<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

長月尽日 短歌一首


f0100480_2049329.jpg



21:02



あ い ま い な 相 ひ 槌 う て ば い つ せ い に 虫 の 音 の 止 み 雨 ふ り は じ む



あいまいなあいづちうてばいっせいにむしのねのやみあめふりはじむ



 九月


 の終わり。転院した義母の見舞いに行く。前の病院は驚くほど“雑”なところで、予定よりも早く転院したのだった。今回も三階建ての大病院ではないけれど、明るく、臭いもせず、看護師さんも明るそうだった。


 バスを乗り間違え、終点で10分ほど折り返しを待ったのだが、台風の日、誰も乗る人のなく、人影のない雨に濡れた大学前の雰囲気が物悲しく、心細かった。そういえば8年前、今ごろ入院したアルコール専門病院へ向かうときも台風だった。その年は、台風の多い年で、和歌山や兵庫で甚大な被害が出たのだった。



 そんなこんな。



只今のながらCD

BANGA / PATTI SMITH
[PR]
by alglider | 2012-09-30 20:50 | 短歌 | Comments(0)

七曜表



f0100480_177577.jpg



NEW!!■■ 二十首詠 「七曜表」 を sutanka (←クリック) にアップしました。 「月鞠」 十二号に掲載したものです ■■ 
[PR]
by alglider | 2012-09-29 16:34 | 短歌 | Comments(2)

夏休みの終わり + 短歌

f0100480_22191442.jpg



23:06


た れ の た め 真 白 き 靴 を お ろ し し か 光 み ち た る 日 照 雨 ふ り け り



たれのためましろきくつをおろししかひかりみちたるそばえふりけり




 九日間の



 遅い夏休みが終わり、明日から平常の仕事にもどる。いつもは連休なんて「あっ」と言う間に終わるのだけれど、今回はなかなか充実していて長く感じましたですよ。


 動物園や美術館へ行った翌日は、義母の転院と散歩。公園(広いんです)を散策していると、どこからクラリネットの音が聞こえてくる。歩くに従って音は大きくなり、吹いている人の前を通る。化粧っ気のないふくよかな女性でリードを直し始めた。ずいぶんと長い時間ぶらぶら歩いたり、ベンチでもの思いにふけったりしたのだが、帰りもその女性は同じベンチに座っていた。再び通り過ぎると、今度は後ろからローレライの旋律が私を追いかけてきた。♪ なじかは知らねど心わびて…


 その翌日はやっぱり映画「バイオハザードV リトリビューション」を見てしまった。ま、とにかくストーリーはアクションシーンを作り上げるためには何でもありの展開だ。ほんと、どうでもいいの。アクションのためには起承転結、理路整然、全く無視です。その上、この映画まだ続きますよ、というエンディング。えーっ最終決着じゃなかったの。ゲームは知らないので、これには少し疲れました。そのあとは短歌友達と食事。4時間掛かった、笑


 今日は丹田呼吸のカルチャースクールへ初参加。初心者ばかりでなく、どんどん先に進むものだから、何がなんだか分からずに終わる。ついていくのに必死で、かえって呼吸が荒くなったほど、笑。で、月一で通うことにしてみた。しばらくして続けていけそうなら本とかDVDをそろえるかも。


 そんなこんな。



只今のながらCD

BRILLIANT / ULTRAVOX
[PR]
by alglider | 2012-09-23 22:19 | 短歌 | Comments(4)

パンダとカメレオン 短歌再掲


f0100480_2245288.jpg



22:46





い ち に ち を 笑 ふ て く ら す は む づ か し く 六 時 の サ イ レ ン 犬 の 遠 声




 お昼に


 着くことを目指して家を出た。目的地は神戸の王子動物園。仕事で毎日通り過ぎている駅で降り、神戸特有の坂道を登る。パンダが一頭いるのである。私はパンダを見たことがない。東京や白浜まで行かずとも、こんなに近くにいるのに見たことがなかった。


 パンダを見たことがないからどうなんだ、と問われれば、どうもないのであり、見たからといって別に偉いわけでもなんでもない。パンダはメジャーになってしまったが、世紀の珍獣である。珍獣なのにかわいい、なんて言われているのである。シフゾウがかわいそうである。で、うん、ま、私は珍獣を見たいのである。ひねくれているので、珍獣であってもメジャーなってしまったパンダを是非見たい、と素直になかなか言えない。言えないとこっそり出かけることになり、こっそり、というのは後ろめたさが伴うもので、延び延びになっていたのだ(と思う)。何を書いてるのだか、さっぱり分からない。



 で、パンダを見て、ちっとも動かないコアラや二指ナマケモノも見たりして、山の手の王子動物園から海沿いの兵庫県立美術館へ。19世紀のラファエロ前派の画家バーン・ジョーンズ展へ。ん、こんなの以前からあったかなあ? 美術館の屋上からカメレオンが顔を出している(写真)。秋の空とカメレオン、いとおかし。



 とにかく歩き続けて疲れました。明日は急に決まった義母の転院。朝が早い。




 そんなこんな。




只今のながらCD

GAZEUSE! / GONG
[PR]
by alglider | 2012-09-20 22:04 | 短歌 | Comments(0)

夏休みだよん 短歌再掲


f0100480_22333694.jpg



22:59



あ さ が ほ の 九 月 さ や け き 空 の し た ま ぶ た 重 た き わ れ の 怠 惰 よ






 日曜まで連休。


 遅い夏休みである。今日は朝からの雨ふり、出足をくじかれてしまい、一日中寝たり起きたり、ぐたぐたと家の中で過ごす。明日からは晴れ続きの予報なので、散髪、国立国際美術館、短歌朗読会などと予定が詰まった。


 明後日はパンダを見に王子動物園へ行き、だらだら海の手に下り兵庫県立美術館へ、というコース。金曜は決まってないけど、全然興味のなかった映画バイオハザード・シリーズの地上波オンエアに乗せられ、「V」を見に行こうかな。それにしてもミーハーだ。あ、そうそう原稿依頼が来てたのだ、それをしなくっちゃ。土曜は食事会。むふふ。





 恨めしい月曜の雨だった。そんなこんな。



只今のながらCD

SONATA MIX DWARF COSMOS / SUSANNA
[PR]
by alglider | 2012-09-18 22:34 | 短歌 | Comments(0)

舞い








マイミクの龍さんが紹介していたのをもらってきました。ピアノもいいでしょ。ちょっこしENOっぽいとこも。
[PR]
by alglider | 2012-09-09 22:42 | 日々是口実 | Comments(2)

長月朔日 一首

f0100480_23102833.jpg


23:13




も う わ れ は ど こ の だ れ で も い い や う な 空 の あ を さ よ 雲 の し ろ さ よ




 というような


 九月の始まりだった。日中は陽射しも強く、暑さは残り、夕方までは夏の空だった。ひぐらしが鳴きはじめるころには刷毛で掃いたような雲が出てきた。山からは赤蜻蛉が下りてきて、やはり秋は近づいてきている。


 背中の痛みや右半身の痺れ、排尿障害などなど、よくよく考えてみると「えらいこっちゃの体」になってしまったのかもしれない。たぶん死ぬまで続くと思うんですよね。お咲きさんに「もっとえらい病気になった、と思っていいかもしれん?」と言うと「のんびりしててその程度でいいんじゃない」と言う。よく分からないが「オレは大変な病気だ、困った体だ」とぼやいたり喧伝しているよりはいいみたいである。不便も不自由も慣れてくれば生活だ。


 季節が背中を押してくれるのだ。ひぐらしの鳴き始めた森をゆく。




そんなこんな。



只今のながらCD

A MATTER OF LIFE… / PENGUIN CAFE
[PR]
by alglider | 2012-09-01 23:13 | 短歌 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧