「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

睡眠雑記

f0100480_13155296.jpg


20:50

 よく寝ました。


 と、こんなずぼらなことを書くのも、年を取るとなかなか長時間寝られないからである。金曜や土曜の夜、明日は休みだからと、3時4時まで夜更かし(ラジオ深夜便を聞きながら)するのだけれど、大概はいつもの出勤時間か+1時間ほどで目が覚めてしまう。よく寝るとか髪を伸ばすとか、体を動かす努力を要しないものでもできなくなる、または面倒になる。これは加齢によるものらしい。ずいぶんと気が長くなったような気がするのだが、体や心の奥にあるものは、同じ状態を長く続ける力がなくなってきているようです。


 で、今日は邪魔くさいけれど、チャレンジということで一日中寝ていることにした。とすると、まずまず寝られること発見。深い睡眠ではないけれど。どうなっているのだろう? でも寝起きはさわやかではなくだるい。ふむふむ、何か良い方法を体と相談せよ、とのことらしい。


 寝ようと思って寝たのだが、起きて外が暗くなっていると、何だか何もしなかった一日が恨めしく思え、罪悪感も湧いてくる。これがあきまへんのや。そういう狭い感情は捨てなはれ、と思うのだが、どうも生来のものらしい。あれだけ暑い暑いと言っていた夏が去り、今日は涼しい。待ち焦がれていた秋なのに、今度は物悲しくなる。これは未練ではなくて、秋が運んでくる感情だから、良しとしても、複雑だわ。


 寝ていると、一日がはやい。もう終了だ。明日に向かって寝なければ..........たはっ。



只今のながらCD

best / Penguin Cafe Orchestra
[PR]
by alglider | 2007-09-30 13:15 | 日々是口実 | Comments(4)

秋の行楽雑記

f0100480_21193572.jpg


22:50

 今日はマイ断酒会をお休みしました。


 毎土曜、お咲きさんは太極拳に行くのですが、今週は休みということで、秋の行楽をしよう、という要望がありました。ま、これも回復・改善の賜物というわけで、お酒断ちの一環であります。目的地はどこにしよう? と言いながらとにかく大阪まで。で、急遽、姫路へ行こう、てなことになって、新快速で1時間1分。


 姫路城は世界遺産になったということですが、何度か入城しているので今回はパス。街は以前訪れたときよりもかなり整備されています。レンタルサイクルも無料ですわ。旧武家屋敷の遺構で再構成した「好古園」という日本庭園を見に行ったのですが、観光案内のパンフレットを見ると「姫路市立美術館」で「シュルレアリスム展 謎をめぐる不思議な旅」をやっているじゃありませんか。じゃ、「好古園」の前に行こう、と自転車でびゅーん。いやー、よい展覧会でした。好きだったイヴ・タンギーを初めて見ることができたし、ハンス・ベルメールのオリジナルプリントも。シュールレアリスト28人(すごい勢揃い)、約130点。入館者は少なくがらがらなのに、いやー観るのにめちゃくちゃ時間かかりましたわ。えがったえがった。


 「好古園」は、今年は残暑が居座っていたので、秋の草花がイマイチの段階。人面鯉がうじゃうじゃと泳いでいましたが………



 帰って来てから、お腹が空いてたのでレトルトカレーを食べようとすると、パッケージの裏に小さく
「非常に辛いので、お子様や辛い物が苦手な方は十分に注意してお召し上がりください」
って、結局、召し上がるのか。注意したらマシになるものでもあるまいに。変な但し書きである。





只今のながらCD

Stillusion / Peter Sinfield
[PR]
by alglider | 2007-09-29 21:19 | 日々是口実 | Comments(5)

自己責任雑記

f0100480_20313781.jpg


23:15

 帰り、中古CD屋さんへ。

 何かを買おうという考えもなしに、ふらふら&しげしげと棚を見ていると、PETER SINFIELDの「STILLUSION」があったので買ってしまう。「STILLUSION」というのは’93年のCD再発タイトルで、レコードで出たときは「STILL」というタイトルで’73年のリリース。ボーナストラックが2曲入って変更したらしい。PETER SINFIELDはKING CRIMSONの1stの「21世紀の精神異常者」「エピタフ」「風に語りて」の作詞をした人で、あのジャケットのコンセプチュアルワークをした人である。ゲストにグレッグ・レイク、メル・コリンズ、ジョン・ウェットンなど豪華です。


 と、興味無い人にはさっぱりの話題はお終いにしてと、ミャンマーで長井さんというジャーナリストが撃たれた。ニュースの映像を見る限り、背後から至近の水平狙撃である。観光ビザで入っての取材だとミャンマー政府は強弁、抗弁しているとのこと。私は、これを昨夜知ってイラクで人質になり斬首刑にされた香田さん(覚えてますか?)のことを思い出していた。世間も政府も自己責任云々と言っていた。私がまだ飲んでいるころで、よく行くバーの女性が「自己責任よねー」と言うので「何のための国や。国が必要やねんやったら、最低限のことはせぇ」と言ったのも思い出す。渡航規制が出ていたというのも理由だったし、そんな危ない所に自分の意思で行ったのだから、というのが多くの人の持っていた自己責任の自己責任たる理由だった。


 では長井さんも、自己責任と言い切るのだろうか? と思ったが誰も言い出さないし、言わない。政治やマスコミ報道に人の死が利用されていないか。死はずっと利用されてきたけれど、市井の私たちが評論家気取りで無自覚に人の死を非難する側に回ったり、同情する側に回っていないか。自分の心のどこの位置で受け止められるのか、私は私のことを考えたいと思う。「千の風になって」という歌が流行っている。あのセンチメンタリズムは分かるけど、好きではない。千の死が風になることもあるのだから。




只今のながらCD

Stillusion / Peter Sinfield
[PR]
by alglider | 2007-09-28 20:31 | 日々是口実 | Comments(10)

月雑記

f0100480_214592.jpg


23:19

 明日は生ゴミの日、ゴミを捨てに外に出た。


 外に出たら、今日は中秋の名月を二日過ぎ、満月である。さすがに明るい。煌煌と輝いている。秋風に乗って雲が流れ、月を通り過ぎていく。また、月が雲の流れに逆らって、川上にのぼっていくようでもある。また、雲の上から光が降るから、高く見える。月が好きな人は結構多いみたい。私は、宇宙に住んでいる気分になって好きだ。宇宙にいることが確認できて好きだ。天高くある、穿たれた正円の月も好きだが、空に低く油の中にあるように比重の違いで浮かぶ大きな楕円状の月も好きだ。




只今のながらCD

best / PENGUIN CAFE ORCHESTRA
[PR]
by alglider | 2007-09-27 21:04 | 日々是口実 | Comments(2)

夜行雑記

f0100480_20154154.jpg


21:21

 不思議なことです。

 帰り、仕事場最寄の駅で、お腹が減ったのでおにぎりを買いに、キオスクに入ると、はっぴいえんどの「はいからはくち」が流れていた。2ndの「風街ろまん」からであります。昨日の今日だから、摩訶不思議シンクロニシティです。


 仕事のフロアは11階にあって、周りは硝子張りなのである。気づくと山から夜が降りてきて、海から夜がはい上がってきている。夜が早く来るようになると、少し心はそぞろになる。日のもとに明らかなものは確固として動かないが、夜が滲んでくると私とものを分ける明確な輪郭はあやふやになる。その中を帰ってくる。




只今のながらCD

cribas / MONO FONTANA
[PR]
by alglider | 2007-09-26 20:15 | 日々是口実 | Comments(2)

雨上がり雑記

f0100480_20104958.jpg


22:04

 一日中同じ歌を口ずさんでいることがある。


 今日は、はっぴいえんどの1st、通称「ゆでめん」に入っている歌「十二月の雨の日」ばかりが頭の中を回っていた。


 水のにおいがまぶしい通りに

 雨に疲れた人が行き交う

 雨上がりの街に風がふいに起こる

 流れる人波をぼくは見てる



 中学生の時に「ゆでめん」を買ってから、ずっと好きだった歌だ。通っていた高校は駅前にあって、駅のロータリーには大きなカーブを描いた陸橋があって、夕暮れにはそこへ行き、手すりにもたれかかり、この歌をよく口ずさんだ。雨上がりの日には、その風景、そのにおいそのままだった。老人のようなところがあった高校生で下駄をはいて、夕暮れには、今、帰ってきたばかりの高校の近く、その陸橋まで行って、流れる人波を見ていた。その陸橋からは、西にまっすぐ延びる広い道路が見通せ、その向こうに陽が沈んでいく。





流れる人波をぼくは見てる夕暮れにうそぶくようにくちぶえを吹く



ちょいと推敲
流れる人波をぼくは見てる夕暮れにうそぶくようにくちぶえ吹いて





只今のながらCD

cribas / MONO FONTANA
[PR]
by alglider | 2007-09-25 20:10 | 日々是口実 | Comments(6)

連休三日目雑記 + 短歌

f0100480_0482125.jpg


12:48

 あっと言う間に三連休の最終日。

 三日もあれば何かができる、という幻想はこの年になっても捨てきれないらしく、さりとて殊更のこともなく、ああ、また過ぎっていったなぁ、と年甲斐もなく虚しくなってしまう。何もなければ、それでよしであるのに。


 昨夜は「時計じかけのオレンジ」を30ン年振りに見たけれど、ぜんぜん面白くありませんでした。もう、暴力や性といった過剰なものを見る元気はない。主人公が頭脳改革を受けて暴力や性に出会うと吐き気をもよおすといったところで、私ゃ、抗酒剤のシアナマイドを思い出しましたよ……たはっ。続けて「未来世紀ブラジル」を見た。こちらも国家管理というベースは一緒なんだけれども、そこは監督がモンティーパイソンのテリー・ギリアムさん。映像にユーモアがあって面白い。ブッラクでもある。


 今夜はmachiさんとこの例会に参加予定、って雨が降りそうだぁ…..





 短歌
 ラジオの波長少しずらせば秋の夜に遠くのヘルプレス届きをり


 らじおのはちょうすこしずらせばあきによにとおくのへるぷれすとどきおり




只今のながらCD

LIVE! In Europe / RORY GALLAGHER



 
[PR]
by alglider | 2007-09-24 00:48 | 短歌 | Comments(14)

連休二日目雑記

f0100480_3451638.jpg


13:53

 録画していた映画を見ていた。


 サミュエル・L・ジャクソン主演の「交渉人」というもの。交渉のテクニックなど、なるほどなと思う反面、騒動の大きさに対して、事件の隠された部分=核心が小さい気がします。まだ「時計じかけのオレンジ」に届かず。


 ただいまから自転車で役所に行って「交渉人」に変身しなくては……

 とりあえず一回目の更新。




只今のながらCD

ROCKIN’ THE JOINT / AEROSMITH


17:14

 Negotiation 終了。


 くもさんが何か取り憑いているような書き込みをしていたから、慎重に自転車を運転。無事帰宅。役所の人はこっちが聞きたいことに中中答えてくれない。説明と処理の言葉が多い。自分のところがどう処理するのかの説明が長くて、私は「こうすればいいの?」の疑問が解けずに話が進まない。うううう.....



只今のながらCD

ALINA / ARVO PART
[PR]
by alglider | 2007-09-23 03:45 | 日々是口実 | Comments(4)

とりあえず雑記 + 雑記

f0100480_1610658.jpg


17:22

 昼の例会終了…..


 ちょっと曇ってきた。毎土曜そんな天気だなぁ。でも、洗濯をしなければ。昨日、ケーブルで「時計じかけのオレンジ」と「未来世紀ブラジル」をやっていたので録画してある。何だか懐かしい。久しぶりに見るとどのような印象を持つのだろう…….


 とりあえず、一度目の更新。




只今のながらCD

おおたか静流




01:15

 日付が変わってしまった。


 いつものようにラジオで野球を聴いてると寝てしまった。阪神は肝心なところで弱い、3連敗、流石ですぅ...... 起きるとBSでユーライア・ヒープのライブをやっていた。デビッド・バイロンが死んでケン・ヘンズレーも抜けて、ギターのミック・ボックスだけが残っている時代のは、やはり昔のヒット曲をやりますよ、的なショーバンド。司会役の大槻ケンヂがロックバンドの宿命のように言っていたが、ロックバンドだけではなくて、名前を継ぐというのはある意味そういうことだと思う。そのデビッド・バイロンが死ぬ前の映像には、ベースにジョン・ウェットンが参加していた。驚き、知らなかった。やはり“孤高の人”って感じで、流石ヒープの中では浮いてしまいます。


 音楽番組が終わって、今、コンバットを放映しています。戦争ものはヒューマンなものでも、あまり見ません。でも、こういう古いモノクロの映像は当時の技術的な限界なんだろうけど、映像の陰影が好みです。最近のハイビジョンというのは、微に入り細に入り面白くないことがあります。ヒッチコック映画の「サイコ」や「ダイヤルMを回せ」なんかのリメイクもそういう点で失敗なのかもしれない。当時の映像技術そのもがその映画の美を作りだしているところがあるんですね。新しい技術で撮るからといって、ストーリーを現代的に解釈してもダメですし、たとえば「鳥」をCGでリメイクしても私は見ないと思う。それと、思い出の中にある印象はリメイクできませんし、さらに陰影が深くなっているのが常です。さてさて、「時計じかけのオレンジ」や「未来世紀ブラジル」を、この連休中に見なくてはははは......




只今のながらCD

IRISH TOUR '74 / RORY GALLAGHER



02:21

 BSでヒッチコック劇場が始まりました........
[PR]
by alglider | 2007-09-22 16:10 | 日々是口実 | Comments(12)

督促雑記

f0100480_2035960.jpg


23:36

 お咲きさんがググッてたので更新が遅くなってしまった。


 お咲きさんは、明日から両親へのサービスで家族旅行。妹さんと娘さん参加。私は留守番です。が、三連休なのでゆったりです。


 ゆったりです、の、つもりだったのですが、市役所の保険課から国民健康保険料の督促が届いている。そういえば、社会保険に切り替わった手続きをするのを忘れている。先の徹夜勤務時代も入れると、ちょっと事情があってややこしいのです。国保の以前分の分割も申し込んでいて。どうなるのでしょう? 日給月給だから休んで役所に行くとお給金に差し障りがでる。んで、督促状を見ると、第4日曜に相談日を設けているとある。うーん、で、三連休がちょい気忙しい。何だかなぁ、いろいろ飲酒のつけが回ってきます。日曜は天気が良さそうだし、自転車で秋の風景を愛でながらぶらぶら行くか……って、でも難儀やなぁ。


 仕事にはいろいろと悲しい話も届いてくる。詳しくは書けないのだけれども、それぞれの状況でそれぞれの自助会が必要やね、と実感するこのごろです。







只今のながらCD

KLAUS NOMI
[PR]
by alglider | 2007-09-21 20:03 | 日々是口実 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧