も終了。二月は逃げる、でしたか.......

 こう毎日、律儀に更新していると、疲れている今朝なんか殊更書くことが思い浮かばない。去年の弥生三月廿五日からこのブログを始めている。ずれ込んだ日もあったけれど、毎日更新してきた。もうすぐ一年(一念)でありまするるるる.........

 その間に、葉月八月に短歌のブログも始めた。これは、アルコール的脳のリハビリのためであります。んで、もうすぐ一年を記念して、suzumoreさんに対抗する意味でもアル中小説のブログを開設しようかと目論んでおります。以前書いた、原稿用紙で100枚ほどの短編がありますから、それを推敲しながら一週間に400字ぐらいのペースで100週間か、800字で約一年の連載か........と、そんなことも考えておりますです。



 寝ますですすすす..........zzzzzz






只今のながらCD

THE COCKNEY REBEL A STEVE HARLEY ANTHOLOGY DISC 2
[PR]
by alglider | 2007-02-28 11:04 | 日々是口実 | Comments(9)

映画に行ってきました

f0100480_10511947.jpg


19:43

 雨が降り出しました。雨ん中の出勤と相成りそうです。

 二月いっぱいまでの映画のチケットがあって、お咲きさんは仕事で行けそうもないので、アルラさんと見に行く予定を昨夜立てたのです。が、アルラさんが花粉症で唇が明太子状態になってしまってアカンと今朝言ってきたので、友人のロッカー、Dちゃんと映画を見に行ってきました。

 何をやっているのか、何が話題なのか昨日までは知らなかったのですが、昨夜アカデミー賞を『デパーテッド』が獲得したというので、それを見に行ってきました。デカプリオとマット・ディロン、顔が似ているので途中まで過去と現代が平行して語られる物語だと思っていたら、仇役同士の一本のストーリーでした.......(-"-;)

 ストーリーはこれからつまみ食いのようにメディアに流れるでしょうから置いておいて、まぁ、とにかく銃殺の生々しいこと。銃撃戦なんか子供の遊びという感じで、至近距離から撃たれて脳がふっとんでいきます。すぐに血溜まりができていきます。15R指定の意味がよく分かりましたが、52歳になったオッサンにもキツイ映像でした。最後は気が重くなって映画館を後にしました。銃は規制せなあきませんわ、エゲツナイです。殺人という単純なことではなく死に対する捉え方の冒涜です。これがリアリティを持っていることに暗澹たる気分になりますです。はい。

 音の方は、さすがにブルースのドキュメントを撮ったスコセッシ監督だけあって、出足はストーンズのギミー・シェルター、途中でオールマン・ブラザーズ・バンド、ジョン・レノンと中々楽しめましたが、アイルランド移民の話も絡んでいるので、一曲だけ使われているアイリッシュサウンドが気に入りましたです。



 件の悩める御仁はリストカットだそうです。でも、それは何日か前のことで、今日は比較的元気な声でした。抽象的なことしか書けませんが、「まぁ、しんどいことには戦わず逃げた方がいいかもよ」と言って、[あなたを必要としている女性]のいる場所は[飲酒]と二重の誘惑だよん、と昨日このブログで書いていたことを伝えると「ええこと教えてくれた」と言いはったので、気付いていなかったようで、おせっかいかな、と思って言った言葉でしたが、よかったと思っていましたです。


 角川の『短歌』と短歌研究社の『短歌研究』、共に三月号に辰巳泰子さんの新作が掲載されているので購入。で、やっぱり角田光代さんの文庫を購入、取り敢えず『トリップ』光文社文庫にしました。それと予定外で森博嗣さんの詩集なんてものが文庫化(中央公論)されていて立ち読みすると結構佳かったので『魔的』を購入。〆て2850円也。ちょっと散財癖が付いてしまっているなぁ.......締めていかなくっちゃ......(^ ^;)



 今から、晩ご飯の仕度をして、今夜は部活に行かなければばばばば.........したらばっ/







只今のながらCD

SUZANNE VEGA LIVE/SUZANNE VEGA
[PR]
by alglider | 2007-02-27 10:51 | 日々是口実 | Comments(1)

真似っこ の 真似っこ

f0100480_0514279.jpg


01:29

 たまちゃんと同じ本が書架にあったので載せました。

 今朝(正確には昨日ですが)の帰り道、コンビニで以前勤めていた出版社の雑誌を手にしてみた。当時の知ってる名前を探す、へて、意外なライターさんも見つけたりする。しばらく立ち読みしていて、文章が書きたくなった。「そろそろどうですか」とも声を掛けて頂いているところである。不安症も持病ということで対処法も分かってきたし、今年は原稿を載せよう。ささやかな目標にしようかなっと.........時間は売るほどあるから、じっくりと案と企画を練ろう。

 で、最近、物理と数学の本ばかり読んでいたので、物語が読みたくなった。本屋で角田光代さんを買おうかなって思って棚を見ていると、笠井潔さんの『熾天使の夏』講談社文庫、北村薫さんの『街の灯』文春文庫を発見してそちらを買ってしまう。『熾天使〜』は矢吹駆シリーズの原点となる小説らしく迂闊にも知らなかった。お咲きさんに「いつの間に出てたん?」と対応の遅さを指摘されてしまった。『街の〜』では北村氏の久々の謎解きが楽しめそうだ。物語といえば物語だが、つい推理物に走ってしまう私でありました。たはっ。

 下の更新で書いた「必要とされていない」だけれども、その人は私のような立ち飲み、自販機酒ではなくて、結構お値段の張るクラブなどで飲んできた御仁である。電話で聞いた限りの今の段階では、限り無くお酒が近付いて来ている。お値段の張るクラブで働く女性達は彼を「必要としてくれる」に違いない。飲酒欲求に「必要とされたい欲求」を満たすものとしてその場所はある。非常に不安である。





只今のながらCD

water mark/enya
[PR]
by alglider | 2007-02-27 00:51 | 日々是口実 | Comments(3)

必要とされていない

f0100480_11121168.jpg


19:31

 三寒四温ですね。

 仕事から帰ってきて2時間ほど寝て、初恋の人へ手紙を書いて郵便局回りで買い物へ。すでに紅梅はこぼれ始め、白梅が咲いている。郵便局への近道、府営公団の公園にはもう菜の花も咲いていて蜜蜂がホバリングしていた。今日はすっかり春の陽気、Tシャツでの散歩である。

 で、悩み多き人たち二人から携帯に電話をもらった。一人はK子さんで、火事騒ぎの後の鬱が心配だったのだけれども、現在鬱でもなく躁でもなく、何となく身体が動かない状態だという。それだけで良しとせななぁ、何てことを話しながらの定期連絡である。私は元々音楽をかけっぱなしのながら族なのだが、不安症が持病化した今となっては、音楽がこんなにありがたいと思ったことはない。言葉・論理ではないから感情を直接癒してくれる。FMなどをかけっぱなしにしていると、ふと耳に届く知らない音楽の旋律に安らぐ時があるのである。で、K子さんにもゴロンとベッドにしているのならFMでも流していた方がええよ、なんて言ってみると、ほんなら、今からスイッチを入れるわ、ということで携帯の電源を切った。
 

 で、もう一人は、私より三つほど年上の断酒会員の男性である。娘さんが私の娘さんと同い歳なので割と話をする方である。この四日間毎日電話がかかってくる。調子が悪いのである。んで、

 「俺なんか、誰も必要としてない」

 なんて物騒なことを言い出すのである。必要とされていなくても、時々面白いことがあれば私なんかは生きていけると思うのだけれども、鬱に入っている人には通用しない。でも、必要とされる喜びは確かにあるだろうけれど、必要とされへんから生きていけないなってことはないので、必要十分条件ではないのであるから、で、「私なんか全く必要とされていません」と言った。それでも必要とされることを目指すなら些々なことでよいから必要とされることを自ら作る以外にないのである。娘さんが同い歳だから、必要とされるときにはお酒で狂っていたことは容易に想像できる。だから、今になって「必要とされていない」の嘆き節は通用するまい。虫がいい上に自分のハードルを高くしていては、そりゃ、しんどい。

 で、一旦電話は終わったもだが、夕方にもう一回かかってきた。

 「どうも、自殺願望が消えないから、入院しようと思う」

 またまた、物騒である。うろたえるばかりで、何も適格な意見なんか持っていない私にかけてくるかなぁ、なんて思ったのだけれども、長い期間断酒されて再飲酒した時に、断酒会員から「断酒会なんか止めてしまえ」との惨い手紙を貰ったことがあるというから、いい加減な断酒会員の私あたりがちょうどよいのかもしれない........。「取り敢えず、今から、(通っているアルコール依存症専門病院)先生の所に行ってください。それから入院の相談をしてください」と言った。アルラさんも知っている人で、最近ちょっと変だよなぁ、なんて言っていた。アルラさんに電話をすると(一回目の直後)[また、甘えてるなぁ](多々、そういうところが見受けられる人なのである)ということで意見は一致したのだけれど、人は甘えでも死ぬことができるから、難儀である。電話の声は冷静だったから、大丈夫だとは思うのだけれども、「明日も電話するわ」と言ってはったから電話待ちである。


 お酒を止めて、季節の移り変わりや花々の美しさに気付きました。お酒を飲んでいる時は見向きもしなかったのに、という話を例会なんかでよく聞くけれども、それはそれとして、論理ではない方向へお酒断ちが向かわせることは確実にありそうだ。

 
 そうそう、アルラさんの名前が出てきたところで、アルラさんは今花粉症で悩んでいます。で、唇が切れて笑うと痛いのだそうです。みなさん、アルラさんのブログに面白いことを書き込みませふ......(●^o^●)/





只今のながらCD

TEARS ROLL DOWN(GREATEST HITS 82-92)/TEARS FOR FEARS
[PR]
by alglider | 2007-02-26 11:12 | 回復過程 | Comments(0)

狐火

f0100480_1093051.jpg


10:51

 9時過ぎ帰宅。

 今日も夜の倶楽部活動なので、仮眠しますが.......何か少し書こうっと。

 時々書いてますが、私のマンションから駅に出るには裏手の山道を行くと近いのですが、街灯がぽつんぽつんとあるばかりで、結構陰気であります。で、私は夜に出かけるものですから、帰ってくる人とすれ違う。それが、携帯を見ながら帰ってくる人が多いものですから、下から懐中電灯を当てた幽霊状態のような人が、そのぽつんぽつんの陰気な山道を来るわけです。狸も狐も棲息する山道ですから、それはそれは、初めて見た時は狐火かと気色悪ぅございました。携帯の光り青白いのん多いし、マスカラ浮かび上がるし、黒いコートなんか来ている人だと、ほんまボワァーッと青白い顔だけが狐の迷い火のように見えてかないまへん.........あぁ、こわっ......

 では、おやすみなさい......zzzzz




只今のながらCD

ProjeKct One Live at the Jazz Cafe
[PR]
by alglider | 2007-02-25 10:09 | 日々是口実 | Comments(11)

どうも記憶が交錯するなぁ........

f0100480_9362793.jpg


19:32

 久しぶりのクリニックへ。

 [改悪]自立支援法の更新手続きをしなければならないのと、お薬が切れたので、久しぶりにクリニックへ行ってきました。「今週中に更新に来てね」とメッセージが留守電に入っていたのである。土曜だから今週中なのであるが、ギリギリだったものだから「わぁ、来てくれたぁ」と事務長に言われてしまった。で、「スンマセン、お酒止めるのに忙しかったもので」という考えていたギャグを言う間もなく、事務的に更新の手続きは済んでしまった。

 で、話は変わって味噌汁である。今日はマイ断酒会の昼例会があったから、帰ってきてから作った。思い出すと、少し前までは、お咲きさんの役割分担だったのだが、気紛れに作って「美味しい」と乗せられてから緩慢にずるずると依存症のように私の家事となった。んで、今日は頂き物の[味えのき]という太目で大振りのえのき茸をどばっと味噌汁に放り込んだ。これが「旨い」のである。しゃきしゃきと歯応えがある。近所のスーパーで見かけるへなちょこえのきなんて、二日間蓋を開けたままにしてベランダに放置し、ぬる燗になったバドワイザーのように頼り無く感じる。[味えのき]というぐらいだから風味もある。わずかだが味噌汁自体にも出汁が出ている。う〜ん、今まで食っていたえのきは、もう噴飯、論外ものだな。お咲きさんも「美味しい」と大満足。ちょっと衝撃でしららららら........

 ほんで、さっき昨日と今日と記憶が交錯しているのに気付いた。一日一日が確実に過ぎって行っていない。どこか、ぼわん、と捩じれている。まずいなぁ.......少し計画的でリズムのある生活をしなければ、いくら誠実であっても目の前のことをこなしているだけでは、昨日と今日の区別がつきにくくなる。誠実さは必要だけれども、それだけではだめなんですね、それがどこかに繋がっていかないと、難しいなぁ、回復って.........とほほの






只今のながらCD

BREAK DOWN LIVE/BREAK DOWN
[PR]
by alglider | 2007-02-24 09:36 | 日々是口実 | Comments(2)

Untitled → (一汁)一菜

f0100480_1114530.jpg


16:26

 アルラさんと話した直後から頭痛がひどくなり昼寝をしていました。


 マイ断酒会の日です。今からご飯のタイマーセットして出発。続きは帰ってから遅くにしますです。
最近アクセスが増えているのですがオフ会とかに参加したからかなぁ......?
 新しい人の書き込み待っていますね............


 したらばっ...../






只今のながらCD

BACK STREET CRAWLER/PAUL KOSSOFF


23:23


 断酒会の例会から帰ると、最近帰宅の遅いお咲きさんが帰ってきたところだった。

 「味噌汁作ろうか」と訪ねれば

 「今日はいいわ」という返事。

 一汁一菜ならぬ一菜だけの食事を二人でする。頂き物の野沢菜で白米 + 発芽玄米 + 雑穀ご飯をぱくぱく。シンプルな食事を続けていると、錯覚かも知れぬが健康になっていくような気がする。獣肉類もほとんど食べないし、揚げ物などの脂もほとんで摂取していない。肉といえば、もっぱら魚だし、サラダはあまり作らないけれど、その代わり味噌汁にどっさりと具を入れる。美味しい大根が手に入った時はまた格別である。二日前に九州の「まぼろしの味噌」というのを電話注文したから、届くのが楽しみである。




今日の一文

きみが歌うクロッカスの歌も新しき家具の一つに数えむとする      寺山修司


*結婚した時にこの短歌を切り抜いてテレビのカバーガラスの内側に張り付けた。今もそのテレビはあるけれど、リモコンが壊れてしまった。歌の書かれた紙は茶色く変色した。一人暮らしからのテレビだから25年ぐらいになるか.......まだ映ることは映るから随分な長生きである。この気持ちも長生きさせたい(させる)。






只今のながらCD

THE BEST OF JAPAN/JAPAN
[PR]
by alglider | 2007-02-23 11:01 | 日々是口実 | Comments(6)

デートの顛末 2 + 短歌

f0100480_1126715.jpg


16:01

 徹夜明けで、その日が休みならば起きてあれやこれや用事の日々です。

 天気が良いので、久しぶりに自転車に乗ることに決め、そこかしこ見て回って来ました。新しい家がぞくぞく建築中であります。建築中の家を眺めるのがいたって好きであります。「あぁ、家が建つ、家が建つ、僕の家じゃないけれど........」。明日からお天気は下り坂だというけれど、今日なんかはホンマ春遠からじ、の風の中でした。



 で、昨日からの続き........

 BEATNIKSさんは、4年ほど前に帰国した折のパーティーで、私の酔い方を見て「まともじゃない」と思っていたらしい。私は暴れたりはしないから、回りから「(態度、口調、話が)変だよ」と言葉で言われない限り分からないし、まぁ、よっぽどでない限り、宴会の場でそう切り出す人もいないものだ。BEATNIKSさんは「目が座っているし、もう、まともな話ができなくなったのかなぁ」と思っていたという。でも、それがアルコール依存であるかどうかは知らなかったみたいである(多分)。それを聞いて、「ひどい思いをさせていたんだなぁ」としみじみ回転寿司屋で切り身をさらす鮪のように悲しくなってしまった。8年前には、既に医者からアル中の宣告を受けていたにもかかわらず、私は全く意に介せず飲み続けていたのである。自分を愛おしく思っていないのだから回りの人を愛おしく思えるわけがない。まぁ、まだまだ落ちていける高度を保っていたといえば保っていたのだ。が、その落ち続けていく姿を一年毎に見せ続けてきたのである。溶けていく角砂糖を見ているお咲きさんとはまた違った意味で、会う度に大きな変貌、落差を見せつけられて、がっかりして、落胆していたのだと思うと、こうやって会って冗談も交えて笑いながら話していることが奇跡のようなのである。


 入院を決意した経緯やら、アルコール依存の症状や回復のことを話し込んだ。BEATNIKSさんは去年「社会から切り離されて、孤島にでも行かなければ治らないと思っていた」と言い、私は「社会の中でアル中になったのだから、社会の中でしか止まらない」なんてことを言っていた。そのことが頭に残っているようで、今回もそんな話をした。また、BEATNIKSさんの旦那さんが「よう止まらはったなぁ」と言って涙ぐんだ、という話を聞いた時には、腰が抜けそうなほどに私は驚いた。裏切ることができる人がいる限り、もう、裏切られないのである。見捨てられる前に底をついた。比較的浅いポイントで底つきできたことは、今から思えばこういう人々に支えられた縁なのであるなぁ、と思う。そのターニングポイントはまたいつの日にかのお話。


 んで、夕方から用事のあるBEATNIKSさんを駅まで送っていった。別れ際に、


 「飲まないでね」


 と言われた。


 私は実に脳天気で現実感の薄い、幻のような世界に生きている人だから、このような映画の一場面のような言葉にすぐ、ほろっ、ぐさっ、ときてしまうのだった。お咲きさんには「今どきの人やない」と言われる始末ですんで.........


 「飲まへんよ」


 と言って(そうとしか言えまへんがな)、別れた。帰り道、何だか無性に人畜無害な音楽を聞きたくなって、中古レコード屋に寄ると、
ノラ・ジョーンズの1stが安く出ていたので、似合わないけれど買ってしまった。記念である。



 *こらっ、日々迷惑をかけてきた嫁はんはどうなんねんっ! というツッコミもあるでしょうが、そのことは、このようには書けない。
すんまへん悪しからず.....m(_ _)m





sutanka 二首更新しました 
 一首だけここに載せておきます。残りは sutanka へ飛んでください......



昼日中何することなく座りをり持て余しも取り憑かれもせず






只今のながらCD

come away with me/NORAH JONES
[PR]
by alglider | 2007-02-22 11:26 | 日々是口実 | Comments(8)

デートの顛末 1

f0100480_13334319.jpg


21:36

 21時間ほど寝ていました。

 昨日は徹夜明けで一睡もせずにデートを楽しんだものだから、今日は寝て過ごすことになってしまった。そんな予定ではなかったのだけれども、うつらうつらしている頭に、かけっぱなしのFMから聞こえて来るクラシックやポップスが気持ち良かった。ちょいと不安症もでかかったけれど、まぁ、何とかスルーした。寝ていると、こんなんで良いのかと、自責なのか不安が胃のあたりから湧いて来る。

 で、昨日は楽しみにしていたお好み焼き店[双月]に行ってみると休みだった。ナンタルッチャ! せっかくBEATNIKSを「旨い旨い」と驚かせようと思っていたのに。したらば、次のとっておきの店ということで、天神橋を三丁目から五丁目まで北上し、[千草]に行ってみると、何とここも休みみみみみっ! 天神橋お好み焼き協会は火曜日を定休としているのだろうかしらん、って、んとにもうっ! と、いうわけで阪急東通の[美舟]に向かう。が、途中で二人ともお腹が減っていたので[回転寿司]と相成った。まぁ、回転寿司もCOOL JAPAN が本場であるからにしてからに........



 結局は食べたのだが、初めBEATNIKSさんはピロリ菌の関係で生物は控えているという....

 「欧米人に多いんか?」って尋ねると

 「否、日本人に多い」と言う。

 ここで、私は、はたっと、BEATNIKSさんが10ン年アメリカに住んでいる日本人だと気付いた。

 「あぁ、あんさん日本人やったなぁ」というお間抜けな会話となってしまった。たはっ。




 そんなこんな、楽しいひとときを過ごしたのだが(今年二つ目のチョコを貰った。何故か、遠い地からばかりである)、もう四年ほど前から、私のお酒がおかしいと心配していたという話がBEATNIKSさんからでた............


 

 もう仕事に出かけなければならないので、アル中の話はto be continued.........





只今のながらCD

MOMSOON(Featuring SHEILA CHNDRA)
[PR]
by alglider | 2007-02-21 13:33 | 日々是口実 | Comments(10)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧