<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雨止まず   一首(推敲しました)

■■
■■■
f0100480_14273911.jpg


16:41


西 陽 映 え テ ー ブ ル の 上 に お か れ し 水 飲 み 鳥 は ひ た す ら 詫 び る



にしびはえてーぶるのうえにおかれしみずのみどりはひたすらわびる



西 陽 映 え テ ー ブ ル の 上 に お か れ たる 水 飲 み 鳥 は ひ た に 詫 び お り



にしびはえてーぶるのえにおかれたるみずのみどりはひたにわびおり





 雨が上がったら


 買い物兼散歩に出ようと思うのだけれど、すんなりと上がってくれなくて、諦めの悪い雨がしとしとと降っている。あ、今、陽が射してきました。


 歌誌「月光」へ出す歌が31日締め切りで、2カ月の間に詠んだ歌を整理していたのだけれど、思うように、満足する歌が十五首そろわない。明日のギリギリまで放り出して気分を変えましょう。煮詰まると何ごともよくない。さあ、買い物だ。


 暦を見ていたら弥生三月は新月で始まり新月で終わるんですね。



そんなこんな。




f0100480_16363747.jpg

只今のながらCD

LIVE 1976-1998 TONIGHT’S THE NIGHT / ROD STEWART
[PR]
by alglider | 2014-03-30 14:27 | 短歌 | Comments(2)

吹く風を心の友と  中原中也未刊詩篇

■■
■■
f0100480_2341686.jpg


23:56




(吹く風を心の友と) 


吹く風を心の友と
口笛に心まぎらはし
私がげんげ田を歩いてゐた十五の春は
煙のやうに、野羊のやうに、パルプのやうに、

とんで行つて、もう今頃は、
どこか遠い別の世界で花咲いてゐるであらうか
耳を澄ますと
げんげの色のやうにはぢらひながら遠くに聞こえる

あれは、十五の春の遠い音信なのだらうか
滲むやうに、日が暮れても空のどこかに
あの日の昼のまゝに
あの時が、あの時の物音が経過しつつあるやうに思はれる

それが何処か?――とにかく僕に其処へゆけたらなあ……
心一杯に懺悔して
恕(ゆる)されたといふ気持の中に、再び生きて、
僕は努力家にならうと思ふんだ――



                                       中原中也未刊詩篇より




f0100480_23503927.jpg

只今のながらCD

VINCENT Ⅰ/ VINCENT ATMICUS
[PR]
by alglider | 2014-03-23 23:41 | 短歌 | Comments(4)

春遠からじ  一首

■■

f0100480_22245128.jpg


23:17


こ の 花 も あ の 花 々 も い っ せ い に 名 前 を 捨 て て 春 野 と な り ぬ



このはなもあのはなばなもいっせいになまえをすててはるのとなりぬ





 洗濯日和。


 たったったと2回洗濯を済ませて散歩と買い物に出た。洗濯物を取り入れ、そして2回目を干す。こういうときにマンション暮らしは狭いなあ、と思う。実家なら洗濯物を両手に抱え、陽の当たる縁側にどさっ投げ出せばいいのだが、マンションだとなかなかそうもいかない。ま、私んとこのリビングが片付いていないせいもあるのだけれど、今日は縁側が恋しかった。それほどの日和だった。


 外に出ると風が心地よい。こずえにジョウビタキが止まっていて、この鳥はあまり人を警戒しないので、近くで見ることができる。iPod を持って出ないように決め、風の中の春の音、鳥の鳴き声、ゲートボールを打つ音、そして野焼きの匂い、梅の香り、竹林のざわめき。


 決して調子が良いとは言えない体調だから、愛おしみながら歩くつもりなのだが、そうドラマのように風景が変わるわけでもなく、神の力が降りてくるわけでもなく、今のところ季節はしっかりと歯車に噛み合っているみたいだ。


 歩いて行くと、縁側もいいが、フェンスもいいなと思う風景に出合う。金網のフェンスに洗濯物、TシャツならTシャツがそのままの形でピンチで留められている。3枚並ぶともうモダンアートだ、笑。早く乾くだろうなあ。シャツだけでなくジーンズなどもそのままの形でフェンスに。遠くから見るとTシャツやジーンズが宙に浮いているように見えたのだった。




そんなこんな。



f0100480_2384384.jpg

只今のながらCD

LA SCALA / KEITH JARRETT
[PR]
by alglider | 2014-03-16 22:24 | 短歌 | Comments(5)

充実の一日てか   一首



f0100480_17463518.jpg


23:42


見 お さ め と も う 見 お さ め と 過 ぐ る 日 の 退 屈 き わ ま り な き 愛 し さ



みおさめともうみおさめとすぐるひのたいくつきわまりなきいとしさ




 今日は


 隣りの市にある年金事務所まで後納手続き更新へ行ってきた。土曜は月に一回、第二土曜しか開いていないので混む場合がある。9時半開所だったので、ま、その時間には着くように出かけた。相談に来てる人はまばらで、番号札を受け取って30分も待たなかった。


 過去10年に遡り、払っていない国民年金を払えるようになったのが2年前の10月ごろだったと思う。アル中時代払ってないので、後納制度を利用してるのだが、毎年、年度替りに新しい振り込み用紙を申請しないといけない。去年も3月第二土曜に更新手続きをしたので、今年もそれにならって行ったわけだけど「4月でないと受け付けられない」と若い担当者が言う。


 うーん、それはおかしいんではないの。初めて訪れたときの担当者が親切な人で「来年の2月下旬か3月初旬に更新手続きしてくださいね」と忘れないように注意書きのメモをくれている。それを見せながら「去年も3月の第二土曜に更新したんですよ」と言っても「それは間違ってます」と言う。じゃ、間違ったのはどちらなの?ということになるのだが、何だか私がクレーマーのような具合だ。


 年金事務所はお粗末な不始末をやらかしているので、対応は「そこまでせんでも」というぐらい腰が低い。「ちょっとそれはおかしいでしょ」と普通の声量で言う程度で「大声は出さないでくださいね」とでも言いたそうな困った顔をするものだから、こっちがクレーマー気分になる。それこそ困った話である。何とか受理してもらったけど、混んでなかったので予定よりずいぶん時間が余っちゃった。


 スタバ(あまり好きではないので3回目の入店)で雪太郎君とizumi ちゃんに葉書を書く。やねうらねこさんの歌集を読みながら付箋を貼る。そんなことをしながらお昼1時過ぎまで過ごして蕎麦屋へ。


 馴染みのところ(と言ってもしょっちゅう顔を出すわけではない)だから「あら、久し振り。元気でした?」と痛いところ突かれ「いやー、変てこな病気になってもて」と月に1回、血を捨てに行く話をすると「えー、昔なら売れたのにねぇ」っていつの時代の話だ。「そんな変な病気にも病名はあるの?」って聞くから「真性多血症」って答えると「ちゃんと血が多いって言葉が入ってるのね」って、どこまで天然なんですか、笑。「粗挽きおろしそば」を食べてから「細切り」を一枚追加。「そばがき」をサービスで出してくれた。お咲きさんがここのそばがきを初めて口にしたときの言葉は「今まで私が食べていたものは何だったの?」であった。おいしくワサビと辛味大根と醤油でいただく。


 そのあと整体へ。充実の一日てか。




そんなこんな。



f0100480_23291975.jpg

只今のながらCD

TONIGHT JOSEPHINE / TAPE FIVE
[PR]
by alglider | 2014-03-08 17:46 | 短歌 | Comments(0)

弥生朔日(腕組み)   一首 


f0100480_19214890.jpg


20:47


早 春 の 梢 の 先 に 風 が い て わ た し を 騙 す わ た し を 見 て る



そうしゅんのこずえのさきにかぜがいてわたしをだますわたしをみてる





 今日も


 今日とて病院通いだったのですが、駅前のマンションの塗り替えが終わり、イントレ(鉄パイプの足場)の解体が始まっていた。上からパイプを1本ずつひょいと(手渡しではなくて、手放すんですよ)下ろしていく。何人もの鳶職人が天から地上へ一列に並び、ひょいひょいと1本ずつ下ろし、トラックへ積んでいく。しばし、見とれてしまった。


 病院の帰りに整体院に寄った。ぎっくり腰を診てもらい、かなり回復。歪んだ腰のままコルセットしていても変に固まってしまうだけ、とアドバイスをもらう。かなり真っ直ぐ立って歩けるようになった。朝は進化途中の類人猿みたいだったのに。


 そうそう、阪急梅田駅に行く途中にレトルトカレー専門店(全国のレトルトカレーを集めて、イートインもできる)の大きなポスターが貼ってあり、腕を組んだ3、4人のシェフの写真がずらり並んでいた。味を決めたシェフ達でしょうか。以前から思っているのだけど、フレンチでもイタリアンでもラーメンでも、なんでもいいんだけど料理人の写真は何故に腕組みしてるのだろう。料理雑誌の取材や編集を長くしてきたが、そんなポーズの注文をしたことはない。テレビが料理人をアスリートっぽく扱った影響か。何にしても偉そうで気が滅入る。気取っていてもいいから、普通に気取ればいいと思うのだけれど。


 高校の物理の先生が「腕組みというものは議論か喧嘩のときのポーズ。人前で腕組みをするのは失礼だ」と言っていたのをよく覚えている。困ったときや思案中の腕組みもあるから、全面的に正解!とは言わないけれど、そのニュアンスを腕組みは内包していると思う。プロレスのポスターを見れば一目瞭然。客が「オレは客だぞ」と威張るのも嫌いだが、シェフだぞと腕組みするのもどうかと思う。くもさん、取材があったら腕組みしちゃ駄目だよ、笑。




 弥生朔日、雨が降っているけど今夜は新月(朔)。そんなこんな。



f0100480_20343811.jpg

只今のながらCD

VOICE / HIROMI featuring ANTHONY JACKSON, SIMON PHILLIPS
[PR]
by alglider | 2014-03-01 19:21 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧