書き物が溜まってきた + 短歌一首(再推敲しました)

f0100480_1940399.jpg


23:09



晩 秋 に な に を 惜 し め り 往 く も の は 去 る に は あ ら ず 鶏 頭 の 紅


ばんしゅうになにをおしめりゆくものはさるにはあらずけいとうのべに



 明日


 出社すればまた二連休だが、何だか仕事、私事を含めて書き物の用事が溜まってきたぞ。段取りよくしなければ不義理となる。アルコール依存症者の私にとって不義理は要警戒事項。小さな約束をし、それを果たして、小さな満足感を積み上げる。それがアル中にとっては精神上すこぶる効果のある治療法だし、日々の薬なのである。無理なことは引き受けないようにしてるのだが、どうしようも断れない件なども重なった。


 六年近く断酒して小さな約束が重なっても、少しは無理も利くようになった。が、油断は禁物、たんたんと仕事や約束事をこなしていこう。小さな不義理、些細な挫折感が大きな感情の激流となって私をさらってしまうことがある。自暴自棄の落とし穴にはまる。そうなると文字通り何もかも投げ出したくなる。となると、酒が近くなってしまうから用心しなさい、私。はい。←素直である。




 そんなこんな。



只今のながらCD

AT THE RAINBOW / FOCUS
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by alglider | 2010-11-04 19:40 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31