<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

睦月尽日   一首+二首

■■■
■■■
f0100480_18433197.jpg


20:47



酩 酊 の 手 を つ な ぐ 人 つ い に な く 知 り 得 ぬ ま ま の う し ろ の 正 面



めいていのてをつなぐひとついになくしりえぬままのうしろのしょうめん




 睦月も

 今日でおしまい。まあ、切りのいいカレンダーの終わりと始まりである。毎月が正月を迎えるかのように、時計の針が午前0時を回ったらカレンダーをめくるようにしている。リビングと自分の部屋とトイレの3枚。なぜこのようにきっちりとめくるかといえば、お酒をやめたからである。断酒してすぐではなかったけれど、依存症だった昔を思い返すたびに、何か守れること、きっちりしたことをして、埋め合わせようとする気持ちが働きだしたのである。しかし、そんなことで過去を埋め合わせることはできないから、要するに自己満足、欺瞞なのであるが、まあ、だれにも迷惑を掛けているわけではないので、やっている。些細なことにそういう“埋め合わせ行動”が出て、あきれられることもあるが、見逃してもらっているという塩梅である。


 30日に山口小夜子さんの過去を追うドキュメント映画「氷の花火」を見に行ってきた。私の母は洋裁をやっていたので、家に装苑とかドレスメーキングなどの雑誌があり、ファッションモデルたちの写真が身近にあった。山口小夜子さんとの出会いは資生堂の化粧品のコマーシャルだと思う。装苑やドレメにも載っていただろうし、家には「花椿」があった。ずっと取り置いていたし、気に入った写真などは教科書や参考書にきれいに、キャンバスを作るように丁寧に貼り付けていた。



f0100480_2023930.jpg




             妖 艶 を 吾 に 知 ら し め お か っぱ の 山 口 小 夜 子 ひ と 世 舞 い 終 え

           

             月 蝕 に な に 裁 ち 切 り し お か っ ぱ の 少 女 見 る 夢 髪 降 り 止 ま ぬ




 山口小夜子さんが亡くなって短歌を二首作っていたが、短歌を始めたばかりのころでできは良くない。でも、思いを短歌に詠もうとし始めていた時期の記念でもある。映画を見てしばらくは寂しい思いでいっぱいだった。私は山口小夜子さんの美、二次元の世界が好きなだけであって、何も知らずにきたんだなあ、とボーっとしてしまった。一旦モデルを止め舞踏やパフォーマンスに近づいたときのことを知らない。それはすごく彼女の大事な部分を知らずにきた“好き”だったわけである。大駱駝艦・山海塾の天児牛大さんが映画の中で思い出を語っていたけれど、そこまで仕事を一緒にされてたことを知らずにいた。東京の大森にあった大駱駝艦の練習場に何日かお世話になったことがあって、天児牛大さんが「山口小夜子という女性が一緒に仕事をしたいと言ってるけれど…」とか話されて、私が「山口小夜子を知らないんですか?」とびっくりしたことがあったのだ。しかし、それから小夜子さんの思いは通じたらしく、山海塾との仕事が形となる(写真集を探しているがなかなか手に入らない)。そうなのだ、これもお酒のせいで、山海塾との縁も切れていき、小夜子さんへの思いも遠のいていったのだった。



f0100480_20233839.jpg




 で、ぼーっとしていた後で気づいたのだ。山口小夜子さんが亡くなったとき、消えてしまったかのような寂しさを感じていたが、今、映画を見てから感じている寂しさは別ものである。それはアルコール依存症の時期などを考えると、そのころ私はいろいろなものを失っている。山口小夜子さんが取り組み始めた舞台や朗読など、新しく出会う時期を私は喪失していたのだった。これは喪失への悔いの感情なのである。


f0100480_2024135.jpg


 上映はシネ・リーブル梅田、空中庭園のある新梅田シティで。



 そんなこんな。



f0100480_20525123.jpg

只今のながらCD

aja / STEELY DAN
[PR]
by alglider | 2016-01-31 18:43 | 短歌 | Comments(3)

忙しい週でした   一首

■■
■■■
f0100480_2133724.jpg


22:37



わ ら べ 唄 ほ こ ろ び の ご と 漏 れ い ず る つ ぐ み つ ぐ め ど 懐 か し き 声



わらべうたほころびのごともれいずるつぐみつぐめどなつかしきこえ





 今週は


 良い意味でも悪い意味でも充実というか忙しくしていた。まず私にとって18日はお酒を断ってから満11年を終え、12年目に突入し、21日には61歳の誕生日を無事に迎えた。まあ、目出度い話なのだが、今週の初めから、お咲きさんがインフルエンザにかかってしまい我が家は戒厳体制。私にうつると会社のこともあるけれど、まず、だれも看病できなくなる。ああ、年寄りの二人暮らしってこういうことなんだなあ、と改めて思った次第。アルコール消毒ティッシュやらで冷蔵庫の取っ手などを拭いたりして、二人共通して触れるところは殺菌してまわった。今日、お咲きさんはやっと「ご飯が食べられるかも」というので、久しぶりに米を炊いて、八宝菜を作った。それまではポカリスエット→フルーツジュレ→イチゴ→お餅、見たいな感じで食事していたようだ。


 23日は4年前に食道癌で亡くなった横山君を偲ぶ会で大学時代の悪友が私を含めて8人集まった。横山君が亡くなってから毎年続いていて、横山ってありがたい奴だなあ、と今更に思うのだった。みなさん私の病気を毎年心配してくださるが、私が病気持ちであることだけを覚えていて、毎年同じ説明をする。別に邪魔くさくもなく、これまたありがたいことだなあ、と思っている。


 SM小説家のT君は2年前に心臓の手術をして「牛の生体弁」を移植したという。電話で聞いて知っていたが、当人を目の前にして聞くとまた迫力が違うものだ。手術後2時間ほど心臓が止まり、昔なら心停止の“死亡”だったのが、必死の措置で生き返ったのだと言う。思い直せば、その心臓が止まるときは、ふーっと眠りにつくようであのまま死んでいたら、特に死は苦しいものではなく、どちらかといえば気持ちの良いものという経験だったらしい。しかし、牛の弁と豚の弁があるらしいが、選べと言われても困る。人工弁は死ぬまで傷まないが、生体弁の寿命は15年ほどらしい。生きておれば再手術。15年は生きてはおるまいとT君は人工弁を選択しなかった。あまりにあっさり言うので、そんなもんなんだ一同納得してしまった。



f0100480_22225531.jpg




 今日はバレーボール女子、東レアローズが勝利しファイナルへ向け1位通過した。テニス全豪は錦織君がツォンガにストレート勝ちし、相撲では琴奨菊が日本人10年ぶりの幕内優勝を果たした。2016年1月24日。ちょいと記念日かも。唐突ですが、影の写真って難しいね。








 そんなこんな。




f0100480_22232919.jpg

只今のながらCD

STRANGE DAYS / THE DOORS
[PR]
by alglider | 2016-01-24 21:33 | 短歌 | Comments(2)

バレーボールの日   一首

■■
■■
f0100480_2226499.jpg


23:37



褐 変  は に か む よ う な 夕 暮 れ は 言 葉 ひ と つ を 傷 め て ゆ け り



かっぺん はにかむようなゆうぐれはことばひとつをいためてゆけり




 17日は


 待ちに待ったバレーボール観戦の日。10時に桜橋スターバックス前で田村君と待ち合わせ。朝、予定通りに起きてコーヒーをいれてパンを食べて、パソコンを開いてメールとかを見ていると、あれよあれよと家を出なければならない時間。やけに早いなあ、とあわただしく火の元を確認して飛び出して駅に着くと、9分発の電車のはずが10分発の案内。おかしいなあ、と前の時間を見ると何と8時10分発。ナンタルチア! 私は9時09分に乗るつもりでいたのに、1時間早く家を飛び出していたのであった。そら、予定通りに起きても時間が足りないはずである。飲み残したコーヒーが悔やまれる。せこい。


 ま、いいや、と1時間早く着いてスタバ前待ち合わせだからスタバで時間をつぶし、通りに面したカウンターに座り、田村君の愛車レガシーを待った。で、それっぽいのが見えたのでメール「止まってる?」。田村君はとにかく返事の早い人である。すぐ「停まってまーす」とメールが。「止」と「停」の漢字の差が気になったけれど、乗り込むと田村君もスタバのコーヒーをテイクアウトしていた。一緒の時間に店内にいたことになる。ま、そんなことどうでもよくて、車は一路、グリーンアリーナ神戸へ。ああ、こんな24時間みたいな書き方をしていたらいくらスペースがあっても足りない。




f0100480_23152650.jpg





 でで、到着すると、私たちが買っている自由席の列はすごく並んでいて「へーっ、バレーボールって人気あるんだ」と少し驚く。驚いてると、きくさんがやってきて、BEATNIKS夫婦も顔を見せてくれた。さてさて、神戸は久光スプリングスのホームゲームになるのだけど、私の目的は対戦相手、アウエーで乗り込んでいる東レアローズの方。去年は6位と散々だったけれど、今年は今のところ首位(昨日首位に躍り出たばかりだけど)、2位が久光である。今日負けたら順位は入れ替わるか、並ぶか。久光の応援が多いけれど、どちらも全日本代表を複数名抱える人気チームだけあって東レも見劣りはしない。試合開始の前に1月17日、阪神・淡路大震災から21年目、会場で黙祷が行われる。いきなりですが、試合結果はフルセットで東レの勝利。レギュラーラウンドは後2試合を残すのみとなった。久光は石井が出ていなかった、どこか傷めているのか。全日本代表選手でもあるのでこれは気にかかる。ムードメーカーが現れなかった久光に弱みが出た。東レはミドルブロッカーの伊藤が雰囲気作ってた。どうぞサーブも快調でした。写真はブレているけど木村沙織のアタック。



f0100480_23173275.jpg




 そうそう娘さん夫婦に出西窯のマグカップを贈った。青と黒の二つ。出西窯は島根県にある窯で、短歌友達の文さんと初めて会ったとき、お土産で持ってきてくれて知った焼き物である。実際には軽くて使い勝手はいいのだけれど、見た目は重厚な深い味わいがある。みなさんコーヒーカップにはおススメです。



f0100480_2318153.jpg




 暖冬で花々の早い開花を聞くけれど、うちの家の近くの水仙はまだ蕾である。水仙は孤独だから植える人はたくさん植え、群生させている。そんな気がする。





 そんなこんな。




f0100480_232159100.jpg

只今のながらCD

STAGE / DAVID BOWIE
[PR]
by alglider | 2016-01-17 22:26 | 短歌 | Comments(0)

突然だったなあ    一首


■■
f0100480_1433522.jpg


19:06



「 つ い に 」 と は 深 き 欲 望 そ し て ま た 裸 木 の ま ま に 立 て る 諦 念



「ついに」とはふかきよくぼうそしてまたらぼくのままにたてるていねん




 一昨日の


 出来事をつらつら書こうと思っていたらデビッド・ボウイが亡くなったというニュースが飛び込んできた。日本時間の11日、69歳でこの世を去って、宇宙に戻っていったのかもしれない。ボウイの音楽スタイルが変わるたびに、時代が後から付いてくる、そんな時代が確かにあった。ワープロもないようなころの話。もちろんインターネットなんてものはとんでもない夢物語だったが、そんな夢物語の時代が到来すると一人のスーパースターが時代を先取りするなんてこともまた夢物語になっていった。そんな気がする。グローバルという言葉のもとに独立国がいっぱいできたように、スターも拡散してしまったのだ。スターの待望論が不幸なのか幸福なのか私には分からない。しかし、レコードが擦り切れるほど「ジギースターダスト」を聴いていた私は幸せだった。アーティストのスーパースターに代わりポリティックなスターが求められているなら、それは不幸である。




         



 で、一昨日のことだ。昔、勤めていた大学生協の年金関連の書類が届いて、何か証明書を付けて返事を出さなきゃならないらしい。複雑というか、真正面から年金の仕組みを考えたことがないので、何事を求められているのか分からない。それで年金事務所へ行ってきた。お咲きさんは「わざわざ出かけるのが好きねえ。電話で訊けば」というのだが、何を訊いてよいかが、既に分かっていない。で、年金関係の書類を一式持って隣り町へ。私はフリーライターをやっていた時にアルコール依存症になったので、お金がすべてお酒に消えていた。だから、この年になっても年金がもらえる300カ月を納めていない。


 と、思っていたのだが、学生時代の分を引くことができるので、もう受給できるというのである。私は芸大を目指して二浪して、芸大を諦めて美学科へ進み、留年したから5年分、60カ月引くことができる。その上、過去10年間さかのぼって納めていない年金分を何とか工面したので240カ月に届いていたのである。基礎年金分がもうすでに受給できるらしく来月申請に行くことに。へぇ~。大した金額ではなく、何とか老後の手立ては別に考えないと生活できる金額はもらえそうにもない。お咲きさんが「CDをそろそろやめて….」と言うのだが、まったくその通りで、これまた依存みたいなものだから、諦めて、いろいろなものから自由になるしかない。デビッド・ボウイの最新で最後のCD「★」をamazonでポチしたばかりだけど、笑。




f0100480_18285196.jpg





 年金事務所は隣り町の枚方にあるのだけれど、枚方には行きつけの蕎麦屋がある。行きつけと言う割には久しぶりなのだけれど、立ち寄った。お咲きさんの実家、丹波の家が誰も住む人もなく云々、蕎麦屋にでもならんかなあ、と言うと主人が「今度、見に行きましょう。丹波はただいま蕎麦屋を営む人の人気の土地ですよ」とのこと。瓢箪から駒、ですわ。お弟子さんが店を開いてくれたらいいのだけどなあ。



f0100480_18293219.jpg




 行くと、蕎麦がきをサービスしてくれる。悪いなあ、と思いながらもおいしくいただく、笑。以前、ここの蕎麦がきを食べたお咲きさんが「これまで私が蕎麦がきと思って食べていたものは何だったの?」と驚嘆したのでした。



f0100480_1834932.jpg




 麺つゆをつけずに最初のうちは塩でいただく。ここの塩はどこって言ってたか、忘れた。でもとてもお蕎麦に合っていておいしいのである。






 そんなこんな。



f0100480_18562247.jpg

只今のながらCD

DAVID LIVE / DAVID BOWIE
[PR]
by alglider | 2016-01-11 14:33 | 短歌 | Comments(4)

正月三日



f0100480_190886.jpg






焼 き つ け る 何 も の も な く 思 い 出 を め く っ て い く の は 浚 い の 風 か



やきつけるなにものもなくおもいでをめくっていくのはさらいのかぜか





 こんなに


 暖かい歳の暮れ、新春の記憶はついぞない。三日の今日、隣り町の四條畷神社へ初詣に行ってきた。去年の破魔矢を左義長で焼いてもらうのに持って行こうとしたら「今年はそのお陰か、骨折しなかった」とお咲きさんが言った。ああ、そんなことを思っていたのだ、と少し驚いた。初詣は私の趣味というか、気まぐれで行っているものだから、それほどありがたく思っているわけでもないのだった。


 神さんには申し訳ないが、歳時記の中にいる自分を楽しんでいるのである。私には「○○をしている自分を楽しむ」「○○に身を置いてみる自分が面白い」と本線から離れた趣味があって、その時は自分を他人のように感じている自分を楽しんでいる。役者のようなのだ。閑話休題。だらりと上り坂が続いて少しばかり石段を登る。途中で運動不足の脚がだるくなって休憩。心房細動のあるお咲きさんには無理は階段である。一息ついて上り切ると、狭いながらも歴史的には建武中興十五社の一つだということだ。四條畷の戦いを戦った楠木正行を主祭神としているから選ばれたんだろうな。毎年、三日に詣でるが、混みもせず殺風景でもなくちょうどいい感じの人出だ。



f0100480_19355590.jpg




 明日から仕事だけど、お咲きさんは休み。前々から知っていたことだけど、三日になると羨ましい、笑。子供のような感覚だけど、今年の暖かい正月は本当にのんびりできて、この平安を壊したくないなあ、と思ってしまう。毎日、洗濯をして夕暮前に取り込み、ストーブの前で乾いたものを畳む。すると一日がもこもこと気持ちよく終わってゆく。天気というのはありがたいものだ。




f0100480_1936183.jpg




 おみくじを引くと大吉だった。朝刊に「凶」はなく「大大吉」も、と記事にあったので、ありがたみが減った気がするが、「凶」がないのは、それはそれでいいんじゃないの、と思う。「大大吉」などは際限がなくなるからやめた方がいい。「ウルトラマックス大吉」とか「大吉スーペリア」とか嬉しくはない。







 そんなこんな。



f0100480_19363623.jpg

只今のながらCD

I JUST LOVE THE PIANO / JANIS CRUNCH
[PR]
by alglider | 2016-01-03 19:00 | 短歌 | Comments(4)

新年口上

■申

f0100480_12565100.jpg





  ウキィウキィウキィキィ=あけましておめでとうございます。ウキィ。








                嗚 呼 こ こ は 愛 し 合 う も の の 海 だ っ たア ン モ ナ イ ト の 化 石 か さ な り







f0100480_13231175.jpg

[PR]
by alglider | 2016-01-01 13:23 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧