「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

霜月尽日    一首

■■
■■
f0100480_18273394.jpg



20:37


た そ が れ に あ の 世 こ の 世 が キ ス を す る な く し た 両 手 に 抱 き し め ら れ て



たそがれにあのよこのよがきすをするなくしたりょうてにだきしめられて





 今日、



 散歩に出かけたら、おじいさんに道を尋ねられた。「ここを行けば高良神社に行きますか?」。以前にも行かれたことがあるそうで、指し示しておられる道は急ではあるが近道である。しかし、登ったところにある貯水池拡張工事のため、近道である遊歩道は、工事車両が通るための仮設道路を整備している。立ち入り禁止である。おじいさんにその旨を伝え「えーっと、この山をぐるりと裏手に回って、ぐるぐると…..」と説明し始めたけれど、言葉で分かる道ではない。私もよく迷う道である。急ぐ日曜日ではない。「一緒に歩きましょう」と二人連れの散歩になった。


 歳を尋ねられ、来年で還暦だと告げ、聞き返すのが礼儀だから年齢を尋ねると、米寿だとおっしゃる。へーっ、それでこの山道行きますか、と驚いた。高校の化学の教師をし、校長も何校か勤め、著書も何冊かあって、今年何とか褒章を貰ったそうである。会話が少し、ほんのリトル噛み合わないけど、途中で休憩しながらだけど、二人して高良神社を目指す。途中から落葉の道をがさがさ鳴らしながら行く。願い事というより、お礼に行くのだそうだ。「もう道は分かりましたから、ここまででいいですよ」と言われたが、まだ先に曲がり角、分かれ道があるので心配だし、私も願い事があったので神社まで歩いた。賽銭を入れ、種々の人間関係の平安を祈った。米寿のおじいさんはも賽銭を入れ手を合わせたのだが「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」とお経を唱え始めたので驚いた。ま、いいか。もう少しここに用事があると、言われるので「さようなら」と私は私の散歩に戻ったが、あんな寂しい人気もない神社に「南無阿弥陀仏」の後に何の用事があるのだろう。


 余談。薬の副作用で髪が抜け、前頭葉、頭頂あたりが薄くなってきている。薬をやめることはできないので、何とかマシに見えるように髪を伸ばし、ボリュームでカバーしようとしているのだが、髪が耳やうなじに掛かって変な感じ。私らの世代はほとんど人が若いころは長髪だった。私も御多分に漏れず髪を伸ばしていたが、今となってはその元気がない。髪を伸ばすのは若者の特権ではなく、元気がある証拠なのだ。元気も根気もなく、髪がうっとおしいのだが、作戦は作戦であって続行である。ひさしぶりなので髪型を決められずにいる。


 まったくもって時の過ぎるのは早い。明日から師走12月だ。本人にその自覚がなくっても、なんだかんだと予定が年末らしくなってくる。





 そんなこんな。




f0100480_18461297.jpg

只今のながらCD

HOME / PROCOL HARUM
[PR]
by alglider | 2014-11-30 18:27 | 短歌 | Comments(2)

体の痛む連休だった   一首


■■
f0100480_1510155.jpg



19:15


投 げ だ し た 裸 の ま ま の わ が 腕 を 半 島 と し て 海 を 思 え り



なげだしたはだかのままのわがうでをはんとうとしてうみをおもえり




 背中や


 脇の周辺が痛む。脊髄手術の後遺症で痛み止めを飲むしか手がないようである。執刀医は「神経も切っているからなあ」と呑気である。もうすぐ術後3年が経つが仕方なし、と私も思う。今は近所のかかりつけ医にロキソニンを処方してもらっているのだが、これはきつい薬で胃薬と一緒に服用しないと胃潰瘍になる可能性がある。市販もされているようだけど、みなさん購入される場合は薬剤師にご相談を。


 ピンク・フロイドの20年ぶりの新譜を買ってよく聞いている。サウンドは要所要所ピンク・フロイドなのだけれども、これはデビッド・ギルモアが居ると嫌でもそうなるわけで、それは彼のソロライブを聴けば分かる。私は欲張りなので、やっぱり(ロジャー・ウォーターズも参加して)1枚のレコード、CDを通して流れるピンク・フロイドらしいコンセプトに期待していたところがあり、少し物足りなさ(散漫さ)も感じている。歌詞がほとんどないのもさみしい。サウンドだけならマニアが聴けばいいようなものだけれども、リック・ライトを悼み偲ぶ思いが通奏低音としてあるので、心を捉えて離さない静謐さがある。これはマニアだけが感じるものではない。ここが痛いところ突いているわけで、実に微妙で複雑な思いにさせられる1枚である。




 そんなこんな。



f0100480_1853028.jpg



只今のながらCD

THE ENDLESS RIVER / PINK FLOYD
[PR]
by alglider | 2014-11-24 15:10 | 短歌 | Comments(8)

暮れるのが早いなあ  一首



f0100480_22571189.jpg


23:34


手 を 紙 で 切 り た る 夜 の か た む き て あ あ や っ ぱ り と 冬 に 入 り ぬ



てをかみできりたるよるのかたむきてああやっぱりとふゆにはいりぬ





 自分でも


 久しぶりと思ってはいたのだけれど、主治医に「7月以来だね」と言われて「えーっ!」と驚いてしまった、きのうのアルコール専門病院だった。昔は1か月には一回通院していた、というのも、それで抗不安剤が切れるペースだったし、そのように処方されていたのである。それが、毎日薬を飲まずに済むようになって「あ、切れるな」と気づいて行ってみると、3か月、4か月経っているというわけである。それはそれでいいのだが、そのまま足が遠のいてしまうのはまずいのである。


 気持ちの方は相変わらず低空飛行を続けていて、なかなかスッキリしない。冬になって早く日が暮れるようになると、気持ちがざわざわして落ち着かないというか、みぞおちあたりに洞ができたような気になる。マフラーをぐるぐると首に巻いて、何も逃げて行かないように家路につく。





 握力も弱り、時間はこぼれゆく一握の砂のようだ。


 もう、年も暮れてゆくのですねえ。そんなこんな。




f0100480_2355580.jpg



只今のながらCD

THE SNOW GOOSE : RE-RECORDED EDITION / CAMEL
[PR]
by alglider | 2014-11-16 22:57 | 短歌 | Comments(2)

霜月弐日      一首


f0100480_22583862.jpg




一 日 は 黄 葉 紅 葉 散 り ゆ く を 別 れ 来 し 人 の 身 じ ろ ぎ も せ ず



いちじつはこうようこうようちりゆくをわかれこしひとのみじろぎもせず




f0100480_22585133.jpg


23:52



 三連休を


 美術館巡りで過ごそうと思っていたのだけれど、あいにくの雨の予報ばかり。霜月に入り雨は降ったり止んだりで、このぐらいなら出かけようと思ったのだが、一日はなんだか頭がふらふらして(たぶん薬の飲み合わせのせいだと思う)出かけずに、横になってすごした。


 そして二日の今日、重い頭と腰をあげて西宮市(兵庫県)の大谷記念美術館へ「SIMON DOLL 四谷シモン」を見に行ってきた。球体関節人形を知ったのはドイツのシュールレアリスト、ハンス・ベルメールで、日本でも作っている人が何人かいると知ったのは随分とあとだった。四谷シモンさんの人形も写真で知るばかり、本人さんも唐十郎率いる状況劇場での役者ぶりの方が先に耳に入っていたかもしれない。知ったのは雑誌「太陽」の特集だったか、渋沢龍彦さんの文章だったか、それも忘れた。とにかく第一印象は金子国義さんの絵を立体的にして関節を球体にしたもの、という印象だった。どちらにしてもエロチシズム二乗である。

 そうそう渋沢龍彦さんの生原稿が展示してあって、これが丸みを帯びた文字で一マス一マスきっちり納まって、几帳面というか何だか可愛らしい。あの文章がこの文字で!と、これもなかなか貴重でありがたい展示だった。


 明日は、米田知子写真展「暗なきところで逢えれば」(←クリック)を見に姫路市立美術館へ。最終日だ。


 「ヴォイニッチ写本の謎」。久しぶりに単行本を読んでいる。


 

 ずっと低空飛行だなぁ......そんなこんな。





只今のながらCD

THE KIDS ARE ALRIGHT / THE WHO


f0100480_2353943.jpg

[PR]
by alglider | 2014-11-02 22:58 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧