<   2011年 08月 ( 37 )   > この月の画像一覧

葉月尽日 + 短歌二首

f0100480_18374526.jpg


19:21

夏 の ゆ く 窓 辺 に ゆ れ る T シ ャ ツ の け だ る く 日 々 は 漂 白 さ れ て
なつのゆくまどべにゆれるTしゃつのけだるくひびはひょうはくされて



法 師 蝉 見 知 ら ぬ 人 さ へ 懐 か し く 八 月 尽 き て 森 の 暮 れ ゆ く
ほうしぜみみしらぬひとさえなつかしくはちがつつきてもりのくれゆく


 中之島の


 国立国際美術館へ「森山大道展」を見に行こうと電車に乗ったが、ふた駅ほど行って気力の無い自分に気づき帰ってきてしまった。ステロイド剤を使っているからか、どうもだるい。八月葉月も今日でお終い。私の夏休みもお終い。明日から仕事だ。6日間の休みは長かったと思うけれど、今夜は1カ月半の休みを終えて明日は学校という小学生の気分。


 26 日の朝、起きると右足の膝のお皿の部分が痛かった。何も打った覚えとかなくって、起きたら痛くなっていた、だから、自然と治るだろうと思っていたけれど、今になっても痛みがひかない。ひくどころか、痛みは増した気がする。腰かけたり立ち上がるときに痛みがグッとくる。駅の階段の上り下りもちょっと辛かった。加齢によるものか。以前より髪も薄くなってきたし、老眼はすすむし、五十肩だし、膝は痛むようになるし…とほほ、である。


 昨日からアフリカの楽器コラのCD ばかり聴いている。ころころと秋へ転がっていくような音色が心地よい。



 そんなこんな。



只今のながらCD

CHAMBER MUSIC / BALLAKE SISSOKO, VINCENT SEGAL
[PR]
by alglider | 2011-08-31 18:37 | 短歌 | Comments(0)

秋がくる

f0100480_236932.jpg


23:16


 夕方


 散歩に出ると森のあちこちから虫の音が聞こえてくる。今年の残暑はきびしいとも聞くが、もう確実に秋がやってきている。夏を彩っていた派手な色合いの花々の勢いも失せ、空は高く、足元の影もこころなしか薄くさびしい。人ってほんとうに身勝手ですね。


 公園のベンチに座っていると、向こうに老夫婦が鳩に餌をやっている。犬の散歩にきている人たちが挨拶をし、犬たちもくんくんと挨拶をする。煙草の煙が空高くのぼってゆき、私は煙の道を目で追う。昼間は強い日差しだったが、夕方はもうずいぶんやさしい。肌に触れる風もどこか冷めていて、夏が一歩しりぞいたことを告げる。


 ひゅーひゅーと鳴るのは風ではなく、私の喉。発作は出ないが喘息の笛が鳴っている。ひゅーひゅーひゅーひゅー。薬がやたら増えてもう管理しきれない秋がくるのだ。一錠飲むごとに秋がくる。一錠忘れるごとに秋がくる。やれやれ。落ちたまま三年間眠っていた種が芽吹いて、蔓を伸ばした朝顔は花を咲かすことなく終わりそうだ。そんなこともあるのだ、きっと。咲くだけが花の一生でもないのだな。蔓や葉は元気そうだしな。


 9月10 日に上京しようと思っていたけれど、このままの体力では心もとないので、中止することにした。喘息の悪化だけは避けたい。回復をみこんで今年の東京行きは12 月に予定変更です。今月は忙しかったから少ししか短歌を作ってないなあ…夏休みの最後の一日でもある31 日に頑張ってみるか、それとも美術館に出かけてしまうか…自分でも分からない。起きたときの体調次第。





そんなこんな。



只今のながらCD

ALI AND TOUMANI / ALI FARKA TOURE & TOUMANI DIABATE
[PR]
by alglider | 2011-08-30 23:06 | 日々是口実 | Comments(2)

喘息

f0100480_215639.jpg


22:34


 午後1時


 ころまで寝ていました。ラジオがつけっぱなしで、軟式高校野球の決勝戦中継が流れていた。中京高校対作新学院。最後まで聞かなかった、というか夢うつつだったのでどっちが勝ったのか(調べたら、延長十一回で中京が勝ったみたい)。


 mixiの短歌コミュの書き込みをわっと書いて、咳が止まらないので夕方から病院へ。とりあえず喘息という病名に。私は小児喘息だったから、疲れたときには気管支がつらくなるときがあったけれど、もう治ったと思っていた。しかし喘息ってまたぶり返すらしいし、急になる人もいるらしい。私の場合はたぶん遺伝だけれど。


 紫のヨードのような色の水薬や夕食後の錠剤、そして吸入式の薬。吸入式の薬はステロイドらしく、肺に吸い込まれなかった残りが胃などの体内に入らないようにうがいをしなければならない。何だか物騒な薬だが、私が小さいときにやっていたスプレー式吸入剤はもっと強かったらしい。動悸が激しくなったものなあ。ドックンドックンと心臓の音が大きくなって、このまま死んでしまうのかなあ、と子供ながらに思ったものだ。


 ずっと咳が出るってすごく体力を消耗する。その喘息のせいと合宿の疲れもあって、まだダラーっとしています。休みはあと二日。美術館巡りをしようと思ってたけど、静養かなあ、悩み中。



そんなこんな。



只今のながらCD

MEMORIES OF A COLOR / STINA NORDENSTAM
[PR]
by alglider | 2011-08-29 21:56 | 日々是口実 | Comments(0)

終わりました。

f0100480_2294641.jpg


23:34


 やっと、


 と言えば変な気もするけれど、やっぱりやっと「月光」の夏合宿が終わった。ホテルやら新世界での食事やらを手配した身としては、肩の荷が下りました。ホテルはまあ、ホテルだから決まりさえすればどうってことないけれど、食事は「おいしい!」とは言ってもらいたい。


 で、「おいしい!」、値段を聞いて「安いなあ!」と言って貰ったから新世界での食事としては大成功でありんした。まあ、カルチャーショック的な部分を引いたら、普通だとは思うのだけれど。通天閣に上り、新世界、じゃんじゃん横丁... たこ焼きの立ち食いなど…みなさんお土産などはどうされたのか、そこんとこは分からない。


 27 日の歌会は題詠「塔」で二首、28 日の歌会は三首以上の連作。どちらも手ごたえのある好評価を得たのでうれしい。今日の歌会を昼までに切り上げ、少し自由時間。若者グループは「太陽の塔」が見たいと天満橋から千里まで。中高年組は水上バスで大川を小一時間の遊覧。私はどちらも遠慮して、ちょっと一人で息抜きをした。


 午後2時から福島泰樹「短歌絶叫コンサート」。初めて聞く新作が三つ(?)ほど。満員盛況のうちに終了。ここで幹事(というほどでもないが)の役目終了。めでたし。本当のところは結構疲れていて、この更新も青息吐息です。でも、楽しく有意義で勉強になった二日間でした。では。



そんなこんな。



只今のながらCD

THEY OUGHTA WRITE A SONG… / HALIE LOREN
[PR]
by alglider | 2011-08-28 22:09 | 日々是口実 | Comments(8)

福島泰樹「短歌絶叫コンサート in 大阪」 告知

f0100480_21101993.jpg


私の所属する短歌結社「月光」の夏合宿が大阪であります。8月27日~28日。その最終日に主宰、福島泰樹が大阪で「短歌絶叫コンサート」をおこないます。関西公演は本当に久し振りです。絶叫コンサートは東京が中心ですので、見ておられない関西の方々は多いはず。一度体験してみませんか? というお誘いです。(影の声:文さんどうよ?)


福島泰樹 短歌絶叫コンサート
 出演  福島泰樹  在里佳余子(ピアノ) 岸田浩一(ギター・パーカッション)
2011年 8月28日(日)
大阪天六「ブックカフェ ワイルドバンチ 」[大阪市北区長柄中1-4-7 ロイヤルグレース1F]
(阪急・地下鉄堺筋線・谷町線 天神橋筋6丁目駅 2番出口より、 北北東に徒歩3分)

TEL&FAX 06-4800-4900  15:00~23:00
E-Mail :bcwildbunch@ybb.ne.jp

前売¥3000 当日¥3300+1ドリンク  13:30 OPEN 14:00 START

問い合わせ・予約/ワイルドバンチ・音波舍・オレペコ企画 
ワイルドバンチHP ←クリック
音波舍HP ←クリック
オレペコ企画HP ←クリック


以下フライヤーより

歌人・福島泰樹・・・1943年東京下谷に生をうけ、「歌謡の復権と肉声の回復」をスローガンに、69年より短歌朗読ステージを開始、「短歌絶叫コンサート」という新たなジャンルを創出、1300ステージをこなす。歌集25冊以上、評論、CD等著作は80点以上を越える。毎月10日、東京吉祥寺のライブハウス「曼荼羅」で月例コンサートを継続中。 自作の短歌を中心に、中原中也、寺山修司、中上健次などの短歌や戯曲などを40年以上にわたり絶叫。それは本の中に入った文字ではその作品は命を持たない、生きている人間の生の肉声と音楽で文字が言葉になる時、作品の本来持った命を何度も甦らせ私たちの心に何かを与えてくれる。3年ぶりの関西公演。 福島の中で命を燃焼する歌の数々をその身体で感じてほしい。
[PR]
by alglider | 2011-08-27 23:59 | 短歌 | Comments(8)

おまけ

f0100480_2351898.jpg



 写真は新世界・通天閣ルナパークができた当時の模型。昼の風景で、電飾で夜になったりする。


 そんなこんなだった27 日。
[PR]
by alglider | 2011-08-27 23:05 | 日々是口実 | Comments(0)

つまらないけど

f0100480_1949682.jpg


23:01


 久しぶりに


 大阪・梅田から茶屋町の方へあるく。靴屋を回ったけれどお目当ての靴はなし。それからEST1 の中をぶらぶら。20代のころよく行ったけれど、今はもう知らない名のテナントばかりだった。そらそうだ、流行にはとんと興味がなくなったものなあ。


 映画「トランスフォーマー」は疲れてしまった。3時間のうち2時間はロボットの戦闘シーン。そら、いっぱいこっち(鑑賞者)の方に飛び出てきますわ。このごろは3D 用のメガネを持って帰っていいのですね。次回に持参すればいくらか安くなるのだそう。


 さあ、明日は「月光」の合宿。短歌は印刷したし、今から準備だ。


 明日の更新はありません。お休みです。



 そんなこんな。



只今のながらCD

UN DIA / JUANA MOLINA
[PR]
by alglider | 2011-08-26 19:49 | 日々是口実 | Comments(0)

明日から遅い夏休みだよん

f0100480_21582050.jpg


23:32


 わーい、


 夏休みだ。明日は「トランスフォーマー・ダーク・サイド・オブ・ザ・ムーン」を3D で見に行きます。3時間近い映画。照度が高いから3D・CG 疲れるだろうなあ。3D はあまり好きではないのだが、この映画はストーリー関係なく“飛び出し”命でしょう、多分。だから我慢の娯楽、っていうのもおかしいけど。


 それからパトリックのスニーカーを見にシューズショップへ。パトリックの靴って先の方が細身だから、ワンサイズ上の方がいいかもしれんと思って、サイズを合わせに。安かったら買うけれど、マラソン・グレイやP・グレイはあまり見かけない。サイズだけ合わせて通販かしらん、と踏んでいる。靴だけに。


 それから歌会用の連作を選ばなくては。明日、明後日のための仕度をすべて終えること。ホテルへ氏名確認の電話を。備忘録。



 そんなこんな。



只今のながらCD

BIRDS OF FIRE / MAHAVISHNU ORCHESTRA
[PR]
by alglider | 2011-08-25 21:58 | 日々是口実 | Comments(4)

明日を凌げば

f0100480_22384459.jpg


23:17


 明日の


 仕事を終えたら、すごーい遅いお盆休暇で8月いっぱいお休み。次の出社は9月1日、楽しみだわ、もう秋だわ、誰もいない海だわ。「月光の会」の夏合宿以外は映画と美術館巡りで予定が詰まっている。充実!と言いたいが、この体調だと合宿以外は寝込んでしまうかも…


 今日も大事をとってはやく寝ましょう。咳はややましになってきました。仕事の電話応対のときに咳発作が出ると困ってしまうのである。龍角散のど飴は100 円、安い。ふふ。




 そんなこんな。



只今のながらCD

ALONE TOGETHER / DAVE MASON
[PR]
by alglider | 2011-08-24 22:39 | 日々是口実 | Comments(4)

ヒューヒュー

f0100480_22494180.jpg


23:36

ゆ つ く り と 展 く 手 の ひ ら 汝 の 指 が 生 命 線 を た ど つ て く れ る


ゆっくりとひらくてのひらなのゆびがせいめいせんをたどってくれる


 そんなに


 芳しいわけではないが、回復に向かっている気がします。まだ咽喉のあたりがヒューヒューと鳴っています。




 そんなこんな。



只今のながらCD

HERE COME THE WARM JETS / BRIAN ENO
[PR]
by alglider | 2011-08-23 22:50 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧