「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

神無月尽日 一首

f0100480_22505388.jpg




サ ブ リ ミ ナ ル 効 果 の ご と 夕 や け に 向 か ひ て 人 は 「 実 は 」 と 言 へ り



さぶりみなるこうかのごとゆうやけにむかいてひとは「じつは」といえり





 今日はハロウィン、娘の28歳の誕生日。とくに祝いごとはなし、お小遣いをわたす。



 そんなこんな。
[PR]
by alglider | 2012-10-31 22:43 | 短歌 | Comments(4)

命は垂直の絵


f0100480_23131567.jpg




23:27



新 し き 手 帳 を 求 め し 帰 り 道 あ す の こ と な ど 過 去 形 な り き



あたらしきてちょうをもとめしかえりみちあすのことなどかこけいなりき




 mixi にも


 書いたけれど、マンションの裏には竹林があって、空に向かって垂直に伸びている。今日は朝から雨だったが、風はなく、天に向かう竹の生命の垂直と、地に降る慈しみの雨の垂直が真っ直ぐにすれ違い、それはとてもすがすがしい命の一枚の絵だった。ぼーっと、マンションの通路に出て眺めていた。


 仕事を持ち帰っていたので、資料を持って喫茶店へ。自分の部屋の机はCD が積み上げられ仕事にならない。新聞を読み、文体を分析し、資料に当たる。小一時間ほど。すでに雨は止み、高い秋の空が待っていた。


 帰ってからなかなか原稿にとりかかる気にならず、仮眠、食事など、ぐたぐたと時間を使い、えいやっと書き上げた。御立派と自分に言い、それほどの文字数でもないな、充実と欠落感を同時に味わう。



 さあ、寝よう。そんなこんな。



只今のながらCD

SHORT STORIES FOR PAULINE / THE DURUTTI COLUMN
[PR]
by alglider | 2012-10-28 22:55 | 短歌 | Comments(2)

体調不良なのに原稿依頼ばかりが増える、嗚呼!

f0100480_2255290.jpg



ターン・タタ・タタターン 


眼の前にやるべきことを作る、


面倒でも作って、それをこなす。


ま、言ってみれば毎朝のラジオ体操のようなものだ。


乗り越えるというほど大げさなものでなく、


身の丈よりやや大きめの穴をくぐり抜け、


その余裕の分だけの喜びとやるせなさを、


器用に明日の糧にと冷蔵庫にしまい込む。


ときどき取り出すのを忘れ腐らせてしまう。


余ったラジオ体操が腐ると大変で、


腐臭はターン・タタ・タタターンと響いて、


私を苛む。


ターン・タタ・タタターン、はいはい、もう分かったよ。


規則正しいのは苦手だけど、手持無沙汰はもっと恐怖だ。


何とか折り合いがつかないものかターン・タタ・タタターン。


明日もターン・タタ・タタターンと苛むか。


私が決めたことだけど、


しかし、何も決めなければ、


私自身を腐らせてしまう。


ターン・タタ・タタターン ターン・タタ・タタターン。





只今のながらCD

VARIETIE OF LUTE-LESSONS・THE RENAISSANCE LUTE / LUTZ KIRCHHOF
[PR]
by alglider | 2012-10-24 22:12 | 中中小説・詩 | Comments(8)

秋、鼻風邪をひく

f0100480_22353316.jpg




ミラーボール      


アカ、アオ、キイロ…
輝いて、
人はそれぞれ、
気に入った色を持ち帰る


アカに陶酔の夜を
アオに膝を抱える夜を
キイロに耳元にささやく夜を
人は持ち帰る


ミラーボールは
みずから輝かない、誤解され
月よりさびしい夜を迎える


仕事を終えて
宙吊りのまま
舞台は楽屋へ





只今のながらCD

JOSQUIN. MOTETS & CHANSONS / THE HILLIARD ENSEMBLE
[PR]
by alglider | 2012-10-20 22:39 | 中中小説・詩 | Comments(2)

鉄塔 推敲一首


f0100480_2149975.jpg



23:02



雨 を し も ゆ ふ ぐ れ は 来 ぬ お ほ ぞ ら の 背 骨 の ご と く 鉄 塔 の 立 つ





 今年は


 2月の入院から始まって何かとお金を使う年だ。娘さんが仕事を辞して家に帰ってきて、今、何か (私はよく知らなくって) 勉強してて、人ひとり増えるとやっぱりエンゲル係数が上がって、んで、節電の夏に必要に迫られエアコンを増設し、27年間働いてくれた冷蔵庫 (働きすぎ) がついに駄目になり新しくして、この13日には給湯器を交換した。ああ、そういう巡り合わせの年がある、と思えていたらまず大丈夫。


 今日は朝から洗濯をして、昼からお咲きさんと義母の見舞い (お咲きさんには実母ですが、、、、) へ。写真は義母の病室から見える鉄塔。体を起こすことがあっても、窓の外をみることはないだろう。また、見ても風景を切り取る作業はできないだろう。ガラス越しの漫然とした平面に名を与えていく、原初的な秩序の中にいる。目の前のボールなどで遊ぶようになってきた。




 そんなこんな。






只今のながらCD

SHORT STORIES FOR PAULINE / THE DURUTTI COLUMN
[PR]
by alglider | 2012-10-14 21:49 | 短歌 | Comments(2)

よしなしごと


f0100480_16294100.jpg



23:11



 いつもの


 出社と変わらぬ時間に家を出て、年金事務所へ行き、帰りに蕎麦屋へ寄り、帰ってきてから給湯器の付け替え工事。ま、だいたいはそんな流れで一日が終わろうとしていたのだが、そうそう今夜は高良神社の宵宮だった、と暗くなってからまた出かけた。


 今のマンションに移ってきてからもう20ン年。裏山を分け入るとすぐの神社だが、秋祭りに顔を出したことはない。隣り町の自治会と氏子さんが中心となって、夜店を開いてる。焼きそばを食べたが、野菜嫌いの子供に強制的に食べさせよう!というほど、野菜の多い焼きそばだった。それはいいのだが、ピーマン入りの焼きそばは初めてだ。味はソース焼きそばなのだが味付けが薄いので、いよいよピーマンが引き立つ。別にピーマンが嫌いなわけじゃないけど、ハーモニーとしていかがなもんでしょう、という感じ。


 特に書くこはない。毎日更新をやめたら、もう書くことが思い浮かばなくなってきたなあ。言葉をどんどん失くしている状態。これは本当に実感している。これで書き物の仕事をしているのかと思うと、なんだかなあ…である。でも脳が二つあるのだ。




 そんなこんな。






只今のながらCD

THE MOTHERSHIP RETURNS / RETURN TO FOREVER
[PR]
by alglider | 2012-10-13 23:11 | 日々是口実 | Comments(4)

万物流転




        


        嗚呼、美しい。
[PR]
by alglider | 2012-10-11 22:55 | 懐メロ日付変更線 | Comments(2)

半年歌



f0100480_20324288.jpg




NEW!!■■ 四月に退院してからの十七首 を sutanka (←クリック) にアップしました。 ■■ 
[PR]
by alglider | 2012-10-07 20:34 | 短歌 | Comments(4)

神無月朔日 短歌再掲



と き ど き は 風 を 伝 へ る イ ヤ ホ ン の ど こ ま で ゆ か む 十 月 の 森



ときどきはかぜをつたえるいやほんのどこまでゆかむじゅうがつのもり
[PR]
by alglider | 2012-10-01 23:53 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧