「ほっ」と。キャンペーン

驚いた夜    一首


■■
f0100480_18161113.jpg


19:21



月 光 を 集 め て 咲 け る 石 蕗 に た れ に も 語 ら ぬ 悔 い は あ り け り



げっこうをあつめてさけるつわぶきにたれにもかたらぬくいはありけり



 昨日は


 マンション改修工事の不手際(というほどでもない)、ま、ちょっこしうまくいっていない部分(ドアのシート張り替え)を直しに業者さんが来てくれることになっていたのだが、時間が分からない。私は森元暢之君と歌集の表紙の打ち合わせをしたかったのだけれど、夕方まで家に拘束され、で、森元君とは夜の7時半、葉ね文庫で待ち合わせることになった。森元君は本当に薄着で、ダウンの下は半袖、しかもアロハ一枚。そのダウンも警官に変質者として職質されないように着ているようなものだという。ビッグだぜ。


 遅れるというので、私が先に葉ねさんに着いていて、森元君が後から顔だけひょいと出した。それを見た葉ねのお客さんが「あれ、森元さんじゃない?」と言われる。私はびっくりしてしまった。私は表紙を頼むぐらいだから、相当彼の絵に対して思い入れがあるのだけれど、はっきり言ってメジャーではない。ガロやプガジャからのカルト的(失礼!)ファンはいるけれど。話が発展して、そのお客さん(ご夫婦2人)と森元君は東心斎橋の「てきぱき」という散髪屋さんを共通に利用していた、と分かる。30年は通ってるってお三方、すごい。


 それと「てきぱき」と言えば、亡き亀水君が私に勧めてくれていた散髪屋さんだ。名刺も貰った記憶がある。これもとっても不思議なご縁のような気がして、ぐっと距離が近づいてしまった。しかも、電柱や電線の写真を撮る趣味まで一緒で、旦那さんと写真を見せ合うとよく似た視点があり、これまた驚いた夜となった。奥さんはネット古書店をされており、覗いて見ると懐かしい「装苑」があった。実家にまだあるかもしれないなあ。で、帰り着いたのは午前0時近かった。お酒をやめてから、久しぶりの夜遊びのような気がする。


f0100480_18563820.jpg
 
 只今、葉ね文庫には塚本邦雄がずらりと古書で入っている。写真が以外にもある(撮ってきたらよかった)。間違っていたら店主の池上さんに迷惑を掛けてしまうから、うろ覚えの値段は書かないけれど、高価ではなかったですよ。遠くの諸君、通販という手もあるぜよ。テキさんどう?


f0100480_1963384.jpg

 街はクリスマスイルミでいっぱいだけど、無理はせんでもええんと違うん、というたたずまいの明かり。@中崎町。


f0100480_1983056.jpg

 主なきターシャさんの庭。水仙が咲き始めている。朝、葉の先に光る露。きらりん、きらりん、きらりん。




 そんなこんな。





f0100480_19151314.jpg

只今のながらMUSIC

RED / NANASE AIKAWA
[PR]
# by alglider | 2016-12-18 18:16 | 短歌 | Comments(4)

なんだかんだと用事が   一首



f0100480_21423949.jpg



15:07



あ あ そ う よ 黄 の 花 の こ と 覚 え て る 散 っ て 心 に 灯 り と も す の



ああそうよきのはなのことおぼえてるちってこころにあかりともすの



 今日は


 有休を取っていて、歌集の準備を進めようと思っていたのだけど、なんだかんだと用事ができて一向に進まない。バレーボールもケーブルでやってるし、隣の部屋から音だけ聞こえてくる、笑。夕方からは鹿児島から従兄が出てきているので「会おう」と言う。むげに断るわけにもいかなくて。お出かけ、である。それまで、歌集の準備。



f0100480_14441746.jpg

 新しくなってからのフェスティバルホールは2回目。一度目はキース・ジャレットだった。本当に音のいいホールだと思う。今回は上原ひろみを見に行ったのだけれど、彼女もMCで音の良さについて語っていた。そして絨毯がふわふわ。これは昔もそうだった気がする。



f0100480_1449107.jpg

 ベースのアンソニー・ジャクソンは体調不良で来日せず。ピンチヒッターのアドリアン・フェローのベースはアンソニーのリズムの底を支える感じではなく、リズムとリズムの間を縫っていくような繊細なベース。急遽のトリオ結成だから少し心配していたのだが世界で活躍するプロって違いますね。また新しい展開を作ってくれる。いろいろ評判を見て歩いたが、私の行った日のライブは本当に「神ってる」だった。



                                   

 これは2年前(たぶん)の上原ひろみトリオ・プロジェクトの映像。フェスも音がいいからいいんだけど、こんなブルーノートぐらいの大きさで見てみたい。しかも近くで。これはアンソニー・ジャクソンのベース。「MOVE」という曲大好き。上原ひろみとドラムのサイモン・フィリップスの眼と眼のやり取りがスゴイ呼吸です。この映像も神ってるというか、狂気も感じる。

 


 そんなこんな。





f0100480_1513064.jpg

只今のながらMUSIC
MOVE LIVE IN TOKYO(DVD) / HIROMI TRIO PROJECT
[PR]
# by alglider | 2016-12-12 15:04 | 短歌 | Comments(5)

夢見る初老ではいられない   一首


f0100480_20115330.jpg



21:45



有 り 難 く い つ も 敗 者 で あ り し 日 の「 さ す ら い 」 歌 う わ れ に 会 い た し



ありがたくいつもはいしゃでありしひの「さすらい」うたうわれにあいたし


 悩んで


 悩んで、歌集の第三章、二十首を削ることにした。これでざっと数えたところ二百四十一首、半端やなあ……しかし、笑。タイトル、表題、つまり歌集名も変えることにした。表紙画を前の歌集名のままの仮原稿を画家の森元君に読んでもらっているので、連絡をしなきゃならない。新しい書名がある画家に関するものだから、森元君描きにくいかなあ。見つめるような見つめないような眼をした彼得意の青年を描いてもらおうかしらん。とにかく連絡だ。



 トップの写真は歌友の田村龍平氏の写生画展。最終日の今日、顔を出してきた。ちょっと忙しかったのですぐお暇したのだが、関東から来てた詩人の萩野なつみちゃんと歌友のツトム君ともばったり。後で知ったけれど歌友きゃろさんとはニアミスだったらしい。田村く~ん、長くおれなくてごめんね~、搬出も手伝えなくて、焼肉もお付き合いできなくて。ああ、晩飯まだだ~。



 バレーボール(女子)、応援している東レは昨日、日立リヴァーレに完敗、今日は岡山シーガルズに3:1で勝利して6位に浮上。試合会場は東レの地元・大津だったんだ。見に行けばよかったかも。それと入れ替え戦で上がってきたJT強いなあ、名前通りマーヴェラスだよ、ほんと。



f0100480_2116426.jpg

 昨日は道浦母都子さんの歌会に初参加。初参加なのに忘年会だったので、厚かましくついでにお邪魔してきました。初心者から20年やっておられる方とか、歌歴はさまざま。最高点もらって帰ってきました。写真は忘年会のあった阪急かっぱ横町からドラマシティを抜けて、葉ね文庫へ向かう道。どこもかしこもクリスマスデコ。



  
 SHAZNAのIZAM熱が少し冷めたらと思ったら、たまたまあの曲カッコよかったなあ、と懐かしんで見た相川七瀬に嵌ってしまった。中古屋、ネットでちょいと揃え、DVDも購入。毎日見ている。これも性分だから仕方ないね。しかし、カッコイイ。まっとうロケンロー。歌詞もメロディに歪に沿ってなく素直だ。もう歌集名を「夢見る初老じゃいられない」にしようかと思うぐらい、惚れ込んで、熱いなあ。大阪の上新庄出身というのがまたええやんか。それで相川かな。




 そんなこんな。





f0100480_2132162.jpg

只今のながらMUSIC

ROCK or DIE / NANASE AIKAWA
[PR]
# by alglider | 2016-12-04 20:11 | 短歌 | Comments(2)

曇よりどんより   一首

■■
■■
f0100480_16425990.jpg


18:26



ご 冗 談 を 舫 と か れ し 舟 の ご と 私 は 過 去 に 抱 か れ て い た の



ごじょうだんをもやいとかれしふねのごとわたしはかこにだかれていたの


 今日は


 朝から雨で、雲が厚く、薄陽もなくかぎりなく暗い。で、気分もかぎりなく沈みがち。掛け値なしでお天気のせいにできるほど、何ごとも進展しない、そんな一日になろうとしている。結社誌「月光(第三次)」が次号で50号を迎え、結社・月光の会も結成30年(かりんと同じだそうだ)になる。それで締め切りを伸ばし、合併号ということで原稿が募られているのだけれど、今日、まとめるつもりだったのがかなわずにいる。


 歌集の方もほとんど構成できたつもりでいたが、ちょっと大きな手直しを思いついて、一度試しに組んでみようと思っている。書名も変えるかもしれない。まあ、それも今日少し進める予定だったが、進まず。ま、そんな日もある。


 トップの写真は葉ね文庫の池上さんがセレクトした歌集や詩集を置いている珈琲専門店「井尻珈琲焙煎所」。大正区にあるので、私にとってはちょいと不便な位置である。まあ、ときどきね、という感じである。



f0100480_17541465.jpg

 葉ね文庫に置いてもらっている月光49号に上の写真のようなポップが。お尻のあたりがこそばい感じだが、池上さんが読んでそう思ってくれたなら、正直嬉しい限りである。しかし、何故ハンドルネームなのであろうか。



f0100480_17574332.jpg

 この家の人は、朝、私が通勤で前を通るときに必ず落ち葉の掃除をされていたが、引っ越しをされたようで、ずっと桜葉の紅葉が積もっている。



     放 哉 の 栞 に せ ん と 落 葉 を え ら び お り し が 深 紅 か な わ ず





f0100480_184462.jpg

 「IZAM萌え」は相変わらず続いていて、ソロCDまで手を出したけど、駄目。インディーズからメジャーになって人気が出て武道館を満員にしていたころが一番いい。徹底的にかわいいところ取りのミーハーでいたい。





 そんなこんな。





f0100480_18181765.jpg

只今のながらMUSIC

SPARK / 上原ひろみ
12/10 大阪フェスティバルホールは上原ひろみトリオ・プロジェクトを見に行く。
[PR]
# by alglider | 2016-11-27 16:42 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧