「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

皐月尽日  一首


f0100480_2355312.jpg



23:31


保 身 ゆ ゑ 見 送 る が は に 立 ち つ く す わ れ で あ る か や 雲 は ち ぎ れ り



ほしんゆえみおくるがわにたちつくすわれであるかやくもはちぎれり





 本当に


 この年齢になると時の経つのがはやいなあ。もっと歳をとるともっとはやくなる? あうち。この前、火葬について調べることがあった。火葬炉の裏で遺体が生焼けにならないように、火の加減や遺体を棒で燃えるように動かして加減するのだそうだ。それを知って何故かショックを受け、何とか土葬にしてほしいと思うのだが、日本では法律違反ではないものの土地の事情とかで難しそうだなあ。刑事コロンボなど海外ミステリーを見ていると、再捜査のため墓を掘り返すシーンがあったりするが、アメリカでは土葬と火葬は半々の割合なのだそうだ。




 そんなこんな。




只今のながらCD

SOMEWHERE / KEITH JARRETT GARY PEACOCK JACK DeJOHNETTE
[PR]
by alglider | 2013-05-31 23:05 | 短歌 | Comments(6)

思い出  一首


f0100480_23161055.jpg



23:44


ま だ き み は 過 去 を か ざ ら ず 思 ひ 出 に 蝕 ま れ る こ と な く 野 に は 花



まだきみはかこをかざらずおもいでにむしばまれることなくのにははな





 最近、


 圧倒的な思い出に押しつぶされそうになっている。紙切れに書かれた些細なメモや落書き。壊れた人形。写生画。デッサン。習字。紙粘土。便箋。その他おおくの過去の物物たち。何もかも捨ててしまおう、と捨ててたのだが、思い出は増すばかり。そう、何点か重要なものを残したのだった。



 そんなこんな。



只今のながらCD

AND WINTER CAME… / enya
[PR]
by alglider | 2013-05-29 23:16 | 短歌 | Comments(2)

根気がない  一首


f0100480_21284126.jpg



23:16


ひ よ つ こ り と 顔 を だ し た る あ ま ん じ や く 甘 い 水 な ど 受 け 取 ら ず に ゆ く



ひょっこりとかおをだしたるあまんじゃくあまいみずなどうけとらずにゆく





 最近、


 根気がないなあ、と実感する。まず、長い文章、とくに論理的な文章を読み続ける気力がない。途中で諦めるか、流し読みして分かったふりをするかだ。mixi や Twitter で有用な情報を得るのだが、長文だとちょっとつらい。駄目だなあ、と思う。この歳になっても成熟からほど遠いところにいるようだ。


 後輩が先輩のブログの存在を教えてくれた。楽しみに開いてみると、簡易なブログではなく本格的なホームページである。昔からの日記、詩、小説、論評などがアップされているが、膨大な文章量だ。学生の時は政治的な発言をしない人だったが、今は時事論も並ぶ。ロマンティックな哲学者、永遠の青年であったその先輩が、今も現役で文章を書いていることに喜んだ (詩がまたいいのである) が、上記したように読む根気がない。あちゃー。ぼちぼち、読み進めよう。





 そんなこんな。



只今のながらCD

FOUR MOMENTS / SEBASTIAN HARDIE
[PR]
by alglider | 2013-05-26 21:28 | 短歌 | Comments(4)

領域一首

f0100480_23554161.jpg




こ の 道 を し ま ら く 行 く と 曲 が り 角 あ あ そ こ か ら は 過 去 に 属 せ り



このみちをしまらくいくとまがりかどああそこからはかこにぞくせり
[PR]
by alglider | 2013-05-24 23:55 | 短歌 | Comments(4)

花菱草


f0100480_22143868.jpg

[PR]
by alglider | 2013-05-18 22:14 | 日々是口実 | Comments(2)

あつらひの  一首


f0100480_22291657.jpg



23:11


あ あ こ れ が す ず か け の 道 あ つ ら ひ の 思 ひ 出 恋 ふ る 日 暮 れ も 来 た り



ああこれがすずかけのみちあつらいのおもいでこうるひぐれもきたり




 最低気温が


 9度で最高が23度という一日であった。家を出るときは風があると、首をすくめてしまうが、昼の街を11階から眺めていると半袖半パン、元気な子供とちょっとおしゃれのために我慢してる男子たちが見える。


 私も昔は大層な暑がりで、連休を過ぎればだいたい半パン、ビーサン生活だったのに、加齢のため体内燃焼機関が衰え始め、そういうわけにもいかなくなった。家では一年中裸足だったのに、一週間ほど前まで靴下をはいていた。すごく自分が体たらくになった気がするが、年相応の体温調節をしなければならなくなったのだなあ、と失うことが増えていくこれからを思ってゐる。



 そんなこんな。




只今のながらCD

MORROCAN ROLL / BRAND X
[PR]
by alglider | 2013-05-08 22:29 | 短歌 | Comments(5)

連休お終い  一首



f0100480_22551599.jpg




膀 胱 の か ら つ ぽ に な り た る し あ は せ を 老 荘 思 想 と 嘯 き て を り



ぼうこうのからっぽになりたるしあわせをろうそうしそうとうそぶきており
[PR]
by alglider | 2013-05-06 22:55 | 短歌 | Comments(4)

連休二日目  短歌一首


f0100480_13225581.jpg





15:15



忘 却 は か な は ず に あ り 常 し へ に 添 ふ て 降 り た る 花 ち ら し の 雨



ぼうきゃくはかなわずにありとこしえにそうてふりたるはなちらしのあめ



 昨日は


 短友の拓諳さんと詩人のなっちゃんと待ち合わせして、梅田スカイビル地下の滝見小路「きじ」でお好み焼きを食べた。「きじ」はJR大阪駅高架下の新梅田食道街の一角、中二階にあるのが本店で、そちらには隣が行きつけのバーだったので、酔いに任せてよく食べに行った。「おいしい」の評判に嘘はない。それはよいのだが、ただ並ばなければならない。お好み焼きに並ぶというのは、あまり性に合わない。昨日は拓諳さんが順番を確保していてくれた。ありがたし。


 すでにiPhone を使っていらっしゃるお二人に、便利なアプリを教えてもらい、ダウンロードする。緊急警報や避難場所ナビってエライ時代になったものだ。拓諳さんが虫眼鏡のアプリをしきりに勧めるが、何に使うのか? 評判のLINEもダウンロードしたら、間髪をいれず、友達のひまわりから「Welcome」の返事が届いた。すばやいツールだなあ… 不思議というか不気味なのは、すでに亡くなった友人三人がLINEを使ってることである。LINE のサービス開始より早く亡くなってるのに、誰かが故人を忘れないよう形見として使っているのだろうか?
恐くってよう連絡しません。


 そんなこんなで家に帰ったら急にiPhoneの調子が悪くなった。「SIMカードが挿入されてません」と表示が出て、お咲さんからの電話が通じなかったし、こちらからもできず。あれこれネット調べて再起動でなんとか正常に。手間のかかる機器だす。



 で、帰省中のお咲きさんから今昼に電話があって「荷物が多いので11時ごろ迎えに来て、とメールを入れたのに…」ということであったが、寝ていたし、しかもスマホの電源を切っていた。申し訳なく、昨日から何か手伝うことがあったら連絡頂戴って言っていたのに、なんの役にも立たず。無惨な更新をしておりまする。




 洗濯も終わり、買い物へ出発。そんなこんな




只今のながらCD

TCHAIKOVSKY CONCERTO No.1 & RACHMANINOFF CONCERTO No.2 / VAN CLIBURN
[PR]
by alglider | 2013-05-04 13:22 | 短歌 | Comments(7)

皐月朔日  一首



f0100480_221512.jpg



ま な 板 に 鯉 の い つ ぴ き 腐 り を り 西 日 の な か の 旋 律 ひ く し



まないたにこいのいっぴきくさりおりにしびのなかのせんりつひくし





そんなこんな




只今のながらCD

BARK / JEFFERSON AIRPLANE
[PR]
by alglider | 2013-05-01 22:07 | 短歌 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧