<   2007年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

蝉雑記 + 短歌

f0100480_20243017.jpg


22:56

 今日で文月七月も終わり。


 朝、駅に向かう遊歩道。蝉の鳴き声がいよいよ本格化してきた。蝉時雨とは良く言ったもので、体内時計で時間を知って鳴いている。帰宅する夕方や夜には、チッ、と一匹が鳴いたりして物悲しい。


 先日、その遊歩道のコンクリートを、えっちらほっちらと蝉の幼虫が歩いていた。自転車も通れば、私にように下を気にして歩いている人ばかりではない。「こらぁ、潰されてしまうわ」と、捕獲して木に掴まらそうとしたら、ぽたりと地面に落ちてしまった。ま、そこは柵を越えた草むらだし、あとは自力でお願いね。と、私のように出遅れた生き物に、私は優しいのだった。たはっ。

 八月葉月になったら中部短歌会と新聞への投稿作品を書かなければ.....





一年ほど前に作った歌

チッとベルを鳴らして夜の蝉が堕つ川田絢音の詩で七日過ぐ


ちっとべるをならしてよるのせみがおつかわたあやねのしでなのかすぐ







只今のながらCD

ANTONIN DOVORAK COMPOSITION FOR VIOLIN AND PIANO
[PR]
by alglider | 2007-07-31 20:24 | 短歌 | Comments(8)

冥福を + 短歌

f0100480_1911891.jpg


22:31

 思ったより静かな日だった。


 というのは、もっと選挙絡みの原稿に起こすことになるかな、って思っていたんです、が、私はその手の電話を一本も受けず。自民党大敗、と言っても、ひと昔の前の言葉で言えば「想定内」だったんだろうなぁ。


 職場には共同通信からのニュースが流れている。仕事をしながらでも、ふと、耳に入ってくる。入ってきた順に書くと、今日は、プロレスラーのカール・ゴッチさん死亡、春から癌闘病中だった小田実さん死亡、映画監督イングマール・ベルイマンさん死亡、と私の青春時代の巨人たちが次々と鬼籍に入られた。ご冥福をお祈りします。





母もの短歌推敲中


燃やすため一輪にぎるこの右手母はそのため吾を生まざるを


もやすためいちりんにぎるこのみぎてはははそのためあをうまざるを







只今のながらCD

BEAT/KING CRIMSON
[PR]
by alglider | 2007-07-30 19:11 | 短歌 | Comments(5)

欲望雑記

f0100480_16253057.jpg


19:57

 疲れた。


 午前中に参院選の投票に行った。近くの公団の集会所が投票所になっていて、近くの花壇に開花前の向日葵があった。初めて見た。解放的な大輪の花を咲かせる向日葵だが、蕾はびっしりと身を固くしてたじろぐ様子がない。開かないかな、と思ったが、その気配はなし。


 パソを見にヨドバシカメラまで出る。ついで散髪。ヨドバシは、まぁ、すごい人人人の波であった。目の前でパソがごろごろ売れていく。お咲きさんが、ニンテンドーDSを欲しいと言っていたので、在庫確認にゲームコーナーの5階まで行くがレジは長蛇の列。男の子二人連れたお父さんが買い物籠に[女性自衛官]のフィギュアを入れている。私にはまったく分かりません、の世界。選挙に行ってみて、政治の枠組みが少しは変わったとしても、この目の前の現実との接点をどう見つければよいのだろう......


 と、少しはまともな初老の感慨をもったのだけれども、要するに、欲望が足りないのである。欲望が足りない者は異邦人である。消費動向が景気回復の目安になるらしいが、そんなものはちっとも興味がない。欲望と満足の閉じられた円環をぐるぐる回っているだけだ。そんなものを発展と呼ぶ気もしない。その円環自体はまたさらなる円環を回り続ける。満足させるようにして渇望させるのだ。こんなに欲望をベースにした豊かさが肯定的に語られる時代があったかしら。


 棒切れで地面に円を描き「この円からいでよ」と沢庵和尚は宮本武蔵に言ったのだった。


 ヨドバシカメラの西側、旧国鉄のコンテナヤードの再開発が始まっていて、道が大きく変わってしまっていた。





只今のながらCD

THE POWER TO BELIEVE/KING CRIMSON
[PR]
by alglider | 2007-07-29 16:25 | 日々是口実 | Comments(6)

雑記 + 短歌

f0100480_17355634.jpg


18:44

 昼例会終了。


 例会終了間際に夕立ちがやってきた。司会で窓際に座っているから、ざーっ、ごごごご、と雨がベランダを叩く音と遠雷が聞こえてきた。終えるときに、「夕立ちがきています。お気を付けてお帰りください」と言うと「えーっ」とユニゾンで悲鳴があがった。ふふ。そんなんで驚かんでも、人のええアル中たちである。すぐ止みまんがな。通り雨でおます。


 夕立ちが通り過ぎるまで、会館のパソで「ジャパネット高田」のホームページを検索。パソ買い替え作戦である。お咲きさんも使いやすいように、ノート型の無線LANにしようと思うのだが、ネット上の説明では何がなんだかさっぱり分からない。理解能力なしである。富士通と提携しているわけでもないのだろうが、プッシュしている。Macからウィンドウズへの宗旨替えだから、デザイン的にはソニーのVAIOがいいのだけれども、ちと高くなるし、プリンターなどのセット販売をしていない。やっぱり、富士通か。でもFUJITUのロゴデザインの∞がわざとらしくて嫌いなんやけどなぁ。痛し痒し、イノチ短しタスキに長し。




母もの短歌さらに推敲中


形而上葬らむと添い寝するドライアイスの母は冷たき


けいじじょうほうむらんとそいねするどらいあいすのはははつめたき







只今のながらCD

THE POWER TO BELIEVE/KING CRIMSON
[PR]
by alglider | 2007-07-28 17:35 | 短歌 | Comments(4)

校正のこと雑記 + 短歌

f0100480_20101313.jpg


23:32

 まぁ、穏やかな一日だったかな。


 mixi での友人が、書き上げたばかりの自分の原稿を、直後に何度読み返しても、そのときは舞い上がっているから、よい推敲はできず、何でこんな文章を書いていたのと後で気付く(大意)、と書いておられた。まったくその通りで、書き上げた直後の校正・推敲はほとんど有効でなかったりする。


 しかし、私、時間に追われる仕事で、今日のものを今日中に出稿しなければならないので、深呼吸して読み直し、只今のところの私の問題点、文章の簡略化を行うのだが、やはり上手くいかない。ほとんど、翌日の最終校正で朱を入れることになる。長い間、くどくならない程度のくどさで読者サービスともいえる文章を書き続けてきたのだから、簡略化は少し慣れたはきたが、所詮、継ぎ木のような技術である。どっしりと構えて、時間をかければよいのだが、気が小さいので回りの目を気にして早くせねばと焦る。お咲きさんにこのことを言うと「丹田に力が入っていない」のだそうだ。校正・推敲には剛胆な感性も要るようである。無理やぁぁぁぁぁ........




母もの短歌推敲中


形而下に朽ちゆく身体を畏れつつわれ母を二度葬らむとす

けいじかにくちゆくにくをおそれつつわれははをにどほうむらんとす




形而上葬らむと添い寝するドライアイスのつめたき柩


けいじじょうほうむらんとそいねするどらいあいすのつめたきひつぎ







只今のながらCD

WARM AND COOL/TOM VERLAINE
[PR]
by alglider | 2007-07-27 20:10 | 短歌 | Comments(6)

正義さん + 短歌

f0100480_2053570.jpg


23:22

 残業だった。1時間ほどやけど。


 仕事上、いろんな電話がかかってくる。今なら、選挙と年金問題などが頭の痛い話である。得手不得手で言えば不得手なのであるが、内容に関係なく困るのは、正義を振りかざす人である。ご説ごもっとも、なんて思うものもあるにはあるが、諭す人の中には頼っている人や自らの手を汚さない人が多かったりする。そこまで力説されるなら、ご自分で行動しはったらどうですか? と問いたくなる。否、独りの力は知れている、と抗弁されるのだが、それならせめて「私、あれとこれはやってみました」と微力ながらの姿勢を見せるのが礼儀ではあるまいか。私は困ってしまうのである。「わ、わ、私に正義なんか説かれてもぅ.......」。正義を語るなら、まず伝わるように誠実でなければなるまい、なるまい、なまぬるい。



母もの短歌推敲中


路地裏をキリコのやうに帰りくる少女見おろし母も小さき


ろじうらをきりこのようにかえりくるしょうじょみおろしははもちいさき







只今のながらCD

THREE OF PERFECT PAIR/KING CRIMSON
[PR]
by alglider | 2007-07-26 20:53 | 短歌 | Comments(7)

クレーム雑記

f0100480_20313041.jpg


21:29

 クレームが来た。


 私の書いたコラムにクレームの電話がかかってきたという。直接電話を受けたわけではないから、ニュアンスが分からない。掲載したコラムをここに載せるわけにはいかないけれど、「主婦の労働開始時間」と「掃除をするおばさん」という言葉が気に入らなかったらしい。そりゃ文脈の前後関係でどうとでも憤慨することのできるセンテンスだろうが、私は[主婦の労働]にも[おばさん]にも愛着と敬意をはらって書いたのである。悪意はない。溌溂とした温かみのある文章である、読めば分かる、なのである。難しくもなければ、ひねったものでもない。何でも、私に知らせてくれた人によると[おばさん]という語は不快なのだそうである。悪意ある文章とか、反社会的な文章とかを[不快]で処理する人は、多分、悪には疎い人である。自分が不快に感じるから、ある言葉が[不快語]であるとするなら、恣意的な正義をかざす愚か者である。


 編集やもの書きの仕事を長くやっていると、誤解や取材不足から迷惑をかけて、文字どおり菓子折りを提げて謝罪に行った経験は、自慢にはならぬが何回かある。あるが、今回はレベルが低過ぎる。なにをかいわんや、瀬戸てんやわんや、である。文脈を読めない人は、そりゃ、衝突ばかりの人生だろうと思う。




只今のながらCD

THRAK/KING CRIMSON









 
[PR]
by alglider | 2007-07-25 20:31 | 日々是口実 | Comments(16)

外食回転寿司雑記 + 短歌

f0100480_1935043.jpg


23:23

 回転寿司に寄って帰宅。


 快速から普通に乗り換える駅で、ひょっこり「やあやあ」と、お咲きさんに出会う。「もう、お寿司食べて帰ろうか」と言うので「御意」と返事し、外食することになった。一カ月に一度はそういう贅沢をするべか、なんて言っていたら今月は二回目のような気がする。お咲きさんが「最近、落ち着いてきはったね、あんさん」と言うから「そうかなぁ」と答える。答えるものの、確かに自分でも冷静にはなってきているのは分かる。


 理由のない不安症があまり出なくなってきた。あまり、と言うからには少しは出るのである。それは仕事場で回りの人が自信を持っているように思えるからである。私の頭ではどう考えても、そのような内容(表現上の話)に人は自信が持てるものではない。また、持ってたとしても、それは眼前の出来事を何とか処理しようとする方便にしか見えない。というような出来事がいっぱい起こる。以前の出版社勤務でそれは経験している。無理を承知で自分に自信を持たせる。それに慣れることが、更に自信を付けていくコツであり、仕事での評価を得る方法である。私は、もうそのようなことは捨ててしまった。自信のないことをいかに人はそのようなものでもある、ということを伝えることに神経を費やす。で、少々の不安が出る。臆病な誠実では社会での飯は食えぬが、ヘタはヘタなりの生を全うすることはできる。


 しかし、新聞社の中でも独立した部署にいるから、まぁ、面倒は少ない。落ち着いている所以である。会社での健康保険に加入したら、オマケで日常常備薬(頭痛、腹痛、風邪、バンドエイドなどなど)のセットを貰った。一人暮らしを始めた娘さんに送ることにする。


 今日も今日とて、中古CD屋で遭難。KING CRIMSONを4枚購入。あと少しで全て揃う。







短歌推敲中
(頬の癌で亡くなった母の短歌の連作を考えている。ここ二三日のはそのためのメモのつもりの準備推敲短歌である)



「きれいや」と漏れし遺言神々し母の眼を持て逝く陽を送る



「きれいや」ともれしゆいごんこうごうしははのめをもてゆくひをおくる







只今のながらCD

IRISH TOUR '74/RORY GALLAGHER
[PR]
by alglider | 2007-07-24 19:03 | 短歌 | Comments(7)

タワレコ遭難雑記 + 短歌

f0100480_20145270.jpg


21:49

 今日は6時きっかりに仕事終了。記録。


 デスクが明るいうちに帰り着くね、と言うものの、またタワレコで遭難。今日まで6000円以上買うとポイントが2倍になるのでCD4枚購入。すっかり向こうの罠にずぼずぼとはまっているのだけれども、これでまた3000円分のポイントが貯まった。どうせ買うなら2倍ポイントの時にまとめ買いである。


 んで、今日も今日とて、レコードのCD化作戦&未購入懐かしい音作戦。RORY GALLAGHERの[LIVE! IN EUROPE]と[IRISH TOUR '74]、KING CRIMSONの[DISCIPLINE]と[THE POWER TO BELIEVE]を購入。我ながらはちゃめちゃな[聞きたい衝動]である。脈絡がない。3000円分のポイントからはMAGAZINEのCD化を図ろうか、SONIC YOUTHの再発デラックス版も気になる。






短歌推敲中

崩れゆく母の頬にもあかねさし紅玉の紅かくにも腐し



くずれゆくははのほほにもあかねさしこうぎょくのあかかくにもくさし







只今のながらCD

THE POWER TO BELIEVE/KING CRIMSON
[PR]
by alglider | 2007-07-23 20:14 | 短歌 | Comments(11)

睡眠不足雑記 + 短歌

f0100480_13151510.jpg


18:48

 眠い。


 昨日は用事があって朝寝できず、夜は遅くまで起きていた。今朝は、H 断酒会の一日研修会に参加するために8時に起きる。出発前にマンションの管理室に行って、娘さんへお咲きさんが詰め込んだ、日用品、菓子類の宅急便を送る。


 で、眠い。土曜と日曜は寝溜めの日に当てないと、仕事中、頭の回転がにぶる。研修会に入院中にお世話になった、走る看護士Mちゃんが来ていた。久しぶりに会え、懐かしく、嬉しく、仕事などの近況を報告。寝不足で研修会に参加すると、小1時間は寝てしまうのが常なのだが、何だか眠られず。短歌などを作っていたりして........


 お咲きさんは、仕事が忙しく、土、日と出勤している。さぁ、晩ご飯の用意をしてしまい、今夜は早く寝よううううううう、っと。





短歌推敲中

夕照を孕みし母のホスピスで金の林檎を我は剥きをり



ゆうしょうをはらみしははのほすぴすできんのりんごをわれはむきおり







只今のながらCD

THROUGH A BIG COUNTRY GRATEST HITS/BIG COUNTRY
[PR]
by alglider | 2007-07-22 13:15 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧