<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

睦月尽日  一首


f0100480_2343614.jpg
 martinak15



こ れ か ら を 黙 し て ゆ か む 覚 悟 な き し ぐ さ の や う に 雪 は ふ り け り



これからをもくしてゆかむかくごなきしぐさのようにゆきはふりけり
[PR]
by alglider | 2013-01-31 23:02 | 短歌 | Comments(4)

一首 (推敲しました)


f0100480_2239477.jpg





窓 辺 に は 水 栽 培 の ヒ ヤ シ ン ス た れ よ り 先 に 知 ら せ る た め に



まどべにはみずさいばいのひやしんすたれよりさきにしらせるために
[PR]
by alglider | 2013-01-29 22:37 | 短歌 | Comments(7)

介護施設を見に   一首




f0100480_19233721.jpg




22:05


黴 く さ く 傷 の こ す る る レ コ ー ド は 愛 の 賛 歌 と い ふ 名 を 持 ち き



かびくさくきずのこするるれこーどはあいのさんかというなをもちき



 18日の



 金曜日。義母が入院する病院から、急に(というのは朝っぱらからの意)「いつでも退院できます」との連絡があった、とお咲きさんからメールが届いた。まあ、「出ていけ」の意味ではないのだが「こうこうこういう状態で、もう医療より介護へ移っては」みたいな話は一切なかった。病院としては間違ってはいないだろうが、連絡事項のような伝言で済ませる話でもあるまい。ま、それは後々のことにするとして、介護型老人ホームを探さなくてはいけなくなった。


 すでに、話を聞いていた介護グループがあったので、今日、お咲きさんと見学に行ってきた、というより、もう仮契約に近いだろうなあ。そこで過ごす人たちを見たが、まだ歩いて、車いすでも自由に動ける人たちだ。義母はまったく左半身が麻痺しているし、言葉が出ないからコミュニケーションが取れない。その差が頭の中でうずめられない。一日、一週間がなかなか想像できない。


 また、こんなことも知った。義母は胃瘻をしているが、そこから出ているチューブを取ってしまわないように、動く右手にミトンをはめ拘束されている。それが介護の現場では出来ないというのだ。必要でも法律上できない。病院では医療行為だが、介護施設での拘束は虐待にあたるらしい。難しい。そしたら医療と介護が合体した施設があればいいのだが、あるけど、高額すぎるよ。経済状態に応じて特養も応募しておかないといけない。



 自分なんか施設に入るお金はないだろうから、しっかり死ぬ段取りを決めておかないといけない。それも上手くいくかどうかは天しだい、というのだから世の中ややこしくなってきたものだ。





 そんなこんな。




只今のながらCD

UMMAGUMMA / PINK FLOYD
[PR]
by alglider | 2013-01-27 19:23 | 短歌 | Comments(4)

シモネタ 一首


f0100480_17464365.jpg



22:05


そ ち ら に も 桜 の 名 所 は あ り ま す か 泉 下 の き み と 盃 を い づ れ は



そちらにもはなのめいしょはありますかせんかのきみとはいをいずれは





 オシッコ


 が白濁してきて病院に行ってきた。シモの話で恐縮だが、泌尿器科にはもうずいぶんと前からお世話になっていて、歳を取った証明のように前立腺肥大になり頻尿、残尿感が出はじめた。市販の薬よりも病院にかかった方が断然経費的にも安いので通院を始めたが、去年の胸椎硬膜外血腫で脊髄を損傷して、さらに神経因性膀胱という病気が加わった。


 これは頻尿ではなく、尿が出ない病気。薬には「毒」とか「劇薬」とか日本薬局方の分類があるけれど、処方されたウプレチドは「毒」で、運動神経のはたらきを活発にして、骨格筋の収縮や興奮を増強させ、筋力を高める作用がある薬。筋無力症の治療に使われる。つまりオシッコを出す筋力に働くわけだが、副作用がひどくってしょっちゅう血液検査でチエックしていた。だんだんオシッコも自力で出るようになり、薬(ウプレチド)に頼らないようになった。


 それでも、症状は日替わりメニューで、出なかったり、急に切迫した尿意を感じたり、本当に困ってしまう。そして、出かける前と寝る前に自己導尿に頼ることもある。これがやっかいで、いくら消毒石鹸で手を入念に洗い、エタノールを付けてもカテーテルにわずかな菌はしのび込むようで、先週の中ごろから尿が白濁し、膀胱と尿道が痛み、土曜に予約なしでかかりつけの医者に泣きついた。で、結果、膀胱炎なり。只今、抗生物質を飲んでいる。ちょっとマシかな。逆流性食道炎、アルコール依存症からくる薬、脊髄損傷からくる薬、高圧剤…あーっ、覚えきえないほどの薬を飲んでいるけど、それを忘れることはないから、そこんところは明るい。暗いのは出かけるのが億劫になることだ。これって自由度低いよ、結構不便。




 そんなこんな、57歳最後のネタはオシッコの話でした。



只今のながらCD

CHACONNE ORIENTALE / ICHIRO TAKAMOTO
[PR]
by alglider | 2013-01-20 17:46 | 短歌 | Comments(6)

失語の果てに 一首



f0100480_233463.jpg



23:59


雲 よ り も 低 く い き か ふ 飛 行 機 の 偶 数 あ り て 終 末 の ご と



くもよりもひくくいきかうひこうきのぐうすうありてしゅうまつのごと





 昨日は


 去年三月二十一日に食道癌で逝った友の家まで線香をあげに行った。彼は高校、大学と続いて後輩になった人物で、後々結婚する彼女も私が紹介したようなものだった。その彼女も39歳という若さで逝き、彼は子供3人を育てあげ55歳で泉下の人となった。七人集まり、線香の後は偲ぶ会となった。大学の文芸部の後輩が酔っ払ってしまって「僕の目標は(詩をかいていた)パンタタさんを追い越すことだった」と言いだしたりしたけど、もうずいぶん追い越されてしまって、彼は大学教授である、笑。


 詩を書いていたことはみんな知っているから、なぜ短歌をやり始めたのかと尋ねられた。中には天皇家との関連で、短歌を否定する者もいたが「それは言うことではない」と諭す者もいて、大人になったものだ。私自身にお酒が入っていたら、もうそこで激しい言い争いになっただろうけれど、私はお酒を断ったから、反対に酒でテンションの上がった議論や話は苦手というか恐怖ですらある。


 その恐怖は短歌を始めたことと関係していて、お酒を止め出したとき自分の内面を見つめ直すために、久しく途絶えていた詩を書きだしたのだが、これが終わらない。果てのないモノローグになり、独りで、今から思えば惨憺たる言葉をえらび螺旋を下りていく羽目になった。そこにふと思い出したかのように心に入ってきたのが定型の短歌だった。その“ふと”のきっかけは覚えていない。お酒をやめて2年目か3年目だったか。定型だから三十一文字に思いを込めて、とにかく一首で形式上は終わる。この“終わる”という現実はありがたかったのだ。目の前に実存として作品があるというのは救いになった。病人の文芸である所以か。


 ただ、お酒をやめたということは、これまでの思考、行動、言説などを全部捨てることであった。「飲み始める前の体験とかは生きてないの?」と訊かれたが、飲み始める前の思考と今を繋ぐ橋は落ちたのだ。つまり、酒を断ってからは一から世界の再構築をしなければならなかった。以前にも書いたが「湯船に右足から入って、左足から入れと注意をされても、それは好き勝手の問題だ、と反論・主張することができない状態」。なぜなら反論の拠り所、つまりこれまでの常識や体験などは酒を断ったと同時に有効でなくなったのだ。今でも「左足から入れ」と言われれば「すみません」と謝る私がいる。


 そして、お酒を断つ期間が長くなれば、世間に戻ってこられたか、というと、最近はますます周囲が恐くなって物事が言えない、反論を恐れるあまりに沈黙する、不安症が出て失語症に近い状態に陥る時間が増えてきた。


 両手で足りぬ友の死、わが身の病気、お咲きさん持病、義母の脳梗塞など「老いと病」が身近なものとなってきた。それ自体は“生”の自然なことではあるが、アルコール依存の後遺症というか、酒をやめても進行性である精神の病だから、空から覆いかぶさり地から湧く不安をの中に晒されるときがある。私は黙るだろう。意識的な態度として向き合った失語の果てに歌はあるだろう。





 そんなこんな。



只今のながらCD

KATHI McDONALD / KATHI McDONALD
[PR]
by alglider | 2013-01-13 23:10 | 短歌 | Comments(5)

明日から仕事  一首


f0100480_2235569.jpg



22:35


き の ふ へ の 夜 へ と も ど る 階 梯 に 腰 を か け を る わ れ に 会 ひ た り



きのうへのよるへともどるきざはしにこしをかけおるわれにあいたり




 明日から


 本格的な仕事始めです。今月はお酒をやめて丸々8年が過ぎ9年目に入り、誕生日を迎え、一つ年を取る月。ぼちぼち腰をあげてスタートです。






 そんなこんな。



只今のながらCD

FELT / NILS FRAHM
[PR]
by alglider | 2013-01-06 22:03 | 短歌 | Comments(4)

Alice Cooper 巳年動画



        


 アリス・クーパーと言えば、下の「キラー」のヘビジャケだけではなくって、ヘビをつかったステージアクト。では、どうぞ。
[PR]
by alglider | 2013-01-01 21:07 | Comments(0)

HAPPY NEW YEAR 2013


f0100480_167397.jpg




           あけましておめでたうございます
[PR]
by alglider | 2013-01-01 16:08 | Comments(9)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧