林檎でワルツ + 短歌一首

f0100480_22171251.jpg


22:44

赤 く ろ き リ ン ゴ 剥 き を る き み の 手 に ワ ル ツ を お ど る 親 指 の あ り


あかくろきりんごむきおるきみのてにわるつをおどるおやゆびのあり



 店頭で


 秋の実り、果物を眺める。林檎、柿、蜜柑、栗などなど。野菜不足を補うには果物だろうなあ。ま、今日は一人だったから眺めるだけにして、お咲きさんと相談だ。二人で同じものを買ってしまって、余らせたことがあるからなあ。


 明日は金曜、むふふ、オーラス。



 そんなこんな。



只今のながらCD

MOONDAWN / KLAUS SCHULZE
[PR]
Commented by 雪太郎 at 2011-10-21 08:42 x
あぁ、ほんとだ。
リンゴを剥くとき、親指はクルクルとワルツを踊る。
着眼点、ナイスですね。

今日も一褒め。(笑)
Commented by パンタタ at 2011-10-21 20:21 x
雪太郎さんへ

だいたい剥くときってワン・ツー・スリーの
三拍子で親指を動かしてますね。
一褒め、お返しに上がらないと、笑

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by alglider | 2011-10-20 22:17 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30