<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

神無月尽日    一首

■■■
■■■
f0100480_21454051.jpg


23:16



口 惜 し き 一 つ ひ と つ を 埋 葬 す オ リ オ ン 果 つ る 野 辺 も あ り な ん



くちおしきひとつひとつをまいそうすおりおんはつるのべもあえりなん



 十月


 廿六日午後10時10分に義母が亡くなった。お咲きさんが見舞いから帰って来てから、10分もたたないうちに「急変」の知らせが届いた。二人で電車に飛び乗り、最寄り駅からタクシーを走らせる。すぐにICUに通されたが、人工呼吸器で胸が上下しているものの、すでに心臓の波形は平坦であった。私たちが到着するまでの医者の計らいである。敗血症による急変の説明を聞き、人工呼吸器が止められ、死の宣告がなされた。小さく声を出し少しだけお咲きさんは泣いた。見舞い後の急変というのは「さっきまで生きていたのに」という思いを強くさせ、傍から見ていてもつらい。「あなたのせいではない」という分かり切った言葉はとても口に出せない。


 早速、葬儀社の手配に取り掛からなければならず、感傷に浸る間もなく事務的なやり取りの声が誰もいない病院のロビーに響く。なんと残酷であるか!とも言えるが、事務的なことはいろんなことを一時忘れさせてくれる。お咲きさんにいつ大きな感情の空白が訪れたかを私は知らない。一日を置いて28日に通夜をして29日が告別式となった。娘さんが結婚する相手が告別式に参加してくれ、すでに親戚かのように(笑)お棺に花をいっぱい手向けてくれたのだった。親戚縁者を火葬場まで車で乗せてくれたりして、思わぬお婿殿のお披露目になってしまった。概ねというか、とても評判がよく、出棺のときも男手の一人として手を添えてくれ義母も安心して逝ったであろう。




 とにかく葬儀というものは疲れるものだ、と知った。自分の両親の時はお酒の酔いに任せて、というかずっと酒を飲んでいた。感情が不安定なところがあるから「(私の)お母さんが亡くなったとき、変な言い方やけどアルコールで乗り切れたんやろね」というのは40年以上付き合いのあるBEATNIKSさんの言葉である。BEATNIKSさんもお母さんを亡くしたばかりで、私からの一報を知ったときの返事のメールの出足が「ああ、大変だ」だった。大変なのはお咲きさんである。今日は義母がお世話になっていた介護施設の片付けに行って、夜はフィギュアのカナダグランプリを見ていたが、どういった感情なのだろう。推し測れるのが夫婦だというのは、世間の質の悪い嘘だ。奥の奥まで分からないから洗練された儀礼的な言葉があって、一人深く入っていくために詩歌はある。お咲きさんは介護施設へ、私はお世話になった病院へ支払いへ、と桃太郎のような一日が終わったのだった。



f0100480_2324859.jpg


 義母が入院していた病院の近くにある肉そば丸源。今日でもう訪れることもない。食べ納めかと担々麺と餃子を再び食してきた。



 そんなこんな。





f0100480_2322261.jpg

只今のながらCD

NO THYSELF / MAGAZINE
[PR]
by alglider | 2015-10-31 21:45 | 短歌 | Comments(2)

そうだ京都へ行こう   一首

■■
■■■
f0100480_21403872.jpg


23:08



雨 の 上 に ゆ う ぐ れ 来 た り 悲 し み の 背 骨 の ご と く 鉄 塔 の 立 つ



あめのへにゆうぐれきたりかなしみのせぼねのごとくてっとうのたつ




 いま義母が


 入っている病院は二度目である。この病院から介護施設に移り、敗血症でまた戻ってきたのだ。上の歌は、一度目の入院していたときに出来たもので、写真の鉄塔は病院の休憩室から見える。その日は雨が降っていた。娘さんが結婚することをメモ用紙に大きく書いて義母に見せたが、会話ができないから理解しているかどうか分からない。しかし、希望的な観察では、メモを見た時に瞳が開いたような気がしたのだが。どうだろう。理解しているなら、結婚式への出席のことなどを思ったかもしれない。



 今日は京都にある私の両親の墓というか、永代供養の仏壇のマンションみたいなところへ娘さんの結婚の報告をしてきた。帰りは京都市立美術館へ立ち寄って「フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」展を見る。スペインから独立し共和制を敷きプロテスタントを選んだオランダでは宗教画から解放され、風景や庶民を対象とした絵画が発展してゆく。地味だけど面白い切り口の展覧会であった。


 それから小一時間ほど歩いて三月書房へ。風が冷たく、大阪と京都は2度ほど温度が違う。裏路地をひょーっと風が吹き抜けていく。店の天井近くの棚に福島泰樹主宰の「黒時雨の歌」があったので購入する。先生の歌集もなかなか買いそろえるのは難しくなってきている。それと寺山修司の第一歌集「空には本」の復刻版が6割引きあったのでこれも買った。今、棚には「われに五月を」と「空には本」が並んで収まっている。


f0100480_230027.jpg



 嬉しい知らせ、といっても私にとって嬉しいだけなのだが、そういうのがあるのだけれど、今は言えない書けない。たぶん、12月になってから発表します。お咲きさんに「(その嬉しい話を)ご両親に報告してきた?」と尋ねられたのだが、娘さんの結婚の報告ばかりで、すっかり自分の報告は忘れていた。「白薊」から依頼されている歌を詠まなければ。何首かできているが目標まではまだ足りぬ。





 そんなこんな。





f0100480_22584280.jpg

只今のながらCD

THE FINE ART OF SURFACING / THE BOOMTOWN RATS
[PR]
by alglider | 2015-10-25 21:40 | 短歌 | Comments(0)

娘さんが結婚します  一首

■■
■■
f0100480_225455.jpg


23:16



ま だ き み は 過 去 を か ざ ら ず 思 ひ 出 に 蝕 ま れ る こ と な く 野 に は 花



まだきみはかこをかざらずおもいでにむしばまれることなくのにははな




 娘さんが


 結婚することになった。生まれた当時はそれほど世間で騒いでいなかったハロウィンの10月31日生まれで、今月末に31歳になる。彼とは女性装(女装ではなく女性装と言っておられる)で本業より名が知れてしまった東大教授の安富歩先生との集まりが縁らしい。お咲きさんは以前から聞いていたらしいのだが、父親は置いてけぼりを食らうのが相場だし、第一、娘さんと私は3年ほど冷戦状態である。一方的な敗け戦ではあるが、笑。で、先日、彼と会うことになった。「会っておかなければいけないでしょう」と言いだしたのは彼の方で世間的な常識のある人である。ふふふ。


 で、年齢がぐっと年上で娘より一回り以上の44歳。会うと髪も薄くなっている。「へーっ」とちょっと思ってしまった。へーっの次は、えーっと驚く某国立大学を出て、某有名企業に就職していたのだけど、ゲームのストーリーを作るため独立したという話。だけど、今はストーリーの要るゲームが望まれていないとかで仕事はない。頼まれる執筆と家がアパート経営をしているのでそれを手伝っているらしくって、よく分からないけれど何とか暮らせているみたいだ。ま、私のせいでぶらぶらしている男にお咲きさんはとても免疫がある。それで「ラノベとか書きたい」言っている彼と私が気が合うのでは、とお咲きさんは笑っている。彼のホームページを見るとコミケなんかに参加していて、今風の女子を描くのがとてもうまくって驚いた。44歳といってもテレビゲームのはしりを生きてきた世代である。書評というか読んだ本の紹介も半端なく大量である。感心してしまった。


 ハッキリ言ってしまえば今は仕事がないというか、望みの仕事ができていない彼であるが、まったく心配するに及ばず、という印象だったなあ。有意義な人生の休憩時間っていう感じ。しばらくは娘さんが今の翻訳業を続けてもいいし、彼には何者かになるという楽しみを覚えた。とにかく話に澱みのない人で、論理が先の方まで見えているから冗談も効果的である。こういう人を選んだのは、わが子ながらエライなあとこれまた感心した。決して男前とは言えないとこも、ええとこ突いてますわ。顔合わせ終了で、別れるときに彼と娘さんが、今から家庭用品を買いに行く相談をしている。それを見ると一番楽しい時期だよなあ、と昔が思いだされる。それに、彼氏と嬉しそうにしているわが子を初めて見た。いいものだなあ。うらやましい、笑。そうそう、結婚式も披露宴もしないらしい。婚姻届けをいつ出すのかも決まっていない。決まっていないが、家から娘さんの荷物が少しずつ減っている。今年中には引っ越すみたい、とはお咲きさん談。


 きみが歌うクロッカスの歌も新しき家具の一つに数えむとする     寺山修司




f0100480_22551534.jpg



 別れてからお咲きさんは整体か何かへ。私は神戸へ出西窯のコーヒーカップとオニツカタイガーの靴を買いに行ったが、残念なことに両方とも望んでいたアイテムがなかった。しかし、フライング・タイガーを見つけて、東京の短歌友達が持っていたスケッチブックを手に入れることができた。万歳。




 そんなこんな。




f0100480_22553112.jpg

只今のながらCD

福音 / 羅針盤
[PR]
by alglider | 2015-10-19 22:05 | 短歌 | Comments(6)

変な日   一首


■■
f0100480_12152620.jpg


13:51



微 熱 あ り 朝 へ し の び く る 雨 と ひ と 匙 す す る 粥 の に お い と



びねつありあしたへしのびくるあめとひとさじすするかゆのにおいと




 10日


 福島泰樹さんの「短歌絶叫コンサート」を見るため東京へ行き、終了後プチ打ち上げ&東京の短歌友達と懇親会、その後ネットカフェで一泊して大阪へ戻り、ふみまろ歌会へ参加。近鉄布施駅近くの居酒屋が会場で、土地勘がないので駅を降りてからずいぶん地図と睨めっこした。グーグルマップをプリントしていたので安心していたのだけれど、イオンとか誰しもが目印にするであろう大きな建物が表記されてなく、小さな歯医者さんのビルの名が地図に書いてあったりして、本当にここでいいのかと。それと近鉄布施駅はショッピングセンターの1階、改札の2階、そして奈良線と大阪線が3階、4階に分かれている(どっちがどっちか覚えていない)ので、ややこしいというか慣れないと迷路に入ってしまった感じになる。


 今回の上京では写真をまったく撮らなかったなあ、と思い返している。いつもは珍しいものに目がいきすぐスマホを構えるのだけれど。トップの写真は偶然にシャッターが下りたもので、私自身も何が写った物か分からない。分からないけど、どこか魅かれるところがあって保存しておき時々ブログに使っている。このように意図も意味もなく偶然を美しく思ったり、何か気になったりすることがある。捨てられない。短歌にもそういった歌があるけれど、写真と違って言葉は意味や論理を引き連れてくるので、私はどうしても理解しようとしてしまって疲れてしまう。手放しで“美しい”と理解の努力を越える歌に出会ったときの幸せは言うまでもなく“幸せ”なのであるけれど、と書くしかない。




f0100480_13413619.jpg




 変な一日というものがある。昼、気付くと左手の甲と中指から血が出ている。ひりひりとした痛みがあって気づいたのだけれど切った覚えはない。爪が伸びていたのでたぶん知らない間に傷つけたのだと思うが、どうも気味が悪い傷である。で、爪を切る。そして髭を整えていたら、滅多に剃刀で切ることはないのに、唇と咽喉を切ってしまい、小さな傷だがあらあらと血が流れた。まったく変な一日だと思うが、振り返るとそういう日がなかったわけでもない。今日はそんな日と思っていれば大丈夫。





 そんなこんな。



f0100480_13414781.jpg


只今のながらCD

FIVE FINGER DISCOUNT / Phew
[PR]
by alglider | 2015-10-12 12:15 | 短歌 | Comments(0)

sutanka更新しました



f0100480_23515346.jpg


23:59



 短歌ブログ「sutanka」(←クリック)二十八首を更新しました。

 ■八月の異称 ■デュアル






f0100480_0084.jpg

只今のながらCD

LIVE / DANNY HATHAWAY
[PR]
by alglider | 2015-10-05 23:51 | 短歌 | Comments(0)

飛行機雲と夕陽   一首


f0100480_18582210.jpg


20:52



陳 腐 な る コ ト バ と ミ ラ イ 八 月 に き み が焼 く べ き 朱 き 印 画 紙



ちんぷなることばとみらいはちがつにきみがやくべきあかきいんがし



 もう

 神無月。早いなあ。今日、100円ショップに行ったら来年のカレンダーが出ていたので、自室用とトイレ用に二つ求めた。こういった季節季節の商品がどんどん早く出回るようになって、こっちもどーんと構えていたら良さそうなものを「あっ、買っておくか」なんて乗せられるものだから、ますます時の経つのが早く感じられる。その100円ショップでタオル地のハンカチを選んでいるときに、左手の指が「こむら返り」になって困った。アルコールを過度に摂取する人は、よく「こむら返り」を起こすようになる。肝臓に負担を掛け過ぎるとなるらしい。最初、私だけかなと思っていたのだが、何かの本で読んだり、依存症で入院した時に同病の人と話していたら、ほとんどの人が「こむら返り」を経験していた。そして、それは手や足の指にも起こるようになる。


 で、指が動かなくなり困るのだが、第一痛い、笑。右手で関節が外れたようになっている小指と薬指を持って「ぐいっ」と入れると治る。お酒を断って10年以上になるが「こむら返り」の症状はもう筋の習慣のようになっている。それと偏食や食欲が落ちた時なども危ない。そんなことを思い思い、早めの風呂に入ると左足の指が「こむら返り」に。今日は野菜を多めに採らなきゃいけない、と思ってサラダを買ってきた。

f0100480_20411314.jpg


 昨日、ネットで注文していた「寺山修司のラブレター」と赤坂真理の「愛と暴力の戦後とその後」とほか数学の読み物二冊が届いた。「寺山~」は一気に目を通したが、大変面白い。どこが面白いって、普通に彼女(九條映子)にメロメロになっている普通の男性である寺山が面白いのだが、それが短歌に詠まれると、みごと歌人寺山修司になるのである。「愛と暴力~」は私と問いの立て方が似ている(気がする)。これから眠気と闘いながら読む。時間かかりそう、というのは内容ではなく眠気との闘いの方。


f0100480_20413767.jpg


 散歩の帰りに見た飛行機雲と夕陽。あ、トップの写真は先日のスーパームーンを阪急梅田へつづく陸橋から眺めたもの。そんなこんな。






f0100480_20414810.jpg

只今のながらCD

THE WAIT / FREEDOM TO GLIDE
[PR]
by alglider | 2015-10-04 18:58 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧