<   2011年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

cosmos

f0100480_11291896.jpg


 お咲きさんの携帯で撮ったコスモス。どうも私のケータイより解像画素がいいようだ。美しい。
 今月いっぱいトップに張り付けます。
[PR]
by alglider | 2011-10-31 23:59 | 日々是口実 | Comments(8)

降りてしまった男 + 短歌一首

f0100480_21365110.jpg


22:51

カ シ オ ペ ア 指 で な ぞ り し 遠 き 日 と お な じ か た ち の な に が 悲 し き


かしおぺあゆびでなぞりしとおきひとおなじかたちのなにがかなしき


 昨日、


 I 女史から電話があった。7年前、同じアルコール専門病院に入院していた人だ。本当に久し振りの連絡。不思議なもので、一昨日「I 女史は今ごろどうしているのかなあ…お酒をうまく止めているだろうか」なんて考えていたところだった。思っていたことが、そのまま向こうに届いていたみたいで驚いた。以心伝心。大阪にいた人だったが、ディスプレイに表示された電話番号は「03」始まり。


 何故かな?と思ったら、お母さんを癌で失くし、彼氏をアルコールで失くし、子供たちやお姉さんのいる東京にお父さんと引っ越したのだという。亡くなった彼氏も、入院が一緒だったので私はよく知っている。AA 、断酒会、といろいろ回っていたが、お酒は止まらなかった。


 肝臓や膵臓がぼろぼろだったにも関わらず飲み続けた。口が達者で理屈も一人前で、自分のお酒が止まっているときは、飲んでいる同僚の面倒さえ見ていた。そのかわり、自分の弁解も上手かった。言い訳ばかりしていた、といっていい。自らを騙しても病気は進行する。専門病院や総合病院の入退院の繰り返しだった。私とは縁がなかったのか。彼はさっさと“縁の舟”から降りてしまった。


 何かを大事にするということが欠けていた気がする。失敗やあやまちはあるだろう、繰り返すだろう。しかし、大切にするものが身近にあったはずなのに。少なくとも彼は孤独ではなかった。それに気づかなかった、というか、結果的にはお酒の方を選んだことになった。彼女も転機となるべく知り合った人たちとの縁もすべて放りだして、人生から降りてしまった。意志や言い訳でしかない理屈が通用しない病気だから、大切にするものはおのずから決まっていたはずなのに。



 そんなこんな。



只今のながらCD

SOMETHING / ANYTHING ? / TODD RUNDGREN
[PR]
by alglider | 2011-10-31 21:37 | 短歌 | Comments(12)

LONDON CALLING / THE CLASH

       
[PR]
by alglider | 2011-10-31 00:01 | 懐メロ日付変更線 | Comments(2)

他生の縁 + 短歌一首

f0100480_16185861.jpg


19:41

い ち に ち を 笑 ふ て く ら す は む づ か し き 六 時 の サ イ レ ン 犬 の 遠 声


いちにちをわろうてくらすはむずかしきろくじのさいれんいぬのとおごえ



 朝からの


 雨。お咲きさんの風邪はまだ治らない。起きたり寝たりのくり返し。気圧の低い日は私もなかなか元気がでない。会話の少ない一日である。笑いは日々の潤滑油だが、風邪をひいている者には疎ましいだろう。空回り。


 明日で十月も尽きる。十一月の声を聞けばなんだかお尻に火が付き始めるよう。見えぬウサギがお尻のあたりでカチカチと火打ち石をたたいてる。そういやー、今年は卯年だった。赤い眼をして、耳をそばだて暮らしてきたわけではないが、何を見てきた一年だったか。はて。逼迫した想念ではないが、この世から消えていく亡くなる自分を、思い描いてきたような気がする。世界は生きている者に囲まれているが、それ以上の数の死者に囲まれている。他生の縁である。それは乗り物のようなものだ、と思うこのごろ、大切にしたい。



 そんなこんな。



只今のながらCD

FROM HERE TO ETERNITY (LIVE) / THE CLASH
[PR]
by alglider | 2011-10-30 16:19 | 短歌 | Comments(13)

掘り出し物いっぱい + 短歌一首

f0100480_1885562.jpg


23:28

真 夜 中 の 水 は り 終 へ し バ ス タ ブ ゆ 海 へ つ な が る 波 の 声 せ り


まよなかのみずはりおえしばすたぶゆうみへつながるなみのこえせり



 アル専病院から


 理髪店へ回る。それから中古CD 屋へ。全部書かないけれど、今日は掘り出し物いっぱいの日だった。只今聴いているトラフィックのライブ「オン・ザ・ロード」は850 円。あとタートル・アイランド・ストリングス・カルテットのベストとダイヤー・ストレイツのライブ盤が各200 円。強烈に安い。内容も申し分ない。あとトッド・ラングレンの「サムシング・エニシング?」やクラッシュの「ライブ」などなどを相応の値段で購入。めでたい。


 話は戻って、病院での話。点滴の薬液が途中で止まってしまった。看護師さんを呼ぶと「あれ、腫れてるね」と言って、針の先をクックッと動かす。血管がピクッピクッ。するとポタポタと落ち始めた。あれ気付かないと、えらい腫れて、血まみれになったりして、そして痛みだしてから訴えることになるんですよね。ふと目にとまってセーフでした。めでたい。



 そんなこんな。



只今のながらCD

ON THE ROAD / TRAFFIC
[PR]
by alglider | 2011-10-29 18:09 | 短歌 | Comments(4)

適度にね + 短歌一首

f0100480_2255653.jpg


22:43

静 か な る を と こ で あ れ よ 暮 れ な づ む ひ か り を 描 く 一 人 で あ れ ば


しずかなるおとこであれよくれなずむひかりをえがくひとりであれば



 明日は


 アルコール専門病院へGo ! 何故か薬が余っている。安定剤だから調子がよくって飲むのを忘れたのだろうか? そんな感じではなかった一か月のはずなのに。おかすぃ。ま、足りないのではないからいいや。薬をため込む依存はないし。


 血液検査をすると白血球と血小板が異常に多い。先日の社内健診では白血球は煙草を吸っているせいかもしれないって。血小板は一度、血液内科で診てもらった方がいいと言われた。血小板の異常ことはいろんな医者に相談したことがあるのだが、みなさんいい加減で、今回初めて「診てもらった方がいい」という医者と出会った。それで喜ぶのは変な話なのだが、不安に応えてくれたことに、ちょっと安心というか、救われたというか、まともというか、まあ、納得したのだった。本当の安心は診てもらってからなのだが。


 再発されたザ・ドゥルッティ・コラムの2nd と3rd がアマゾンから届く。1st もあの「紙ヤスリ」ジャケットで再発されたのだが、これはプラケースで持っていたのでパス。で、2nd と3rd は紙ジャケでぺらぺらなんだけど、ものすごい大きな箱に入れてアマゾンから届いた。段ボール封筒で十分なのに。アマゾンはスピードを重視してるからか、梱包する段ボールの大きさは無茶苦茶というか、はい、でたらめです。かなり無駄遣いです。適度、相応、丁度ということを無視してますです。



 そんなこんな。



只今のながらCD

LC / THE DURUTTI COLUMN
[PR]
by alglider | 2011-10-28 22:06 | 短歌 | Comments(8)

一首

f0100480_21182586.jpg


22:43

信 号 の い ろ 赤 く し て 立 ち 待 ち の わ れ の 背 を う つ ビ ル 風 つ よ し


しんごうのいろあかくしてたちまちのわれのせをうつびるかぜつよし



 そんなこんな。



只今のながらCD

LOVELESS / MY BLOODY VALENTINE
[PR]
by alglider | 2011-10-27 21:18 | 短歌 | Comments(2)

どうぞご無事で... + 短歌一首

f0100480_22215953.jpg


22:47

こ こ ろ 急 き ひ と 口 吸 ひ し 煙 草 け し 終 は り に し た き 何 ご と あ ら む


こころせきひとくちすいしたばこけしおわりににしたきなにごとあらん



 先週の


 土曜日のこと。病院に向かう途中だった。環状線の京橋駅ホームで、おばあさんから「住道へ行きたいのですが?」と尋ねられた。はいはい。「そこの階段を下りて、来た電車どれでもいいから乗ってください。住道はどれでも停まりますから」と返事したのだった。


 しばらくして、ふと思い出した。途中の放出駅から「おおさか東線」というのが新しくできていて、ほんま、たまーに奈良行きが来るのだった。それにこれも至極まれに放出止まりというのもある。それに乗り合わせるのは悪魔の所作に近いのだが、大丈夫だったろうか。土地に不案内なおばあさんが奈良まで行ってしまってたらどうしよう…うう。時間帯から見て、可能性はまずないのだが。私、自信を持って言い切ったからなあ…反省というか何というか。無事であったことを祈る。はあ。



 そんなこんな。



只今のながらCD

THE QUEEN IS DEAD / THE SMITHS
[PR]
by alglider | 2011-10-26 22:22 | 短歌 | Comments(2)

一首

f0100480_2141565.jpg


22:41

日 の 没 り の は や く な り け り 向 か ひ あ ふ ホ ー ム に 並 ぶ 人 は 動 か ず


ひのいりのはやくなりけりむかいあうほーむにならぶひとはうごかず



 お咲きさん


 風邪継続中。でも仕事は休んでいない。この時期は毎年忙しいお咲きさんである。今、横になって何やら電磁機器を背中に当てている。カチカチと音がする。私は明日、社内健診。



 そんなこんな。



只今のながらCD

AMALIA NO OLYMPIA / AMALIA RODRIGUES
[PR]
by alglider | 2011-10-25 21:43 | 短歌 | Comments(2)

一首(推敲しました)

f0100480_22103664.jpg


23:07

小 雨 ふ る そ の 空 ま で を 空 と す る ポ プ ラ あ ふ げ り 其 も ふ り や ま ず


こさめふるそのそらまでをそらとするぽぷらあおげりそもふりやまず



 お咲きさんが


 風邪が治らない、と言ってさっさと寝てしまった。私は小さい音で音楽を聞きながら暗中模索状態。一度に多くの考え事が押し寄せた一日だった。頭を整理する。



 そんなこんな。



只今のながらCD

BLOSSOM DEARIE / BLOSSOM DEARIE
[PR]
by alglider | 2011-10-24 22:10 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧