「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「月鞠 6号」お知らせ 1月いっぱいトップに掲示、更新日記は下段へ!

f0100480_14305787.jpg


ATTENTION!



歌人・辰巳泰子さん主宰の短歌結社「月鞠の会」の歌誌「月鞠 6号」のご案内。


7年ぶりの復刊発行が成りました。表紙、背表紙込み16ページ、スミ刷、ホチキス留。
頒価1000円。


10日の吉祥寺曼荼羅でのライブで朗読された懸想文(百首)を一挙掲載。


辰巳泰子さん他の執筆陣、山本まき、真狩浪子、瀧澤淳子、辰巳千枝子、鈴木理栄。

 

購入方法、入会など詳しくは右をクリック→ 「月鞠の会」 




写真では見えにくいから、表紙を飾っている辰巳さんの歌を載せておきます。




あたためた手が間に合ふやうにこんなふうにおまへのこころ掬びたかつた





以上、お知らせ。
[PR]
by alglider | 2009-01-31 23:59 | 短歌 | Comments(9)

わたるもの

f0100480_1854433.jpg


21:59

 時雨たと


 思つたら止み、


 止んだと思つたら、また時雨れる。


 時をり強い風が吹きぬける。


 空は低く、


 投網のやうな冬の枝枝がわたしをつかまえる。


 百の人がゐれば、百の断定があり


 千の人がゐれば、千の否定が存在する。


 それはそれでよい。


 そこにわたる風も言葉もあるではないか。


 
 けふは棒のやうに倒れる棒の気持ちを思つてゐた。









只今のながらCD

FEDERICO MOMPOU MUSICA CALLADA / YUJI TAKAHASHI
[PR]
by alglider | 2009-01-31 18:54 | 日々是口実 | Comments(9)

雨の夜 + 短歌

f0100480_21521933.jpg


23:52

 外には


 ざあざあと雨がふつてゐる。


 雨にうるほふというふこの不在の証明。


 ここにゐるよとばかり、性急な電話がなつて、


 出てみると電話のむかうもやつぱり雨の音がしてゐる。







雨 の 夜 に 慈 し み 泣 く 救 済 の た ま し ひ あ り や 椿 の 音 す




あめのよにいつくしみなくきゅうさいのたましいありやつばきのおとす







只今のながらCD

DESIRE / BOB DYRAN
[PR]
by alglider | 2009-01-30 21:52 | 短歌 | Comments(6)

返禮 + 短歌

f0100480_2154731.jpg


23:45

 情けない


 ことばかり書いてゐたら、心ほどけるやふなメールをもらつた。


 さて、ほどけたものをそのままにしてゐては申し訳がたたぬ。


 心づかひを励ましととつて、頑張らうとおもふが、


 ゆつくりなさつてくださいともあつたので、ゆつくり返禮をかんがへる。


 いただいたものは星の夢、星の言葉といふものであつた。


 ああ、そのやうな言葉が届いてゐたのであつたか、


 返禮とはすぎしものを今へと返す禮節。


 あなたからわたしに届けられたものをわたしからあなたへ。


 今まで生きてきたあいだにいただいたものを返す。それが歌だ。


 ずつとやり損ねてきたたつたひとつのこと。

 
 これからはさうしてその道をいかねばならぬ。









今 こ こ に あ る と 思 へ る 乾 し 飯 を い づ く に 蒔 か ん 沼 へ 下 り て





いまここにあるとおもえるほしいいをいずくにまかんぬまへくだりて








只今のながらCD

ONCE AGAIN / BARCKLAY JAMES HARVEST
[PR]
by alglider | 2009-01-29 21:54 | 短歌 | Comments(4)

ああさうだ

f0100480_20463910.jpg


23:33

 ちょっと


 気力が萎えていて


 いろいろと所用が片付いていかなくて


 そう、自分のなかの約束ごとがたまっていっている。


 小さなことなのだが、ときどき棘のようにちくっときて


 困ってしまう。


 こころあたりのある人たちごめんなさい。








あ あ さ う だ 眠 つ て し ま は う 東 海 の 夜 の 小 島 を 抱 き 枕 と し て







只今のながらCD

THE COMPLETE LIVE OBLIVION / BRIAN AUGER’S OBLIVION EXPRESS
[PR]
by alglider | 2009-01-28 20:46 | 短歌 | Comments(2)

結社誌が届く

f0100480_22372396.jpg


23:56

 うー、


 感情の波のことを申せば、今日はまあまあの一日を終えました。帰宅すると歌誌「月光」の8号が届いていた。やっと十五首が掲載され、出来不出来の反省は後回しにして、しげしげと眺めている。前号に私の掲載はなく、確かに歌稿はメールで送ったのだが、行方知れず。


 来月には季刊「月光」の発売であるから、そちらの方に回されているのかもしれない。とにかく、最初に歌稿を送ったころは、ばたばたと慌ただしく、どれがどの誌面用か分からなかったのだ。


 内容は、昨年亡くなった月光の会歌人、黒田和美さんの追悼特集である。私は今から追体験することになる。









只今のながらCD

SUPER GIANTS / BLIND FAITH
[PR]
by alglider | 2009-01-27 22:37 | 日々是口実 | Comments(2)

不調につき

f0100480_21151570.jpg


23:11

 えー、


 本日は、朝からどうも感情が不安定でして、もう寝ます。


 「……よせてかかえす心のなぎさ」状態で、


 アップした写真のように、怪獣の口の中で寝ます。








只今のながらCD

THE CARNEGIE HALL CONCERT / KEITH JARRETT
[PR]
by alglider | 2009-01-26 21:15 | 日々是口実 | Comments(4)

うーん驚いたなあ

f0100480_1872281.jpg


23:01

 今日の


 地域断酒会の一日研修会は枚方で開かれた。で、枚方には以前取材を通じて懇意にしていただいていた蕎麦屋がある。「いた」と過去形なのはアルコール依存症になり、蕎麦とお酒はセットという頭があるので、長い間足が遠のいていたのである。去年、今ごろの日記に書いたが、ある雑誌にエッセイを掲載したらそれを目にとめてくださり、編集部を介して「復活を祝う」葉書をくださった。以来、行こう行こうと思いながら、今日まで延び延びになっていた。


 で、店の前までに行くと、午後からの営業は五時半からで、一時間ほど間がある。中におられないかと店内を覗くが人気がない。来た限りは久しぶりにここの極上の蕎麦も食べたいので、諦めて踵を返して歩き出すと「あら○○さん」と、買い物帰りの奥さんと出会った。「お久しぶり。お元気でした? まあ、中に入ってくださいよ。呼びますから」と、いよいよこの店には縁がある。大事にしなければならない。ご主人とアルコール依存症になったことを話すと、察してられたようだった。「娘さんはどうしてはんの?」と気にしていただき、これまたありがたい。うちの娘さんはここの蕎麦が好きだった。帰省したらいかなければ。URLを書いて渡してきたから読んでくださっているかも、ありがとうございました。うれしゅうございました。


 で、関西で出版してる雑誌で、大人の愉しい食マガジン 「あまから手帖」 というのがある。2月号が出たばかりだが、この2月号から「台所のブルース」という題で、辰巳泰子さんのエッセイ&短歌の連載が始まっている(112ページ)。2分の1ページのスペースの上段。私は連載を知っていたので読んだ。で、驚いたのが、下段の2分の1ページのエッセイが北夙川不可止さんだったのだ。mixiでは伯爵さんのハンドルネーム。これまた「玲瓏」所属の歌人。はあ、食雑誌1ページの上段下段に二人の歌人。辰巳さんは歌人として「日常・台所の食」がテーマ、北夙川さんはコラムニストでもあるから、そっちの肩書で「食と建築」がテーマ。文体がまったく違っていてこれまた面白い。買うなり立ち読みするなり、ま、どうぞ手に取ってみてください。東京でも大書店ならあると思うよ。








只今のながらCD

MY SONG / KEITH JARRETT
[PR]
by alglider | 2009-01-25 18:07 | 日々是口実 | Comments(10)

それが問題だ

f0100480_2092037.jpg


23:30

 埃


 のような雪がちらついた一日。お寒うございました。昼からマイ断酒会に出席して、夕方、お咲きさんと回転寿司に行き、夜、マンション自治会の会合に出席して、なんやかんやと時間が埋まってしまった、ほんに埃雪のような温かみのない一日。


 NHKのBSで「刑事コロンボ」のノーカット版再放送が先週から始まっている。1時間40分。ということは以前は随分カットして放送していたのだなあ……私の勘違い? 1時間枠の番組だった気がするけど、違うか。40分もカットしたら筋が分からんようになるもんなあ。以前は何分枠の放送だっただろう……好きでよく見ていたのに、もう老人力で思い出さない。


 で、夜は会議だったのでビデオに撮ってある。今から見るかどうか悩んでいる。というのは明日の朝が早いのである。所属している断酒会の地域一日研修会があって、準備お手伝いに行かなければならない。


 というわけで愛想のない更新。コロンボを見る or 寝るTHERE’S THE RUB というわけで、今はWISHBONE ASH を聴いている。







只今のながらCD

THERE’S THE RUB / WISHBONE ASH
[PR]
by alglider | 2009-01-24 20:09 | 日々是口実 | Comments(4)

便利で難儀 + 短歌(推敲中)

f0100480_21194086.jpg


23:50

 もう、


 詳しくは書かないけれど、また中古CD屋を回って帰ってきたら、ネットで注文していたCDが一枚届いていて、もう、むちゃくちゃでござります。と、書いたからと言って目先きが見えていないわけでもなく、いたって計画的に他の趣味を削ってCDに回しているのである。どういうことかと言えば、書籍代がぐーんと減っているわけである。生活にしわ寄せがこない程度にはわきまえておりますですよ、はい。


 bk1というネット書店をよく利用していてポイントも貯まり、ときどき300円、500円分のギフト券を付けてくれたりしていた。そのbk1がCDショップのHMVと提携したものだからCDも手に入るようになった。しかもタワ某と違って送料がかからない。ギフト券は書籍でもCDでも利用でき、時間をかければ珍しいものも三週間ほどで届く。


 それと、中古プログレ専門のカケハシレコードというネットショップも品ぞろえが頗るよろしくて、つまり、なかったら諦めるということをしなくてよくなってしまった。嬉しいが、とっても難儀なのである。ま、今日はお給金も出たし、雑文ということで。





推敲中

高 ら か な 頌 歌 も た ね ど 口 笛 を 捧 げ る 空 の 風 は 欅 を





たからかなしょうかもたねどくちぶえをささげるそらのかぜはけやきを







只今のながらCD

ME AND MR JOHNSON / ERIC CLAPTON
[PR]
by alglider | 2009-01-23 21:19 | 短歌 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧